× Q 翻訳訳語辞典
noise   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
さわがしさ
   
the noise seemed gradually to die away: さわがしさはだんだんおさまっていく ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 141
ざわめき
   
the noise of waves: 波のざわめき 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 92
どよめき
   
the noise of a waterfall: 滝のどよめき オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 77
ばたばた
   
make as much noise as one can with one’s fan: 手に持った団扇をわざとばたばたいわせる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 92
わけのわからない声
   
make one’s noise: わけのわからない声をあげる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 49
わめく
   
make one’s noises: わめきたてる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 52
make noises: 何事かわめく カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 54

ジージーやかましい音
   
make noises: ジージーやかましい音を出す フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 144

   
without making any noise: こそとも音をさせずに クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 514
the only noise around sb is ...: 耳に届くものといえば、〜の音だけだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 543
the noise will interfere with ...: 音がうるさくて、〜の邪魔なの タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 50
noise and light are funneled down: 音と光が上から洩れてくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 287
make the continual Noise: 絶えず音がしている スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 39
limit noise: 極力音をさせない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 262
enough noise so that ...: これだけ音をたてれば〜するはずだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 59
create a loud goofy noise: 「ぶわんぶわん」という大きな音が出る 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 57
can ignore the noise of sth: 〜の音なんか、気にならなくなる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 453
音響
   
the noise of the hospital: 病院の業務の音響 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 412
音声
   
make a great deal of noise: びっくりするほどの音声を発する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 534
喚声
   
言葉
   
what is all this noise about ...?: いったい、どこをどう押したら〜どう言葉が出てくるというのだろうか? フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 166
雑音
   
make farmyard noises: 下卑た雑音を立てる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 273
雑音が多い
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 43
   
make a noise: 声をだす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 142
騒ぎ
   
there’s a great noise at ...: 大騒ぎがもちあがった フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 232
The noise is the children gnashing their teeth: この騒ぎは、子供たちの歯ぎしりです 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 225
騒ぐ
   
make some noise: 少々騒ぐ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 331
賑やか
   
Foolishness and fantasy and noise: 他愛なく、夢があって、賑やかなのがいい フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 144
物音
   
the noise sb make coming in: (人が)帰ってきた物音 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 115
refrain from making the slightest noise: 物音一つたてない 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 36
hear a noise: 物音がする デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 145
became sensible of confused noises in the air: 空中には大変な物音がしてきた ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 37
妙なノイズ
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
鳴き声
   
be very good at animal noises: 動物の鳴き声を真似るのがうまい 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 79
話し声
   
the noise and commotion came to a sudden, almost violent stop: 話し声と動きがいきなり、不自然なほどにぴたりとやんだ バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 294

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

noise about ...: 〜が煩わしいとぐずぐず言うこと
make squeaky noises: キャーキャーと声を張り上げる
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 79
make much noise: やたらに大騒ぎをする
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 187
make cat noises: 猫の鳴き真似をする
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 387
without a little noise: おとなしく黙って
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 460
walk close together without making much noise: 鳴りを静め距離をつめまとまって歩いてくる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 204
Then follow a confused noise of cheering: それから入り交じる歓声がわきあがる
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 192
the noise of a gun make sb shake for minutes after firing it: 銃声を聞くと、そのあと数分間は、どうしても震えがとまらない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 54
the noise in the room is perfectly tumultuous: 部屋の中の騒々しさは相当なものだ
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 63
the enormous welling crowd noise muttering: 湧きおこるものすごい歓声
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 285
the crowd noise was immense: 観客席はいよいよ騒然となった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 389
the crowd noise has not varied since ...: 〜からずっとつづいているざわめきは、いっこうに鎮まる気配を見せない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 391
that was a noise he heard: 空耳ではなかった
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 42
noise of contemporary popular music: 現代の騒々しい歌謡曲
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 168
make that abominable noise: あのような不愉快なわめき声を立てる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 197
make noises about unhappy customers: 顧客からの苦情に神経質になる
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 30
make an awful noise: 息ぐるしい程、鳴く
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 80
least sudden noise set sb all in a quiver: ちょっとの物音にも震え上る
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 63
know that to make any more noise would be death: それ以上余計なことを言っては命がないと悟る
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 427
for making noise or a light offence of the kind: やかましくしたとか何とかの軽いとがで
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 65
confused noise of cheering: がやがや歓呼のどよめき
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 182
begin a threatening singsong noise: 低いうなり声をあげて威嚇する
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 192
all the various noises of the now sleeping town have died away: すでに寝しずまっている街は限りなく音をひそめている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 102
a great noise fill sb’s head: があんと頭が鳴る
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 302
a brief gagging noise come from one’s throat: 吐き気をこらえるような声を洩らす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
a noise between shrieking and singing: 悲鳴とも歌声ともつかぬもの
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 282
noise of the knocking of wooden buckets: 桶をおく音
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 7
a grating noise somewhere in the middle of its cycle: 一定の間隔で聞こえる摩擦音
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 218
hear faintly but distinctly the noise of doing ...: 〜する音がかすかに聞えてくる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 7
His English lordling's voice: 'The people and the noise' he explained: 安手な英国貴族の声色で、「この人間たちと、この騒ぎではな」と、理由をつけくわえた
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 102
make a hideous noise: 耳の張り裂けそうな騒音をたてる
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 79
hear a hissing noise: ビシッという音が聞こえる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 85
The doors immediately slammed closed and clamped with a deafening noise: 間髪を入れずガチャンと大きな音をたててドアがしまった
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 179
muffle the noise sb make: (人の)立てる音をすべて飲み込む
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 139
They relaxed, they settled into the noise and smoke;: 二人は肩の力を抜き、騒音と紫煙の中に腰を落ち着けた
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 32
release sth into the bolster of air and noise: びゅうびゅう逆まく風のクッションの中に〜を押し込む
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 77
scraping noise: 引きずるような響き
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 311
produce a noise much like the sound of squeaking shoes: 「キュウキュウ」と、靴が鳴るときのような声を立てる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 101
a sizzling noise strikes sb’s ears: ジュウッという音が(人の)耳にきこえる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 57
the noise is softly beginning again: あの音がふたたびひそやかに鳴りだす
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 149
Somehow that noise only emphasized the pre-dawn peace: なぜかその音は、夜明け前の平穏をいっそうきわだたせた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 549
a noise of sorts: 音と言ったほうがいいか
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 105
this sudden noise: このだしぬけの音で
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 40
the noise of saber trailing behind sb: サーベルの音を残して
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 439
ツイート
クラウドファンディング実施中! 『翻訳訳語辞典』拡充のご支援を!