× Q  ?  翻訳訳語辞典
I’d
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

もちろん、これは笑いごとじゃあない: ‘Course, this still isn’t what I’d call comical トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 181
夕方には市バスに乗って七九番通りに行き、メイフェア・アカデミーでジャズダンスとアクロバットダンスを習った: I’d catch a city bus to go to late-afternoon dance classes at Mayfair Academy on Seventy-Ninth Street, where I was taking jazz and acrobatics ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 4
私は昔から、いつも彼の気楽さを素敵だと思ってきた: I’d spend a lifetime admiring him for his ease ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 1
堅物だとばかり思つていた: all very upright, I’d always thought 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 135
どうせ、陸へあがっても、暑くるしいばかりだ: Anyway, if I was back on shore, I’d only be suffering from the heat 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 19
〜していただきたいと思っていたんです: I’d really appreciate it if you could do 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 12
許してね: I’d like to ask one’s forgiveness スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 251
私はダブルダッチをしたり、その場の会話に加わってなじもうとしたりした: I’d jump double Dutch or try to fall into whatever banter was going on ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
そう願いたいね: I’d like to believe it is レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 161
賭けてもいい: I’d bet a lot of money トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 182
まず間違いないんじゃないか: close enough I’d bet money on it クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 129
ぶっころしてやったのに: I’d have bloody killed him ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 151
スポーツブラを卒業し: I’d graduated from a training bra ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 4
わしはいまごろ素寒貧だろう: I’d be broke today ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 159
これは笑いごとじゃあない: this still isn‘t what I’d call comical トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 181
お目にかかりたいんですが: I’d like to have a chat with you 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 122
おれだったらまずそうするところだが: that’s what I’d do in sb’s shoes トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 214
意外でも何でもない: just what I’d expected ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 137
わたしなんかにはこんなこととうてい思いつけない: I’d never have figured this one トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 176
あの男の顔は、簡単に忘れられるものではない: I’d be a long time forgetting the man トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 165
ああ、そうだ: why, I’d forgotten 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 75
そこまではわたしも思い及ばなかった: that was something I’d forgotten ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 230
そうだ: I’d forgotten 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 290
〜なら最高なんだけど: I’d be in great form if ... フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 380
シアーズのカタログにフルページで載っていた寝室のレイアウトが気に入り、親にねだってほぼそのまま再現したもの: near-exact replica of a full-page bedroom layout I’d liked in the Sears catalog and been allowed to get ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 4
〜した方がよさそうね: I guess that I’d better do カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 91
ちょっとご相談に乗ってもらいたいことがあるのですが: I have an idea I’d like to talk to you about プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 48
どう説明しよう: what the hell I’d say トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 64
力になれるならなりたいわ: I’d like to help クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 39
ガラス製のかわいいプードルの上に手をかざし: I’d let my hand hover over a set of sweet-faced glass poodles ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 1
ちょっと教えてほしいことがあるんです: I’d like a little information スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
自分自身に対する厳しさは見習おうとした: I’d also internalized her devotion to rigor ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 1
もっと後にある昆虫の会に入会し: an entomological society I’d joined much later on 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 177
ヘッドレストまで背を伸ばして顎を突き出し: I’d pull myself up on the headrest and jut my chin forward ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 1
それでも、まだわからないのは、なぜ〜だ: I’d still like to know why ... ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 151
夕方には市バスに乗って七九番通りに行き、メイフェア・アカデミーでジャズダンスとアクロバットダンスを習った。: I’d catch a city bus to go to late-afternoon dance classes at Mayfair Academy on Seventy-Ninth Street, where I was taking jazz and acrobatics ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 4
初めて目にする小型のグランドピアノが二台: the first two baby grand pianos I’d ever laid eyes on ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 1
それでわたしは本望だ: that’s all I’d like アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 94
〜とやらを見せてもらおうじゃないか: I’d like to see ... プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 40
たぶん一分半ほど待ってから、...と不審に思い始めた: I’d say maybe a minute and a half before I began to wonder ... トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 174
(人と)話してみたい: I’d like to meet sb 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 6
あんなにおそく電話をかけたの、おこりもしないで...: he hadn‘t minded it when I’d called him up so late サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 303
あれだけ一気にしゃべったら: if I’d spoken that mouthful ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 268
久しぶりにあらためてそんな風景を眺めているうちに: the first I’d really observe in a good long while 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 148
私は夕方までずっと彼の家に入り浸った: I’d pass whole afternoons at his house ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 1
ぼくだったら〜だろうに: I’d rather be ..., personally ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 249
『ディックとジェーン』シリーズの本を家でがんばって読んでいた: I’d plowed through the Dick and Jane books ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 2
父のあとについて何度も有権者たちを訪ねた: I’d spent trailing my father through his precinct visits ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
やめといたほうがいいと思ってね: I’d prefer not to クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 37
なにとぞ御自分の目でお確かめ頂きたく存じます: I’d rather you view sth yourself スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
べつに: I’d rather not say プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 346
ぼくの心を見すかして手を振りきって逃げる真似くらいしそうに思われた: he might realize how dependent I’d become 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 22
父はリクライニングチェアに座って私を膝にのせ: I’d sit on my dad’s lap in his recliner ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 1
彼の頑固さは私にも受け継がれていたため共感できるところもあった: his stubbornness was something I recognized, something I’d inherited myself ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
ついでに言っておきますが〜: I’d like to remind you that ... ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 163
退避せざるを得なかった: I’d retire 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 29
(人が)わざわざ出なおすようだと大変だと思って: I think I’d save sb the trip 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 226
いわば〜だ: I’d say ... 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 75
〜だよ: I’d say 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 81
〜というやつですか: I’d say スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 69
名前はふせておきたいのですが: I’d rather not say クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 15
こうした状況に何度も直面した: I’d see this confusion play out ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
売ります売ります、魂でもなんでも: I’d sell my soul thus-and-such スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97
お客さま、お力になりたいのはやまやまなんですが: look, sir, I’d like to help you out, ... タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 160
私は家にある最もタイトなジーンズを穿いていくつかブレスレットを着け: I’d wear my snuggest jeans and lay on some extra bracelets ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 4
そういってしまってから、私はしまったと思った: I was sorry I’d said it カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 17
話がある: I’d like to speak to sb マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 444
目の前で繰り広げられる汗ばむ男の子たちの白熱したプレーを楽しんだ: I’d enjoy every minute of the sweaty spectacle before me ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 4
僕は彼女に言った。「ねえ、僕はそろそろここを出てった方がいいようだ。: Then I said to her, "Sugar, I think I’d better pack up. カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 251
もし〜の保証があったら: if I’d been sure ... サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 163
ツイート