× Q 翻訳訳語辞典
soul   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ひとり
   
do not know a soul: ひとりも知らない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 142

ハート
   
see through sb to the wicked depths of his soul: 〜のハートのいやな部分までお見とおし ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 394

気持
   
seep into one’s soul: しみじみと気持の内側にしみこんでくる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 201
気力
   
a guttering soul: 気力の失せた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 27
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 29
個人
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
   
wrestle like angels over someone’s soul: だれかの魂を奪いあう天使のように格闘する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 173
sore yearning of the isolated soul: 孤独な魂の悲痛な叫び トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 170
I’d sell my soul thus-and-such: 売ります売ります、魂でもなんでも スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97
allow to claim one’s soul: 魂を預ける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 189
a drug which one’s soul finds it impossible to do without: 魂を痺れさす麻薬 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 167
   
one’s soul still seethe: 心はまだ落ちつかない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 41
a fragment of one’s soul: 心のほんの一部 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 205
心の奥底
   
in one’s soul: 心の奥底 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 46
   
the soul of sensitivity: 心のこまやかな人 ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 120
人間
   
unremitting soul: 勤勉な人間 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
every soul for itself: 人間みな自分が大事 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
人気
   
There was no soul to be seen: あたりに人気はまったくない レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 10
仏さま
   
have already become a soul: もう仏さまになっていらっしゃる 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 31

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with one’s whole heart and soul: それころ真心こめて
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 53
why bless my soul: ああ、おどろいた
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 146
well, well, upon my soul: ほほう、これはこれは
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 105
try to hurt a soul: 意図して人を傷つける
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 62
there is hardly a soul in ...: 〜はがらがらにすいている
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 12
the very soul and essence of method: 手順も手順、実に整然たる手順
sb’s souls would have been in anguish: 恨みはいつまでも尽きないことだろう
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 106
risk one’s soul for indulgence: 道楽をして遊びほうける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 296
pray for sb’s soul: (人の)ために祈る
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
one scholarly soul a researcher: ある学者肌の調査課員
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 16
meeting of minds and souls: 心が通ってしっくりする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 129
have searched one’s soul to conclude that ...: 胸に手を置いてよくよく考えてみても〜
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 191
have no wish to have murder on one’s soul: 殺人については心に呵責を感ずる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 129
fling oneself into sth heart and soul: いちずに〜に没頭する
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 199
don’t tell a soul: 誰にもいっちゃ駄目よ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 263
do not know a soul: 知人一人ない
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 22
curse one’s own soul: 自分を呪う
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 40
bound heart and soul by sth: 〜に身も心も奪われて
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 145
be the very soul of sth: (物の)見本のようだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 215
be sb’s, body and soul: (人の)思いのままだ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 126
be heart and soul on one’s side: 真底から自分の側についている
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 68
be a cheerful and active soul: 明るく快活に生気をもった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 201
as if one’s soul were being sucked out of one’s body: あたかも魂を抜かれたように
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 61
feel the stirrings of alarm in one’s soul: 胸騒ぎをおぼえる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 20
do a fair amount of soul-searching: なぜだろう、どうしてだろうといっぱい考えこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 212
do it merely take cognizance of what passes within the soul: ただ魂のうちに去来するものをのみ感得するのだろうか
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 157
no commonplace soul inhabits the body of sb: (人の)肉体になみなみならぬ魂がやどっている
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 20
concept of the soul: 魂という観念
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 166
He was in his soul too solitary to brook this continuing intrusion: 心の奥底があまりにも孤独で、絶え間なく続く他人の干渉に耐えることができない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 46
human being are created with both a body and soul: 人間は肉体と霊魂とより成っている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 355
a very much distracted little soul: 心かきみだされた(人)
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 189
feel a dull melancholy occupy one’s soul: 淀んだような憂鬱さが(人の)心を領する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 381
a fellow soul: 人間仲間
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 462
gentle soul: 温厚な人物
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 193
history of the soul: 魂の遍歴
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 145
there is not a kinder soul: あんな親切な人間はいない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 360
one’s soul plummets toward misery: 心は奈落の底に落ちこんでいく
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 93
readily take out second and third mortgages on my soul to get ...: (〜を)入手できるのだったら魂の二つや三つ平気で売りとばしてしまう
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 94
a naturally timid soul: 生来の臆病者
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 54
surrender oneself into sb’s possession, voluntarily, body and soul: 自分から進んで、心もからだも(人の)手中に投げだす
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 149
That poor soul alone in a house filled with simps and vipers: あの可哀そうな子は脳足りんや毒蛇どものうようよした家にひとりぼっちでいるのよ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 272
get something of a grip on sb’s soul: (人が)モノノケにつかれる
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 145
Still not a soul about anywhere: あたりにはあいかわらず人気はなく、
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 192
think in term of soul: 心でものを考える
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
try the soul: 胸をえぐる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 29
volatile soul: 陽気な魂
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 293
ツイート