× Q  ?  翻訳訳語辞典
blazing
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
かっと照りつける
   
under a blazing sun at ...: 陽がかっと照りつける(場所)で プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 255

赫奕たる
   
blazing sun: 赫奕たる太陽 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 157
焼けるような
   
blazing pain that slices through one’s chest: (人の)胸を切りさいなむ焼けるような苦痛 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 322
赤く血走った
   
sb’s slurry speech and blazing eyes: とろんとしたしゃべり方や赤く血走った目 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 347
猛烈な
   
a blazing steep drive toward the waves: 波間めがけた猛烈な急降下 バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 13

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

blazing afternoon sun: 西日 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 155
that’s a Blazing strange answer, too: これはまた奇妙奇天烈なお返事ですねえ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 20
beneath the blazing sun: 炎天のもと 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 171
one’s eyes are blazing: 眼がらんらんと輝いている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
eyes blazing: 眼は怒りに燃えている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
the sun is blazing hot: 太陽がうるさい 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 204
the blazing carrier: 炎上する空母 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 187
one’s eyes blazing: 瞳をめらめらと燃やす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 133
He turned the binoculars full into the glare of the blazing Vytura: そういって、彼は燃えるヴァイチュラ号のぎらつく光に、ぴたりと双眼鏡をあてた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 305
ツイート