Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
sentence

主要訳語: せりふ(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
せりふ
   
single sentence: たった一行のこのせりふ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 362
never finish the sentence: とそこまででせりふはとぎれちゃう ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 124
have to leave the sentence unfinished: せりふはそこで途切れる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 97

センテンス
   
all in no more than three sentences: スリー・センテンス以内におさまっている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29

   
a sentence near the end: 結末に近い一句 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 140
   
serve a long sentence for a nonviolent crime: 暴力事件に関与もしていない人間が長期刑をつとめる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 396
刑期
   
serve one’s sentence at the penitentiary at ...: (場所)で刑期を勤める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 149
言いわたす
   
be sentenced to life imprisonment: 無期懲役を言いわたされる レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 286
言葉
   
sum up in a few sentences: わずかな言葉で説明する フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 88
判決
   
hand down the sentences: 判決を申し渡す ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 152
文章
   

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

slur one’s sentences: 舌がもつれる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 422
complete the sentence: そのあとを引き受けて続ける オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 102
use the words “AA” in every other sentence: 二言目には「AA」という言葉を持ち出す ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 187
the sentence will be much lighter: 心証がずっとよくなる 新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 124
the last sentences were delivered with increasing speed: なんだか早口になってそう言った 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 22
stop in the middle of one’s sentence and say ...: ぽろっと〜と言う 吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 61
serve a prison sentence for sth: 〜罪で服役する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 32
say it in one little short sentence: 端的にお話しする アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 306
rest of the sentence: くちごもったあと口に出さなかった言葉 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 16
have to leave the sentence unfinished: さきがつづかなくなってしまう ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 89
go up for one’s last sentence: 最後に食らい込む セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 185
finish one’s sentence with ...: 〜して、言葉を結ぶ ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 15
end almost all of one’s sentences with a question mark: なにをしゃべっても疑問符で終わるような話し方をする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 99
barely exchange more than a sentence or two: かわす会話は、せいぜい一つか二つといったところ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 175
add time to one’s sentence: 刑期を延長される ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 330
a five year jail sentence: 五年の服役 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 70
break off in mid-sentence: しゃべりかけていた言葉をはっと飲み込む カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 104
detached sentence: 断片の文章 E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 28
gruff half-sentence: ぶっきらぼうな短い言葉 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 33
hand down a sentence: 結論を下す 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 125
the inevitable sentence for murder is ...: 殺人はよくて〜だぞ レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 11
The first shrill blast of a bugle killed the rest of the sentence: ラッパのつんざくような最初の一声が、語尾を消した マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 39
mid-sentence:途中まで話したとき デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 83
stop sb dead in mid-sentence: (人を)みなまでいわさず黙らせる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 353
stop in mid-sentence: あとの言葉を飲みこむ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 409
stop in mid-sentence: 言いかけて口ごもる グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 181
kill the rest of the sentence: 語尾を消す マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 39
a superbly tedious sentence: 無味乾燥なセンテンス ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 159
But if you don't know what the sentence is it's virtually indecipherable: だけどもとの文章がなにかわからないと、まったく解読不能だからね レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 27
ツイート