× Q 翻訳訳語辞典
spoken
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
音声による
    辞遊人辞書
音声の
    辞遊人辞書
口で言う
    辞遊人辞書
口語の
    辞遊人辞書
口上の
    辞遊人辞書
口頭の
    辞遊人辞書
談話に用いられる
    辞遊人辞書
話される
    辞遊人辞書
話に用いられる
    辞遊人辞書

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

have not actually spoken to sf about ...: (人と)そういう話をかわす機会などもてはしない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 205
sit meditating after these earnest words are spoken: そこまで思いつめての話の間、(人は)、黙ってじっと聞いている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 34
have already spoken: 先刻口をきいた
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 116
continue to be so brutally out spoken: ズケズケ物を言う癖は直らない
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 255
have spoken carelessly: うかつなことをつい口に出したものだ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 129
sb’s words, spoken half by way of apology, half in order to console sb: 弁解のような慰謝の様な(人の)言葉
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 12
would rarely be spoken of directly by sb: (人)自ら口にすることはまずない
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 163
every word one has spoken: (人の)言った一言一句
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 125
a word fitly spoken: 機にかないて語る言
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 34
long spoken of and frequently postponed: 話ばかりでのびのびになっていた
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 22
be as good as a word spoken: 明白に物語っている
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 78
K had indeed spoken in a hopeless tone of voice.: 彼の声が如何にも力に乏しい
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 240
have spoken to a King: 王さまとじきじき口をきいたことのある
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 106
little more than a single syllable could have been spoken: 口にしたのは、ほとんど一言かせいぜいが二言を出なかったらしい
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 68
if I’d spoken that mouthful: あれだけ一気にしゃべったら
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 268
truer word was never spoken: こんなに正直なことを言ったのはたえて久しくなかった
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 198
I’m one that has spoken to a King: これが王さまにじきじきに口をきいた本人だ、このわしが
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 115
The words were spoken slowly and painfully: と、ぽつぽつ苦しそうに語りだした
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 401
a slow-spoken superior: 口の重い上司
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 19
be soft-spoken: もの言いが穏やかだ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 103
soft-spoken:穏やかな口調の
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 46
sth that ought not be spoken of: 口にできない(物)
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 311
have not spoken before: これまでひとつも口をきかない
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 38
have not spoken before: いままでだまりこくっていた
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 36
have not spoken: 黙っている
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 85
be not spoken of again: 二度と口の端にのぼることもない
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 84
I won't have him spoken of as if he were some kind of thug: ごろつきかなにかのようにいうのは不満です
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 68
ツイート