× Q  ?  翻訳訳語辞典
waves
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

come pouring into ... in great waves: 怒濤のように(場所)になだれこむ 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 212
to the accompanying rise and fall of the wavesdeep whisper: 底ごもる波のつぶやきがおしのぼってゆくなかで 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 190
want to ask the chief why the waves echo so frighteningly: 波の音のおそろしい反響について酋長にお伺いを立てる 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 95
the waves begin to be waves: 波がうねりを増す ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 272
a blazing steep drive toward the waves: 波間めがけた猛烈な急降下 バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 13
swell to one’s eyes, and break like waves: たちまち目の中は涙でいっぱいになり、大波のようにあふれ出す ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 50
the sound of the wind reminded me of breaking waves: 風の渡る音が打ち寄せる波涛のように聞える 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 21
soft, brown-tinged waves of one’s hair: いくぶん茶がかった懶げな髪 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 130
let oneself be carried by the waves: 波に身をまかせる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 404
no matter how many waves crash around sb2, sb1’s rock, would never cleave: どんな波紋も〜という巌だけは、さけてひろがる 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 44
come in waves: 波状に襲ってくる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 578
the black flag waves night and day from the great tower of ...: 〜の塔からは、昼となく夜となく、黒い旗がなびいている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 162
din of waves: 潮の高鳴り 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 21
this wet expanse of grass flows on like waves into the distance: 草の波はどこまでもしっとりと濡れて続く 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 114
be washed by endless waves: たえず波に洗われている 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 125
would eventually subdue the waves of sb’s emotion: 〜の心の波をしだいになごめていく 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 59
huge waves sweeping everything before them: 眼の前のことごとくを呑み込まずにはおかぬ波 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 282
great, ranged waves of the far Alps to the west: 西方に波濤のように遠望されるアルプスの峰々 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 155
waves of feeling one have for sb: (人が)出してる電波 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 142
falling in thick, glittering waves to sb’s shoulder: 豊かに、つややかに波打って肩まで垂れている ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 44
grey waves with white heads: 灰色の海原の中に白い波頭が立っている ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 18
waves of lust: 激しい情欲のごときもの 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 168
waves march uniformly along: 波が横一文字におしよせる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 118
the waves come steep and nasty: 波があなどれぬ高さになる ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 92
never-ending waves of sb: つぎからつぎに押し寄せる(人) ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 21
the noise of waves: 波のざわめき 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 92
the fading light presses in waves upon sb: うす闇がひたひたと押しよせる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 108
raging waves: 激浪 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 65
with hair bristls in recurrent waves: 周期的に毛を逆だて ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 140
roaring of the waves: 波のざわめき 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 87
roaring of the waves: 海鳴り 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 87
I saw the enormous waves of the northern Alps: 波濤のようにつらなっている北アルプスの山脈が望まれた 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 47
shoot above the waves a cannonball under the moon: 月下を飛ぶ弾丸さながらに波の上を突進してゆく バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 25
waves of vague sleepiness: うつうつとした眠り心地 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 95
the sound of waves is soothing and pleasant: 波のさざめきは快い 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 132
sound of the waves striking the shore: 潮騒 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 45
waves of lust sweep through sb: 激しい情欲のごときものがとおりすぎる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 168
the waves break with a soft swish on the rocks: 波は岩にやわらかくうちよせる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 340
in the troughs between the waves: 波の谷間に マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 335
waves of green: 緑色の波がうねっている ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 24
ツイート