× Q 翻訳訳語辞典
hand   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あちこちつかまって歩く
   
hand oneself across ...: あちこちつかまって〜を歩く ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 346
くれる
   
hand sb sth: (物を)(人に)くれる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 99
hand me sth: (物を)くれる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 300
ことづける
   
hand sb sth: (人に)(物を)ことづける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 484
さしだす
   
silently hand sb sth: (物を)(人に)そっとさしだす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 503
cut a slice and hand it to sb: 一切れきりとって(人に)さしだす ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 185
さし出す
   
carelessly take the card that is handed one: 無造作にさし出されたカードを受け取る O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 54
じかに
   
for hand delivery by another helper: 別の奉仕者がじかに配って歩くのに便利なように ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 122
すすめる
   
the cigarette sb hand sb: (人が)すすめる煙草 ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 183
   
force sb’s hand and get one’s way: (人の)手を借りてみずからの扉をこじあける ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 22
てのひら
   
roll sth over in one’s hand: てのひらでもてあそぶ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 176

握らせる
   
be not the kind to hand anyone a rope: 人に秘密を握らせるような男じゃない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 166
握力
   
strengthen sb’s hands: 握力を鍛える ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 286
押しつける
   
hand a paper bag: 紙袋を一つ押しつける フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 208
押してよこす
   
hand sb sth: (物を)押してよこす 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 138
関与
   
take a hand in ...: 〜に関与する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 371
   
go and wash one’s hand: 顔を洗って来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 97
   
stop to strike the wall with one’s hand: ちょっと足を止めて、いきなり拳で壁をドスンと打つ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 64
put one’s hand right through it: 拳で裏までつきぬける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 166
拳骨
   
shall have one’s share of my hand: 拳骨の分前を戴かしてやるよ E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 82
差し出す
   
take out a pistol and hand it to me, butt first: ピストルを取り出し、握りをこっちに向けて差し出す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 450
作戦
   
play a long hand: 気長な作戦にでる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 276
仕打ち
   
suffer cruelly at the hands of fate: 運命の残酷な仕打ちに耐える ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 174
使い手
   
right hands: 正しい使い手 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 173
   
unseen hand: 不可視の指 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 157
long hand: 長い指 デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 58
指先
   
one’s hand brushes against sth: 指先に(物が)触れる べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 29
   
see sb’s name written in a restrained hand: (人の)名がつつしんだ字で書いてある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 137
持って行く
   
hand in one’s thesis: 卒業論文を持って行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 67
執る
   
with pen in hand: 筆を執っても 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
   
yell at sb through cupped hands: (人に向かって)両手をメガホンにして叫ぶ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 195
yawn behind one’s hand: 手であくびをかくす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 10
wring one’s hands: 手をもみしだく ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 91
wring one’s hands: 手をもみしぼる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 98
wring one’s hands: 手をよじって悩む トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 45
wring one’ hands: 手をふりしぼる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 26
work diligently with one’s hands: せっせと手を動かす 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 89
withdrew one’s hand: 手をすっとひっこめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 221
with sb’s hand up sb’s skirt: (人の)スカートに手をつっこんでもそもそやって カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 196
with one’s own hand: 自ら手をくだして スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 272
with one’s hands and feet quite raw: すぐ手だの足だのを擦り剥く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 207
with one’s free hand: 空いているほうの手で 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
wipe the sweat from one’s chin with the back of one’s hand: 顎のところにしたたる汗を手の甲でぬぐう 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 8
wipe one’s face with the back of one’s hand: 手の甲で顔を拭う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 67
wind one’s hand in sb’s hair: (人の)髪の中に手を絡める カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 21
wave one’s hands around: 手をふりまわす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
wave a hand: 手を振る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 205
wash one’s hands of ...: 〜と手を切る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 247
wait one’s hands on one’s hips: 両手を腰にあてる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 224
use one hand to make a path through the crowd to ...: 手で人込みをかきわけながら〜へにじりよっていく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
use one’s hands: 両手でふりをつける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 233
unresisting hand: あらがわぬ手 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 514
try one’s hand at criminal acts: 犯罪に手に染める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 290
thrust one’s hands to one’s front: 両手を突き出す デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 362
throw one’s hand: 手をさしのべる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 139
those great baseball hands: 野球のボールを握ってたあの偉大な手 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 188
there is no person dead at sb’s hand who ...: (人が)手をかけた連中の中で、〜な人間なんて一人もいない ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 191
there is a racing tempo in one hands: 両手が脈打ちはじめる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 170
the heel of sb’s hand: 手のつけね カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 330
the heel of one’s hand: 手のつけねの部分 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 224
the back of sb’s hand: 手の甲 マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 57
tap sth against the palm of sb’s hand: (物)で手のひらをぱんぱんと叩く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 163
take sth from sb’s hand: (人の)手から(物を)受け取る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 233
take sb’s hand in one’s hand: (人の)手を取る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 151
take one’s courage in both hands: 両の手にぐっと力をこめる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 284
sweet one’s hand wide: 手でサッとまわりをさす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 149
study one’s hand: 自分の手を見る ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 52
struggle to beat one’s hands away: 必死になって(人の)手を払いのける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
stroke one’s hands: (人の)手に指を這わせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
stretch one’s hand across the table: テーブルごしに手をのばす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 205
stop the bleeding oneself covering sb’s wounds with one’s hands: 必死で傷口に手を当てて、止血する 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 40
stick a hand inside ...: 〜に手をつっこむ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 297
squeeze one’s hands to one’s eyes: 両手を目にあてている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 294
spread out both one’s hands towards sb: 両手を(人の)方にさしだす ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 134
spread one’s hands apart: 両手を広げ、肩をすくめる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 195
soot-spotted hand: 煤まみれの手 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 146
some primitive but fabulously talented hand: 原始的といえば原始的だが、おどろくべき手なみ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 184
softness of her hand: 女の手の肉感 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 200
snatch sth out of sb’s hand: 〜を手にしたとき、その〜をとりあげる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 78
snatch sth out of sb’s hand: (人の)手から(物を)ひったくるように取り上げる ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 10
snatch sth from one’s hands: (人の)手から〜をもぎとる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
slow sb’s hand: (人の)準備の手を鈍らせる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 388
slap sb’s hands away: (人の)手を邪慳に払いのける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
shift sth from hand to hand: 〜をもつ手を替える スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
shade the sides of one’s face with one’s hands to cut the glare: 両手で顔をつつみこむようにして反射光をさえぎる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
sb, sth in hand: (物)を手にした(人) タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 23
sb with red, chapped hands freeze beside one’s bike: 赤くかじかんだ手を自転車に添えてたたずむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
sb advance to pump one’s hand: 近よってきて(人の)手を握りしめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
sb’s manifestations of desire to lay hands on ...: (人は)なんとかして〜に手をかけようとする ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 196
sb’s hands won’t keep still: (人の)手がぴたっと止まらない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 233
sb’s hands are meeting calmly in sb’s lap: (人の)両手が膝の上でそっと重ねられている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 91
sb’s hands are becoming more and more crippled: (人の)両手がどんどんいびつになっていく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 466
sb’s hand tightens on the red washcloth: 赤いタオルを片手でしぼる べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 160
sb’s hand is on sb’s arm: (人の)手が伸びてくる フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 358
sb’s good hand: まともな方の手 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 176
sb’s bad hand: 傷ついた方の手 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 176
saunter by ..., with one’s hands in one’s pockets: ポケットに両手を突っ込んだまま通りかかる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 144
run one’s hands through ... with impatience: 〜をじれったそうに手でつかむ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 100
run one’s hand through the close crop of one’s hair: 五分刈りに近い髪の毛を手で梳く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 327
run one’s hand through one’s hair: 手で髪を撫でつける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 112
run one’s hand over one’s face: 手で顔を撫でる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 124
run a hand over one’s head: 頭に手をやってみる 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 6
run a hand across one’s jaw: 顎を手で撫でる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 21
rough hand: ごつい手 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 330
roll one’s hand into a fist around ...: 〜をつかんだ手をゆっくりとかためる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
read the strength of one’s hand: 手の内を読む ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 173
reach sb’s fat hand into ...: むくんだ手を〜にのばす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 49
raise one’s hand to do ... and pause: 〜しようとしてもちあげた手をとめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
raise a hand to one’s head: 手を頭へやる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
quickly withdraw the hand: すぐ手を放す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 209
put sth in one’s hand: 手わたされた〜 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 190
put sb’s hand into the pocket and rummage: ポケットに手を入れて中を探る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 107
put one’s hands over sb’s: 手を(人の)手にかさねる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 148
put one’s hands over one’s face: 両手で顔を覆う デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 301
put one’s hands on one’s hips: 腰に手をやる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 241
put one’s hand on sb’s forehead: (人の)おでこに手をあてる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 319
put one’s hand against ...: 〜に手をあてる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 126
put liquor in sb’s hand: その手に酒を握らせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175
put a hand to one’s breast: 胸に手をやる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 150
push sth out of sb’s hand: (人の)手から(物を)はたき落とす タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 192
push one’s hand through one’s hair: 手で髪をなでる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 84
puppets in the hands of sb: (人の)手で操られている人形 アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 38
pull gloves off with one’s teeth rather than simply stripping them off hand-for-hand: 手袋をぬぐとき、ふつうなら手を使うはずの(人が)歯を使う スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
plunk neatly into one’s hand: (人の)手にすっぽりとおさまる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
plunge one’s hands up to the wrists in the mud: 手首が隠れるほど深く手を泥のなかに突っ込む スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
place sth a littler nearer to hand: (物を)手元に引寄せる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 33
place one’s face against adj hand: 手を顔に当てる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 157
pick up sth with sb’s right hand: (物を)右手に掴む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 163
pat and squeeze the hand: 手をぽんぽん叩いたり握ったりする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 151
pass from hand to hand: 手から手へ〜をまわす フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 243
out of one’s hands: 手を離れる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 222
one put one’s hand on sb first: 先に手を出したのは(人)だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 303
one baggy hand: ぶよぶよの手 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 36
one’s twisted, misshapen hands: 不格好にゆがんだ手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
one’s steadying hand: ささえる手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
one’s shaking hands: わなわなとふるえる手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
one’s hands with their queerly even fingers: (人の)奇妙なほど指の長さのそろった手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
one’s hands remain still: 手がうっかり、おるすになっている 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 212
one’s hands never left sth: 手は吸いついたように〜を離れない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
one’s hands move gently, delicately, in sb’s: (人の)手につつみこまれた(人の)手が、微妙な動きをする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 150
one’s hands look awkward: (人の)手が不格好だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
one’s hands locked about sb’s neck: 首のうしろで組み合わされている手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
one’s hands lie folded on one’s lap: 自分の手を膝の上に置く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 52
one’s hands console sth with a couple of touches: (物を)手で二、三度ずつなでる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 494
one’s hands clasp behind one’s back: 手をうしろに組んだ姿勢 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 369
one’s hands clamp down to white claws on ...: 手は爪が白くなるほどつよく〜を握りしめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
one’s hands are positively run with sweat: (人の)手は汗でびしょびしょ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 137
one’s hand rises to one’s neck: 手が首に添えられる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
one’s hand lying on sb’s wrist: (人の)手首にかさねられた(人の)手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
one’s hand lay on sb’s wrist: (人の)手はあいかわらず(人の)手首に添えられている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
one’s hand keep moving to do ...: たえず手をうごかして〜している トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 289
one’s hand in a spasm: (人の)手がぶるぶるとふるえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 314
one’s hand hold the cigarette: (人の)手が煙草をつまむ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 517
one’s hand hang flat and naked at one’s side: (人の)手は手袋もなしで脇にぺたっとつけられる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 517
one’s hand freeze in the act of doing ...: 〜しているうち、(人の)手はすっかり凍えきってしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 181
one’s hand closed on the note: 紙切れを握りしめた手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 314
one’s hand close over sb’s wrist: (人の)手が〜(人の)手首をつかむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
one’s cold, cold hand: 冷たく冷たく凍えた(人の)手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 311
on the hand between one’s legs: 両脚のあいだにはさまれた手を支点に スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
move one’s hands down to ...: 両手を〜のあたりに下げる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 48
move one’s hand over to sb’s knee: (人の)膝に手をのばす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 27
move a hand: 手を伸ばす 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 102
money in the hand: 手に握りしめた現金 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 184
make a trumpet of one’s hand: 手をまるく口にあてる ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 237
make a tiny motion with one’s hand: 片手を小さくうごかす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 516
make a quick, negative gesture with one’s hand: 忽ち手で遮る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 29
make a bouquet of flowers disappear with a wave of one’s hand: 手の一振りで花束をさっと消す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 287
look like one want to wring one’s hands: 両手をもみしだきかねない様子だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
look at sth in one’s hand: 手にもった(物)に, 眼を落とす タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 58
long-fingered hand: 長い指のめだつ手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
link one’s hands: 両手を組む ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 485
limp hand: なよやかな手 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 174
lift a hand in discreet salute: さりげなくあいさつの手をあげる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 516
lifeless hands: こわばった手 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 105
lean ... against a hand: 手で〜を支える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
lay one’s hands on sb: (人に)手をかける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
laugh at sb behind one’s hands: 口元を両手で蔽いながら(人を)嘲笑する セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 348
knead one’s hands: 揉み手をする ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 19
keep one’s hand in: 手を温存する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 159
it takes both hands to do ...: 両手を使わなければ〜できないほどだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
in sb’s hand is an ever present sth: (人の)もっている(物)は、まるで手の一部になっているようだ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 220
in God’s hands: 神の御手にゆだねられている デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 15
in a screaming melee of surging hands: 叫び声と手振りで トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 277
if one’s hands really weren’t better, one would fudge: 手の具合がよくないものだから、ごまかそうとしているのではないだろうか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 196
if one’s hands feel better: 手の具合がよければの話だけど スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145
huge-knuckled hands: 関節の太い手 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 282
hold up one hand imperiously: 横柄な態度で片手をあげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
hold up one’s hand: (人が)手をかざす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
hold sth in one’s hand: 〜に手をかける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
hold sth against one’s belly with one’s left hand: 左手でつかんだ〜を腹に押しあてる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
hold sb’s hand quite openly: (人の)手を大っぴらににぎる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 44
hold out one’s hand: 手を前にさしだす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
hold one’s hands out: (人は)両手を突き出す スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
hold one’s hands apart: 両手をひろげる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 137
hold one’s hand out for sth: 〜を受け取ろうと手をのべる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 11
hold one’s hand in piety: 祈るように手を組む タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 64
hold one’s hand against one’s side: 片手を腰にあてる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 208
hold one’s hand: 手を引込める ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 120
hold on to sb’s hand: (人の)手を握りしめて離さない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 125
hold on to sb’s hand: (人の)手を握りしめる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 174
hold a hand out: 手をさしのべる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
hit at sb with one’s open hand: 平手で(人に)打ちかかる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 77
held up one’s hands for silence: 両手を上げて(人を)制す フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 184
head is on one hand: 片手で頬づえをついている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 174
have sth in one’s hand: (物)を手にする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 332
have remarkably deft hands and a keen patience: 動きの精妙な両手と、類稀な忍耐心を持っている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 287
have one’s hands to one’s face: 両手で顔をおおう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 291
have one’s hands down pissing: 両手を下にやって小便する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 185
hands from behind push sb forward: 何本かの手に背中を押され、(人は)前に出る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
hands clasped together: 両手を固く組み合わせ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 111
hands: 両の手 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 272
hand fall on sb: (人に)手がのびる 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 105
hand and foot: 手足もろとも ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 345
grasp sb’s hands in one’s own: (人の)両手をつつみこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 205
grasp sb’s hand squeeze tight: (人の)手をつかみ、ぎゅっと強く握る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 512
grasp one’s sweatslimy hands: 汗でぬるぬるする(人の)手をとる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
grab sb’s hand: (人の)手を握りしめる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 128
grab one of sb’s hands: (人の)手をとる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 220
give sb’s hand a fierce squeeze: (人の)手をすごい力でにぎりしめる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 151
get out of hand: 手に負えなくなる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 366
get off with one’s hand on the throttle: いつも手を操縦桿にかけている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 226
fold one’s hands in one’s lap: 両手を膝の上にかさねる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 72
fling up one’s hands: 両手をふりあげる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 276
flail one’s hands at sth: 手をばたつかせて〜に追いすがる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
fit so perfectly into the hand: 手にとても馴染む プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 127
fall sth into sb’s hands: (物が人の)手に落ちる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 125
fall from one of sb’s hands: (人の)手から(物が)がぽろりと落ちる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 567
extend one’s hand to sb: (人に)手をさしだす デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 136
extend one’s hand: 手を差し出す デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 95
extend a helping hand to sb: (人に)救いの手をさしのべる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 49
explosive clap of one’s hands: パチンと両手を打ち鳴らす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 155
ease oneself forward, out from under sb’s hand: (人の)手を振りほどくように、そっと腰を浮かす マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 91
draw one’s hands back over one’s shoulders: 両手を、(人は)肩にかつぐようにひきあげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
do something else with one’s hands: 何かしら手を動かしている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 13
dip one hand into one’s jacket pocket: 片手は上着のポケットに突っ込まれてなかをまさぐっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
cup one’s hands to one’s mouth: 手をお椀の形にして口もとを囲う プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 156
cup one’s hands and yell: 手をらっぱの形にしてわめく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 165
cup one’s hands: 手をメガホンにする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 324
cup one’s chin in one’s hands: 手であごを支える クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 169
cry into one’s hands: 両手で顔を覆って泣く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 265
crawl away from sth on sb’s hands and knees: 両手と両膝を使って逃れようともがく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
cram one’s hand over the mouthpiece: 送話口を手でふさぐ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 64
cover one’s face with one’s hands: 顔を両手ですっぽりおおう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 371
cough violently into one’s hands: 手を口にあてながら烈しく咳きこむ 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 37
cough into one hand: 手で口を覆って咳ばらいする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 251
cough gently in one’s hand: 手を口にあてがって軽く咳ばらいをする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 329
continue to do with one’s hands in one’s coat pockets: 相変わらずコートのポケットに手をつっこんだまま〜する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 157
clutch tightly in one hand: 片手にしっかり〜を握りしめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
clumsily grasp one of one’s hands: ぎこちなく(人の)手をとる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 278
close one’s hand over sb’s arm: (人の)腕を手で掴む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 142
close one’s hand over ...: 〜の上に自分の手をぴたりと重ねる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 406
clasp one’s hands to one’s lips: はっと手で口をおおう クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 345
clasp each other by the hand: 握手する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 131
clap one’s hands like one is all for this: してやったりとばかりに拍手する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 363
clap one’s hands: やんやと手をたたく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 331
check one’s hands to see that they are dry: 手のしめり気を気にする 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 120
cautiously takes sb’s hand: おっかなびっくり(人の)手を握る タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 125
caress sb coldly like some monster’s hand: ひんやりした化け物の手のように(人を)撫でまわす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
can lay one’s hands on ...: 〜が手にはいる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 284
bring sb’s hand to one’s cheek: (人の)手を自分の頬にあてる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 72
bring one’s hands up to one’s face: 両手で顔をおおう カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 87
bring one’s hands together: 手を組み合わせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 83
bring one’s hands forward, hard: 手を思いきりつよく、前に投げおろす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
bring one’s hand up to one’s eyes: 片手をあげて目にあてる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 128
bring one’s hand up close and look: 自分の手をまぢかにしげしげと見る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 358
bring one’s hand to one’s side: 手を体の脇にやる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 208
bring one’s hand down hard: 力をこめて手を押し下げる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 279
both hands in the open: 両手を見えるところに出せ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 376
blister one’s fine hands: 自分の綺麗な手にマメができる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 89
bite off sb’s hands: (人の)手をぱくりと噛み切ってしまう カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 286
before taking his head between her hands and kissing him on the mouth: ・・・から、両手で彼の顔をはさんで口にキスをした ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 181
before one could get one’s hand up: (人が)手をかざす間もなく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
become aware of a warm tingling in one’s hands: むずむずするようなあたたかさを両手に感じる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 251
be in such capable hands: そういう有能な手で掌握されている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 552
be in other hands: 人手に渡る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 217
bang one’s open hand upon sth: 平手で〜をたたく ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 186
at last let one’s hands out of jail: せめて両手だけでも自由にしてやる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
as white as the hand of a corpse: 死体を思わせるくらいに真っ白な手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
a wave of the hand: 手を振って デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 402
a placing of sb’s destiny in another’s hands: ほかのものの手に自分の運命をゆだねること ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 125
a hand with no lines on the palm: 掌紋のまったくない一本の手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 220
a gentle but insistent hand: やさしいけれどもゆるむことのない手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
a cold, sticky hand: ひんやりした粘っこい手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
a bloody hand print: 血染めの手形 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 127
手つき
   
with business-like hands: 事務的な手つきで 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 81
with a rocksteady hand: いささかのゆるぎもない手つきで デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 224
with a practiced hand: 慣れた手つきで 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 241
手にする
   
take knife and fork in hand: ナイフとフォークを手にする フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 82
手に渡す
   
hand sb sth: (物を)(人の)手に渡す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 136
手のひら
   
the folding and unfolding of one’s large hands: 大きな手のひらを握ったり開いたりしている様子 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 137
scoop sb up in one’s two hands: この両手のひらに包み込む 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 25
press one’s hands to one’s face: 両の手のひらで顔をおさえる 川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 73
one’s heavy, callused hand slams sb’s face: 大きな、皮の厚い手のひらが、(人の)頬に飛ぶ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 233
手もと
   
at hand: 手もとにある サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 56
手を引いて進む
   
hand sb through the space between the tables: (人の)手を引いて席のあいだを縫うように進む マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 64
手元
   
have a real steady hand: 手元にぜんぜん狂いのないやつだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 433
手指
   
sb’s hands: 手指 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 273
処置
   
his hand had been forced: 彼の処置は、みずから取りたくて取ったものではなかった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 134
小手
   
shade one’s eyes with one hand: 小手をかざす ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 128
   
raise one’s hands steadily until they are level with one’s chest: 掌をジリジリと胸の高さまでもちあげてみせる 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 54
half burnt with leaves sticking out in funny isolated bunches, like hands: 半焦げで、掌みたいな変な具合に葉を茂らせてゐる 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 163
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 46
譲る
   
hand over sth to sb: 〜を(人に)譲る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 38
申し渡す
   
hand down the sentences: 判決を申し渡す ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 152
親等
   
ninth- or twelfth-hand relation: 九親等か十二親等かの間柄 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 79
   
the hands of the clock verging upon the hour closing the Bank: 柱時計の針は、閉店間ぎわの時刻をさしていた ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 100
fragile, gilded hands stand at three o’clock: きゃしゃな金めっきの針は三時で止まっている ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 25
組む
   
hold one’s hands together: 手を組む ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 470
   
have a hand in it: 足をつっこむ ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 185
替わる
   
hand the phone to sb: (人に)電話を替わる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 471
仲間
   
sb’s new hand is worth one’s salt: この新しい仲間はなかなか頼もしい男だ スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 147
当面
   
the matter in hand: 当面の問題 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 457
導き
   
it is the hand of sth that dope out the way for sb to do ...: (人が)〜することになったのは(物の)導きだ O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 62
突きだす
   
hand sb over to the police: (人を)警察に突きだす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 228
突き出す
   
Hands me a scrawled note on much-folded paper: 何やら下手くそな字で書きつけたよれよれの紙切れを突き出した フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 156
配る
   
hand round sth: 〜を配る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 108
   
write out a letter in one’s own hand: 手紙を自筆でしたためる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 51
筆さばき
   
be blocked in with a free and swift hand: すばやくのびのびとした筆さばきで色が大きく置かれている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 39
筆跡
   
in the usual indecipherable doctorly hand: 医者独特の読みにくい筆跡で トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 314
in a disguised hand: 筆跡を変えて ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 145
be written in a curious formal hand with large characters: すべて大文字で書かれた妙にあらたまった印象の筆跡で プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 42
文字
   
in sb’s flourishing maniac hand: 独特のマニアックな飾り文字で書かれた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 16
片手
   
one’s hand is across one’s face: 片手を顔にあてている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 116
cover one’s mouth with one’s hand: 片手を口へ持っていく バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 351
an inscrutable little tip of the hand: 片手をあいまいに傾ける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
両手
   
lean over one’s hands: 両手をついて身をのりだす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 66
   
throw up one’s hands: 降参だとばかり、腕を持ち上げる バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 43
sb, whose hand has been a little out at first: 初めは多少無器用だった(人の)腕 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 28
have one’s hands across one’s tummy: 腕を組む トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 87
腕っ節
   
wild red woman, strong in hand: おそろしく腕っ節の強い赤ら顔の女 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 168

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

wring one’s hands: 指をくわえる
wring one’s hands: 揉み手をする
work of a hand: 手作業
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 58
winning mah-jongg hand: 麻雀の上り手
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 113
win hands down: 楽勝だ
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 85
wash one’s hands of the business: 足を洗う
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 7
upper hand: 主導権
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 315
two-wheel hand truck: 二輪車
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 72
the heavy hand: 重く寄り掛る
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 98
task at hand: 目の前の仕事
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 117
take sth in one’s hands: 手にとる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 14
slid one’s hand: 指を這わせる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 258
shake sb’s hand: (人に)握手を求める
rough hand: 暴れん坊
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 99
risk one’s hand: 危ないまねをする
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 75
ranch hand: 牧場者
小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 13
pursuing hand: 追っ手
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 235
overbid one’s hand: 離れ業的な賭けをする
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 325
open hand: 平手
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 323
on the other hand: あるいは
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 192
on the other hand: が
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 76
on the other hand: さりとて
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 32
on the other hand: しかし
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 40
on the other hand: そのくせ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 57
on the other hand: その代り
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 206
on the other hand: その反面
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 33
on the other hand: ただ
on the other hand: ただし
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 389
on the other hand: といって
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 224
on the other hand: ところが
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 244
on the other hand: ところで
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 91
on the other hand: とはいえ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 302
on the other hand: ひきかえ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 535
on the other hand: また
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 45
on the other hand: もっとも
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 129
on the other hand: 一方
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 487
on the other hand: 逆に
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 14
on the other hand: 逆にほら
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 379
on the other hand: 当の
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 460
on the other hand: 反面
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 19
on the one hand: 一部には
on one’s hands: なんとかおさめておく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
on hand: 在庫
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 210
mechanical hands: マジック・ハンド
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 56
matter in hand: 現在やらなければならない問題
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 275
lunch at hand: ちょうど昼食時とて
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 209
lend one’s hand: 一肌脱ぐ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 20
lay hands on the killer: 犯人逮捕
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
lay hands on sth: 捕獲する
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 11
lay a hand on sb: ぶつ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 152
join one’s hands together in prayer: 合掌する
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 121
issue at hand: 目下の問題
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 318
in sb’s hand: (人の)書いた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 320
in one’s hands: 手にとって
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 239
hold sb’s hand: 支援をあたえる
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 109
have in hand: 持参する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 54
have good hands: 守備がうまい
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 220
hand towel: 手拭い
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 103
hand over: 手放す
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 145
hand out compliments: 人を褒める
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 65
hand on sth: 〜を明け渡す
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 11
hand motion: 手ぶり
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 34
hand in the dark: 導き手
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 181
give sb one’s hand: 結婚
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 256
force sb’s hand: (人の)行動を促す
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 318
flick one’s hand: 肩をすくめる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 316
factory hand: 職工
elderly hands: 老いの見える両手
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 21
cup one’s hands: 両手をお碗の形にする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 246
crimson-tipped hands: 真紅の爪
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 172
competent ranch hand: いっぱしの牧場者
小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 15
close at hand: すぐそばで
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 362
close at hand: 手もとに
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 101
bear a hand: いろいろ手伝いをする
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 171
be handed down: 〜が下る
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 418
be handed around: 順繰りに手渡される
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 57
be at hand: せまって来た
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 133
at hand: 当面の
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 43
at hand: 目下の
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 204
at hand: 容易にくる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 358
you’ve got to hand it to sb: (人は)さすがだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 186
work with one’s hands: 体を動かす
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 247
with sb’s basket in hand: 買いものかごをさげて
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 41
with one’s hands on tummy: 両手を腹にあて
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 199
with one’s hands on dirty money: 汚い金をポケットに入れている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 102
with most of sth in one’s hands: 〜をもてるだけもって
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
what there is close at hand: 手近なところ
wash one’s hands of the whole business: きっぱりと手を引く
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 162
wash one’s hands of sb: (人には)さじを投げる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 104
wash one’s hand of the whole mess: あとは野となれ山となれと知らぬ顔をする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 69
utter ruin at the hands of ...: 〜に追いつめられて風前の灯
upon the other hand: それにひきかえ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 122
tuck one’s hands inside one’s clothes: ふところ手をする
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 9
try one’s hand at an experimental dish: 実験料理をつくる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 24
try one’s hand at ...: 〜に挑戦する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 270
try one’s hand and hook a whopper of ...: 〜の大物を狙う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 227
try for the upper hand: 優位な立場を維持しようとする
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 301
touch sth with ungloved hands: 〜を素手でさわる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 523
too many reporters are on hand to cram into ...: (場所)には詰めかけた報道陣であふれかえっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 223
to the matter at hand: 目前の問題に立ちもどりたいと存じます
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 236
time must be heavy on sb’s hands: 退屈なのだろう
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 128
time hang on sb’s hands: 時間を(人は)持て余す
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 205
tie AA’s hands behind AA’s back: (人を)うしろ手に縛りあげる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 182
things just get out of hand: 事態はすでにひとり歩きをはじめてしまった
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 82
things get out of hand: とても収拾がつかない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
things get out of hand: 事態のとりかえしがつかなくなる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 244
there’s trouble on hand: やっかいなことがひっかかっとる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 236
theory and practice don’t always go hand in hand: 理想と現実は、食いちがいを生じ易い
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 299
the right hand doesn’t know what the left hand is doing: 横の連絡がうまくとれない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 211
the kind of hands more at home with a hammer than a pencil: ペンを握る人のものではなく、からだを使って稼ぐ男の指
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 95
the heel of one’s hand: 掌の土手の部分
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
the hands of the clock say noon: 時刻は正午のはずだ
the hands are folded in prayer: 合掌している
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 7
the butterfly one hand sb: 差しだされた蝶
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 148
take sb in hand so successfully: みごとにとりさばく
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 254
take oneself in hand: 自分をコントロールする
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 218
take all one’s courage in hand: 勇気をふるいおこす
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 64
swing a hand beyond A to B: Aに続くBのほうを指さす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
strengthen sb’s hand at ...: 〜での(人の)立場を強化する
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 114
sth is in hand: (事が)万事とどこおりなくはこんでいる
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 43
slip one’s hand under sb’s elbow: (人の)肘をそっとつかむようにする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 310
slam one’s hand down on the horn: ホーンを力いっぱいたたく
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 210
sit on one’s hands on sth: 〜を見て見ぬふりをする
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 296
shift sth from hand to hand: (物を)持ち替え持ち替えして歩く
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 115
shake hands on ...: 〜で手を打つ
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 42
set one’s hand upon sb: (人を)つかまえる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 153
sb with the pages in one’s hand: (人が)〜を読んでいる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 89
sb’s passion completely takes the upper hand: 気が狂ったようになってしまう
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 48
sb’s idea has simply been to lay sb’s hand: ほんのちょっと痛めつけてやろう、ぐらいのつもりだった
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 15
sb’s hands do not seem to be working with their usual skill: (人の)手さばきにはいつもの冴えが見られない
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 165
sb’s hands are tied: いまとなってはいかんともしがたい
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 174
sb’s hand speed is superb: パンチを繰り出すスピードが半端じゃない
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 27
sb’s hand is on sth: 片手を〜にかける
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 230
sb’s hand and drive: (人の)実力
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 25
run one’s hands over sb’s face: ぺたぺたと(人の)顔にさわる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 379
roll one’s hands into fists: (人が)拳をかためる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
return into your hands: お手元もとにお返し申し上げる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 371
rest the palms of one’s hands on ...: 〜に手をあずける
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 116
remove sth from one’s hand: (物を)とりあげる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 96
reluctantly accepting ... that sb insists on pressing into one’s hand: (人から)〜を無理やりつかまされ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 94
really have the upper hand: 完全に優位に立つ
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 358
raise sth by hand: 〜を丹精こめて育てる
raise one’s hand and slap sb hard across the face: 「ばしーん。」と音をたてて平手で打つ
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 83
put your life in my hands: あたしに命をあずけてる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 547
put the hand back: また〜を握る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 188
put sth in the hands of ...: 〜に任せる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 17
put out one’s hand: 手をさしのべる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 114
put one’s hands to one’s waist: 両手を腰にあてる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 168
put one’s hand to one’s temple: こめかみを押さえる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 257
put both hands down on ...: 〜に両手をつく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 39
prop one’s cheek on one’s left hand: 左腕でほお杖をつく
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 37
play into sb’s hands: (人の)思うつぼだ
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 412
play a few hands of ...: 〜の小手調べをする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 190
place oneself unreservedly in sb’s hands: (人に)腹蔵なく話す
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 65
place one’s hands on ...: 両手を〜につく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
place one’s hand across one’s heart: 胸を押さえる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 276
place A in B’s hands: AをBに押しつける
pass through several hands: 何人か持ち主が代わる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 480
pass the flat of one’s hand squeakily over ...: 掌で〜をこする
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 106
out of sb’s hands: 自分の力の及ばないところで
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 28
one, blue cap in hand: 青帽をわしづかみにした(人)
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 302
one of those rare jests performed by the hand of Creation: たまたま造化の神のやる悪戯
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 64
one hand washes the other: 人は相身互い
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
one’s own youth is quickly fading at the hands of sb: (人に)身をまかせて若さが過ぎてゆく
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 57
one’s hands press against the wall: 体をおっつけるようにして
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 52
one’s hands dance around: 両手をばたつかせている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 181
one’s hands careful to avoid the blood-covered bodice: 血で汚れた部分に触らないようにして
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 29
one’s hand roll itself into fist: (人は)拳をかためている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
one’s hand on one’s crank: 一物をしごく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
on the other hand ...: しかし〜だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 229
on the other hand: あるいはまた
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 38
on the other hand: いやいやそうじゃない
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 98
on the other hand: かといって
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 266
on the other hand: これにひきかえ
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 50
on the other hand: これに引きかえ
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 101
on the other hand: これに対して
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 68
on the other hand: これに比して
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 135
on the other hand: しかし逆に
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 325
on the other hand: そうかといって
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 108
on the other hand: それでいて
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 174
on the other hand: それにくらべて
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 84
on the other hand: それにひきかえ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 88
on the other hand: ただそうすると
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 23
on the other hand: だがその反面
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
on the other hand: とはいっても
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 13
on the other hand: べつの見方をすれば
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 136
on the other hand: またそれはそれで
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 21
on the other hand: もうひとつはこうだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 93
on the one hand ..., on the other ...: 半分〜しながら半分〜する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 167
numbness is leaving one’s hands by then: しびれはもう消えている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
mutter behind sb’s hands: 背後でひそひそ話を始める
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 222
must not play into the hands of sb: (人の)思う壺にはまっちゃいけない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 32
must be a purely passive instrument in sb’s hands: 純粋に受身の立場で終始する
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 213
make a pass at the air with one hand: 片手を突き出して押しやる仕草を見せる
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 153
make ... moves with one’s hands: 〜の手つきをする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 123
loving hands have kept sth: 〜は愛情をこめて丹念に保存してある
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 194
live hand to mouth: その日ぐらしをする
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 114
live hand to mouth: 極貧の生活を余儀なくされる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
lemme give ya a hand: 荷物、おもちしますね
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 60
lay mental hands on ...: 〜を学び取ろうと決心する
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 133
lay hands on every dime: 一セント残らず手に入れようとする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
lashing out at whatever comes nearest to hand: 八つ当たり
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 77
knowing one have a problem on one’s hands: こいつはやべえな、と思いながら
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 236
know the rough spots like the back of one’s hand: 急流のルートをつかんでいる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 143
know how to play this hand: ぬかりはない
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 127
keys already in one’s hand: 手回しよく鍵を用意する
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 48
keep sth in one’s hand: (物を)手にしたまま
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 34
it is true that ... but on the other hand that ...: 〜なまでも〜ではない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 72
it is something that is out of sb’s hands: なにがなんだかよくわからないうちにそうしてしまう
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 240
it’s in your hands: みんな任せるわ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 380
insist on shaking hands: 握手をもとめる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 403
in the best sense of many hands scratching many backs: 互いに相手の足りないところを補うという意味で
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 32
in one’s own poor hand: 拙いながら
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 150
in any order, just as sth came to hand: 手当り次第に
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 153
in a hand so perfectly old-fashioned: 古色蒼然とした筆跡で
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
if the future is in the hands of sb: (人に)将来を託さなくてはならないとなると
I wish I had that kind of time on my hands: 暇なんだな
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 17
I can now hold up my hand and say ...: これは誓って本当だけど、〜
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 321
I’ve got to hand it to sb: どうも(人には)かなわない
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安晦日蕎麦』(Master Assassin ) p. 240
hover at hand to help sb: (人の)そばに立って手伝う
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 230
hold sb in the hollow of one’s hand: (人を)自分の掌中に握る
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 174
hold out the two hands to shake hands with sb: 手をさしだして、(人に)握手をもとめる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 65
hold one’s hands ready to put over one’s ears: いまにも耳をふさぐ手つきだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 90
hold on to sb’s dress with one hand: (人の)ドレスの裾をじっとつかむ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 308
hold a good playing hand: 主導権を取る
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 511
have to hand it to sb: ただ者ではない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 446
have to bear a hand: 骨身を惜しまず働かなければならない
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 285
have the upper hand: 主導権がある
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 509
have sb eating out of one’s hand: (人を)がっちり手中につかんでコントロールしている
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 555
have one hand on ...: 片手を〜にかけている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
have one’s hands full trying to do: 〜しようとして大わらわだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 133
have one’s hand out soliciting a ride: 乗せてくれという合図をする
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 19
have one’s hand full trying to do: 〜することしか頭にない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 257
have one’s children near at hand: 子供たちがそばにいる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 82
have not cared to leave ... in strange hands: 他人に預けたくなかった
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 57
have never before laid hands on one of these newfangled contraptions: かような文明の利器をそれまでにいじくったことがない
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 158
have any hand in the mischief: おいたの片棒かつぐ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 15
have ample works on one’s hands: 相当に多忙だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 91
hands ticking away the seconds: 置時計の秒を刻む音
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 122
hand sb the piece of paper: (人に)紙片を見せる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 83
hand over to sb: 〜にバトン・タッチする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 312
hand over the reins to ...: 〜にあとをゆずる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 24
hand over hand by the power: つかまえるにきまっとる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 73
hand over ... to ...: 〜を〜につき出す
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 426
hand out gas money: 飲み代を渡す
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 112
hand down a verdict: 判定を下す
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 110
hand down a sentence: 結論を下す
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 125
grown-ups with time on their hands: 暇な大人たち
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 37
grow up under the firm hand of a father: 厳格一点張りの父親のもとで育つ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 136
go to wash one’s hand: お手洗いを借りる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 93
give sb a hand: (人を)手伝う
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 185
getting one’s hands on sth: (物の)買収
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 293
get one’s hands on sb: (人を)捕まえる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 159
get one’s hand on XX: XXの金を作る
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 142
get on sb’s hands: 四つんばいになる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 237
get at the situation in hand: 事態の収拾に乗り出す
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 168
get a hand of aces: 切り札がそろう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 412
get a double murder on one’s hands: 刺しちがえの現場を仕切る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 346
fumble around with one’s hand: 手さぐりをはじめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 312
for the crisis at hand: 今度のような場合には
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 17
fold one’s hands on one’s lap: ひざの上に両手をかさねる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 438
feel one’s own hand turn cold in the hand: 握られている手が氷のようになったかと思う
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 245
feel a sharp slap on one’s hand: ピシリと手の甲を打たれる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 113
fall to one’s hands and knees: 四つんばいになる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 100
experience sb’s problem at first hand: (人の)抱える問題を身をもって経験する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 216
enjoy having the upper hand on sb: (人を)見下すことを楽しんでいる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 580
effectively throw one’s hands in the air: すっかり匙を投げる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 245
eat out of sb’s hand: (人に)感謝感激だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 143
dry hands rubbed together: もみ手をしている
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 70
drop the chicken in one’s hands: おさえている鶏を放す
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 40
don’t hand me that: そういう言い方はないぞ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 125
do nothing but wring one’s hands piteously: ただうろうろしているだけ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 154
direct sb with one’s piercing eyes and with hand signals: 鋭い目配せと手振りで合図をする
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 122
couldn’t have had any hand in the mischief: いっしょになっていたずらを仕出かしたはずはない
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 15
concentrate on the task at hand: 当面の仕事に神経を集中する
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 8
close one’s hand over sth: 手を結んで〜を握りしめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 108
carry one’s divine rights with a high hand: いわゆる神授の王権を昂然としてふりかざす
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 13
cannot turn one’s hand to a thing: よこの物をたてにもしない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 15
cannot get one’s hands around sth: (物を)つかみ取ることは不可能だ
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 11
can not lay one’s hands on the article: 今そのことを書いたものが手もとにない
can’t wash one’s hands of ...: 〜から足を洗えないでいる
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 8
bundle out of this, please, hand over hand and double quick: ここからさっさと出てゆけ。とっとと、駆け足でな
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 168
blow all hands up if one were in any ways molested: 手出しをしようものならどいつもこいつも吹っとばしてしまうぞ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 131
be well in hand: うまくいっている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 64
be usually on hand: いつもなら、そのあたりにうろうろしている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 340
be trying one’s hand at detection: 探偵の手なみを見せようという訳だ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 148
be taken out of one’s hand: よそへうつる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 123
be suddenly at hand: 突如としてふりかかってくる
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 77
be shaking one’s hand: 握手をもとめてくる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
be putty in sb’s hands: (人に)手もなく丸め込まれている
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 143
be on hand to see what sb is going to do: (人は)いったいなにをやるのだろうかと興味津々
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 173
be on hand to meet sb: 迎えに出ている
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 401
be on hand nevertheless: そんなことにおかまいなく、何が何でも出席する
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 102
be not yet at hand: いつ〜するか見当もつかない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 123
be like sth in one’s hand: 〜のような手ざわり
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 259
be in hands for a moment: 一瞬、たちまち群衆の手にとりこになったかと見える
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 284
be in excellent hands: (人に)任せれば安心だ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 358
be handed a major part: 主役が転がり込んでくる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 140
be got a hand in ...: 〜に参加している
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 437
be good with one’s hands: 器用な人だ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 128
be going to take matters into one’s own hands: (人の)出方次第でどうにでもなる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 330
be gathering oneself up on hands and knees: 四つんばいになって起きあがろうとしている
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 200
be close at hand: さし迫っている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 202
be close at hand: つい近くにいる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 138
be children in your hand: 君にかかっては子供みたいだ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 109
be a great hand at doing ...: 〜が大得意でね
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 150
at second hand or third hand or fourth hand: 受け売りの形で
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 174
as in some sleight of hand: 魔術のように
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 216
anyone can turn one’s hand to anything: だれしも、なんでもやってみることができる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 119
annually spend every sou that passed through one’s hands: 毎年の稼ぎを一文残らず使ってしまう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 165
a hand placed over one’s eyes: 片手で目を覆って
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 87
a full hand of sources: 多彩な情報源
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 93
... be on hand: 顔を見せたのは〜
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 81
a hand: 片手
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 88
a white hand: 白い手を片方
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 375
sb’s hand feels abnormally hot: 気持ち悪いくらい、熱い手だ
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 66
absently help oneself to peanuts with the other hand: あいているほうの手で無心にピーナッツをつまむ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 89
absentmindedly raise one’s hand in a regal gesture: 思いだしたように片手をそっと優雅にあげる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 92
be an accomplished sleight-of-hand artist: (人の)手先の器用さは天下一品だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 287
have a first-hand account of ...: 〜の話をじかにきく
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 486
put one’s hand across one’s mouth: 口に手をあてる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 427
feel disinclined actually to hand to sb: (人)に手渡すことはなんとなくためらわれる
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 91
lift an admonitory hand: その先はいうなと片手をあげる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 153
take the hesitating little hand that confidingly advance to take one’s: (人の)手を取りたげに、オドオドと差出された(人の)手を取る
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 42
put a hand affectionately on sb’s arm: なだめるように(人の)腕に手をおく
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 294
against the right-hand wall: 右の壁ぎわに
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 244
catch oneself with one hand against the wall: 片手を壁に当てがって体をささえる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 25
curl one hand against the other: 片方の手をまるめてもう一方の手をつつみこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 84
pump one’s right hand in the air: 高々と手を挙げる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 388
cut the air sharply with one’s hand to signal one is not finished: まだ話は終わっていないと手を振ってさえぎる
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 243
wave one’s hand airily: 大きく腕をふりまわす
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 239
awkwardly juggle something from one hand to the other: こちらの手からあちらへとなにやら危っかしく持ちなおしている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 191
on the back of one’s hand: 手の甲で
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 151
hand sb a nice pat on the back for ...: 〜の労をねぎらって(人の)肩をぽんとたたく
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 273
heavily bandaged right hand: 分厚い繃帯に包まれた右手
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 133
base of my left hand’s middle finger: 左中指の付け根のマメ
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 119
hand battened trustingly on to ...: 手が〜に信頼しきってぴったりかさねられている
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 114
pass a hand across one’s bearded chin: ひげの伸びた顎を一こすりする
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 75
sit with the knife in her hand very much puzzled how to begin: ナイフを手にして、どうしたものか頭をかかえている
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 139
think best with a pencil in one’s hand: ものを考える時は鉛筆を手に持っていたほうがいい
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 7
bind hand and foot: 手足もろとも縛る
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 345
be bound hand and foot by ...: 〜のためにがんじがらめになっている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 116
On the other hand why bother?: が、そんなことに気をつかってみたところでどうなる?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 76
bounce on one’s hand: もてあそぶ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 75
brawny hand: 筋張った手
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 192
He reached across the table and touched her hand briefly: アランはテーブルごしに手をのばし、ポリーの手にさっと触れた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
"Please," Van Allen had said, and touched Alan's hand briefly and kindly: 「たのむから聞いてくれ」ヴァン・アレンは、つかのま、心をこめてアランの手に触れた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 208
Toby's hand closed briefly over Guillam's arm: トビーの手が、ギラムの腕を一瞬つかんだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 512
brightly manicured hand: 派手なマニキュアをした手
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 157
play one’s hand brilliantly: 腕は見事だ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 61
bring one’s left hand from the back of the chair: 椅子の背を押えた左手を離す
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 43
He shook Smiley's hand briskly and motioned him to a chair: スマイリーの手をきびきび握ってから、手ぶりで椅子をすすめた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 298
business at hand: 本題
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 15
can not do it with ... in one’s hand: 〜を持ってんだからそれは無理な話だ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 297
put one’s hand on my arm, a fragile touch careful not to waken: 私に目をさまさせないようにと、そっと私の腕に手を置く
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 39
run one’s hand caressingly over ...: 手で〜を撫でる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 445
The plastic envelope with its precious cargo felt weirdly heavy in his hand: 貴重な中身の入ったプラスチックの袋が、手のなかで妙に重く感じられる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 46
carry one’s dusted and cleaned suitcase in one’s hand: 片手には埃をはらったスーツケースをさげている
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 90
lift one’s hand casually: 無造作に片手を上げる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 51
some pages fall out in sb’s own childish hand-writing: 中から(人の)拙い手書きの紙が何枚か、床に落ちる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 169
clamp on one’s hand: (人の)手をつかむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
ツイート
クラウドファンディング実施中! 『翻訳訳語辞典』拡充のご支援を!