× Q 翻訳訳語辞典
break   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あふれ出す
   
swell to one’s eyes, and break like waves: たちまち目の中は涙でいっぱいになり、大波のようにあふれ出す ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 50
いいこと
   
give sb a break: いいことを教える デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 94
いきなり〜する
   
break into a run across the snow: いきなり駆け出し、雪原を横切っていく ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 36
いとぐち
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 265
がっくりとくずおれる
   
break like a bowstring breaking: 弓の弦が切れたようにがっくりとくずおれる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 156
さえぎる
   
break the force: 風圧をさえぎる アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 25
break into a ‘... murmur: 〜と話をさえぎる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 242
さす
   
pale light breaking through the curtains: カーテンごしにさしてきた薄明かり ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 77
たもとをわかつ
   
break with Roosevelt in the New Deal over financial questions: ニューディール政策、とくに財政金融政策をめぐってルーズベルトと袂を分かつ ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 40
たわめる
   
break the wire: 針金をたわめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
だす
   
break into abusive language against sb: (人を)罵りだす 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 66
ちょっとした気晴らし
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 227
ちょん切る
   
break oneself into small strips: 短い帯のような形にちょん切れている オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 164
つまらねえこと
   
That was a break see?: つまらねえことをやっちまったわけだ ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 83
とぎれる
   
His voice cracked, it broke, big bad Bert Kamin: 声がかすれ、とぎれた。ワルの大男バート・キャミン トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 294
break off: (人の)言葉がとぎれる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 457
とつぜんする
   
break into ...: とつぜん〜する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 457
はねる
   
after the committee break: 委員会がはねたあと トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 28
ひきさく
   
break sth down: ひきさく アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 96
ひきはなす
   
break sb of …: (人を)〜からひきはなす アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 32
ひる
   
break wind: 屁をひる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 22
ふりほどく
   
break sb’s eye contact: もつれそうな視線をふりほどく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 257
ぷつりと切れる
   
<例文なし> アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 212
へし折る
   
will break sb’s neck: 〜の首根っこをへし折ってやる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 412
I’ll break your arm: 腕をへし折ってくれるぞ スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 34
break ...: 〜をへし折る マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 480
ほぐす
   
break the tension: 緊張をほぐす デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 130
ほとばしりでる
   
a bitter laugh of mockery breaks from the lips of younger man: 年若い男の脣から痛烈な嘲笑がほとばしりでる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 222

引き取る
   
you can break off if you want: もう引き取られたい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 534
引き裂く
   
break one’s heart: (人の)ハートを引き裂く デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 9
嘘になる
   
sb’s promise is broken: (人が)堅く約束した言葉が嘘になる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 138
洩れる
   
a cry of pain breaks from one’s lips: 苦悩の叫びが(人の)脣から洩れる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 146
押込みをはたらく
   
break in anyplace: 手あたりしだい押込みをはたらく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
温情
   
ask for a break: 温情を乞う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 452
壊す
   
break ... originally: 〜の原型を根こそぎ壊す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 11
割り込む
   
another voice breaks in: もうひとつの声が割り込む ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 151
気分転換
   
it is a nice break from ... to be here ...: 〜からこの〜へきたのは、なによりも気分転換になる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 15
起きる
   
that case breaks: あの事件が起きる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 434
逆襲
   
make a break: 逆襲に転じる バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 221
休み
   
lunch break: 昼休み 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 123
休憩時間
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
区切る
   
break off: 区切る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 366
計算する
   
break down on a nighty-by-night basis: ひと晩あたりの〜数で計算すると タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 215
訣別すること
   
break with ...: 〜と訣別すること ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 14
公にする
   
break in a newspaper or a magazine: 新聞や雑誌で公にする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 36
骨休め
   
take a break: 骨休めする カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 8
幸運
   
catch one’s only break of ...: 〜はじめての幸運だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 286
轟く
   
a flash of lightning and a tremendous crack of thunder break: 稲光が閃き、すさまじい雷鳴が轟く セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 85
砕く
   
break one’s nose: (人の)鼻を砕く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 257
参ってしまう
   
You could break Oliver,: オリヴァー、きみはいまに参ってしまうぞ、 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 67
持っていく
   
break the story: 話を持っていく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
失恋
   
do not seem to have taken the break too badly: 失恋でひどい痛手を受けたようには見えない ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 146
遮る
   
break ...: 〜を遮る 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 71
手を切る
   
resist breaking with sb: 手を切るのを我慢し続ける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 285
傷つける
   
break one’s heart: 人の心を傷つける フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 37
進む
   
break up: 進む ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 487
寸断される
   
break oneself into small strips: 短く寸断されている O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 230
清算
   
make a clean break of ...: 〜はきれいに清算する タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 140
切り出す
   
I broke it to her softly: 私は穏やかに切り出した ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 371
絶ち切る
   
break the endless chain of society’s loathsome taboos: 世間のいやらしい禁止の無限につづく鎖を絶ち切る 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 57
絶ゆる
   
last Louis but one of the line that is never to break: 永劫絶ゆることなき現王統の先々代 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 213
相容れないやり方
   
a complete break with the tradition of ...: 〜の伝統とは、まったく相容れないやり方だ カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 100
打ちのめす
   
break sb: (人を)打ちのめす マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 29
打ち砕く
   
break sb’s heart: (人の)心を打ち砕く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 65
怠ける
   
a stomach decides it can take a break from vermiculating: 腸が蠕動を怠ける 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 24
台なしにする
   
I'm not going to have those guys saying we broke the chain of evidence: おれたちが一連の証拠物件を台なしにした、なんて連中にいわせはしないからな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 346
脱けだす
   
break from one’s intense movelessness: 無我の不動の姿勢から脱けだす ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 77
断ち切る
   
the bond is not to be broken easily: そのきずなはやすやすとは断ち切れない ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 201
break one’s connection with ...: 〜への執着を断ち切る 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 65
知らせる
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 23
中休みとなる
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 307
跳ぶ
   
break to the right: 右へ跳ぶ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 58
展開
   
that was a tough break: まずい展開になってしまった ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 212
踏み込む
   
break into ...: 〜に踏み込む ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 133
突きやぶる
   
break the layers into which sb have sunk: (人が)沈んでいた眠りの層を突きやぶる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 5
突破口
   
This may be just the break we're looking for: 案外、こっちの期待していた突破口になるかもしれない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 175
get the first break: 最初の突破口を開く ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 151
破る
   
have broken sb’s code: (人は)掟を破った人間だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
break a very awkward silence: 気まずい沈黙を破る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 17
這入る
   
be broken into: 泥棒に這入られる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
反逆
   
the biggest break from sb: 最大の(人への)反逆 ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 334
反故にする
   
break the commitment to sb: (人との)約束を反故にする マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 220
浮かべる
   
break into a cheerful grin: 陽気な笑みを浮かべる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 51
分かれてしまう
   
break in two: ふたつに分かれてしまう タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 195
変える
   
without breaking stride: 歩調を変えることなく コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 51
break things loose: 局面を変える クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 430
変化する
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 377
崩す
   
break down: 身を崩す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 485
崩れる
   
the peace breaks: 平穏があっさりと崩れ去る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 245
無視する
   
break all that many traffic laws: 交通法規を片っ端から無視する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 461
滅入る
   
sb’s heart breaks: どうしようもなく滅入る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 103
揺り動かす
   
do not break the mood: その空気を揺り動かさない 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 29
裏切る
   
break faith with sb: (人の)信頼を裏切る デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 18
離脱する
   
break oneself off from the conventions of one’s parents: 両親たちの送っているこちこちの生活から離脱する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 406
和らげる
   
break the tension somewhat: いくぶん緊張を和らげる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 18

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

without a break: ぶっとおしで
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 53
without a break: 間断なく
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 132
that’s the breaks: しようがない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 141
take a break: よしてよ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 56
take a break: ひとりでせいせいしてくる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 135
take a break: 趣向を変える
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 63
on one’s break: 手があいたときに
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
money to break off the relationship: 手切れ金
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 196
make a brake: 逃げ出す
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 127
insurrections break out: 一揆が蜂起する
辻邦生著 スナイダー訳 『安土往還記』(The Signore ) p. 56
go break: 破産する
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 18
give me a break: やれやれ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 98
coffee break: 小休止
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 67
broken parts: もげた翅や肢
breaking into smile: 顔をほころばせながら
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 245
breaking ball: カーブ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 127
breaking and entering: 押込み強盗
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 17
break with sb: (人と)手を切る
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 363
break water: ざばっと水面に躍りあがる
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 331
break up sth: 〜にひびを入らせる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 42
break up ...: 〜の戦力をそぐ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 188
break up: お開き
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 145
break up: お開きにする
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『たった一人の反乱』(Singular Rebellion ) p. 219
break up: ばらばらになる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 155
break up: 切れる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 104
break up: 分裂解体する
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 59
break through: さしこむ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 213
break through: 打ち破る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 85
break through: 突き抜ける
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 307
break the problem: 謎を解くことができる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 546
break the news: 水を差す
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 57
break the ice: 気詰まりを破る
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 50
break the date: デートの約束をすっぽかす
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 328
break stride: 行き足をうしなう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
break silence: 先に口を開く
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 152
break sb in: (人に)仕事を教える
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 5
break sb’s trust: (人の)信頼を裏切る
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 129
break sb’s heart: (人が)がっくりくる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 66
break sb’s heart: (人を)ひどく悲しませる
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 83
break sb’s heart: (人を)悲しませる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 15
break sb’s ball: さんざん締めあげる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 249
break sb: (人を)徹底的にのしてやる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 390
break sb: 緊張の糸は切れる
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 158
break out laughing: げらげら笑いだす
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 140
break out bitterly: 噛みつくように言う
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 25
break out: おっぱじまる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 328
break out: しゃべりだす
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 217
break out: 堰が切れる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 107
break out: 外に出る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 238
break out: 心をのぞかせる口調で言う
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 240
break one’s silence: それまで黙っていた(人は)
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 75
break one’s heart: がっかりする
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 43
break one’s engagement: 別れを告げる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 160
break off, stammering: どもって口を閉じる
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 72
break off the flower: 花を摘む
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 333
break off suddenly: とつぜん黙りこむ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 24
break off suddenly: とつぜん黙る
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 297
break off short: 急に言葉がとぎれる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 89
break off short: 口をつぐむ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 137
break off ...: 〜をもぎとる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 333
break off ...: 〜を断ち切る
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 409
break off: あわてて口をつぐむ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 299
break off: いいかけて、(人は)ぷつりと言葉を切る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
break off: いったん言葉を切る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 282
break off: ふと口をつぐむ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 361
break off: ふと口をつむぐ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 215
break off: ぷつりと中断する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
break off: みなまでいわない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 245
break off: 急に言葉がとぎれる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 311
break off: 言葉をとぎらせる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 42
break off: 言葉を切る
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 490
break off: 語を切る
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 348
break off: 語尾がとぎれる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 45
break off: 口をつぐむ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 202
break off: 声をとぎらせる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 262
break off: 中断する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 99
break off: 途中で口を閉じる
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 23
break into sth: (何かに)入りこむ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 44
break into home: 家に忍び込む
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 209
break into ...: 〜に押し入る
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 64
break into ...: 〜に錠をこわして忍びこむ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 243
break into ...: 割れて砕けて〜と化す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
break in the staircase: 踊り場
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 45
break in: まぜっかえす
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 138
break in: 家に入りこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
break in: 口をはさむ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 150
break in: 口を挟む
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 177
break in: 口を出す
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 91
break ground: 整地
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 48
break eye-contact: ようやく(人の)眼から逃れる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 324
break down oneself: 身がもたない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 255
break down completely: 泣き崩れる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 141
break down: 神経がおかしくなる
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 243
break down: 神経がだめになる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 24
break down: 耐えられない
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 170
break and enter: 実力による不法侵入
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
break and enter: 他人の家への押し込み
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 57
break against ...: 〜にぶつかって砕ける
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 282
break aboard: 甲板にうちあげられる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 126
whenever sb can break free: 暇さえあれば
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 31
want a break from sb’s voice: (人の)歌ばかり聞かされるのは飽きあきしている
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 101
wander there on his lunch break: 昼休みにぶらりとのぞく
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 16
till the filament breaks: 切れるまで
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 159
the work don’t break me: 仕事にはへこたれない
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 69
the weather breaks down: 天候がくずれる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 78
the sun is breaking through: 雲を破って太陽が顔を出す
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 11
the sun breaks free of the clouds: 雲間から陽が射しこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
the sun breaks above the mountains: 太陽が山の端から顔をのぞかせる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 261
the stillness of ... has never been broken: 〜はそのままの静けさを保つ
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 43
the sound of the wind reminded me of breaking waves: 風の渡る音が打ち寄せる波涛のように聞える
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 21
the pattern broke down: 思うようにいかなかった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 80
the meeting break up: 会議がお開きになる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 138
the ice is broken: きっかけをつかむ
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 133
the habits of years are not easily broken: 長年の習慣がそうすぐ変えられるものではない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 81
the conclave is broken up: 密議はお開きになる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 139
the borderline between dream and reality is breaking down: 夢かうつつか。つなぎ目がはっきりしなくなっている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 14
the best break one had in years: ここ何年もの間になかったほど運のよかったのは
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 243
that is a rotten break for sb: (人に)しては失態だ
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 137
that day is breaking: しらじら夜が明けそめている
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 286
tears break the spell: 涙が堰を切る
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 211
sth may break one’s bones: 〜すれば怪我のもとだ
slowly begin to break up: 徐々にお開きになっていく
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 86
sky breaks up into long steaks of blue: 雲の切れ間から青空が覗く
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 447
sb’s stress is building to a breaking point: ストレスが高まって、臨界点に近づいている
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 177
sb’s heart is broken: 傷心の思い
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 257
reality breaks through to sb: ある実感がにじみ出ている
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 17
real havoc broke loose: これは本物だと思われるような大騒乱が発生した
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 193
plain break sb’s heart: すっかり(人に)せつない思いをさせてしまう
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 88
one’s way of breaking the news to sb gently: もってまわった言い方
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 237
one’s sanity have broken: 精神のバランスをくずした(人)
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 364
one’s face breaks into a good-natured smile: たちまち人が好さそうに相好を崩す
三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 150
one’s conscious train of thought begins to break up: 意識はぷつんと途切れてしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 220
old habits are hard to break: 習慣というのは恐ろしいものだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 194
not quite breaking into a trot: 足早にこそなれ、急いで駆け出したりしない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 293
nearly breaks one’s heart: ひどいしょげようだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 409
make a clean break: 潔くきっぱりやめる
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 215
listen for any suspicious sound that might break the silence: 気を何処かに配る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 44
just give me a break: おれを困らせないでくれ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 221
just as dawn is breaking: 夜が白み始める頃
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 28
it was a habit that was hard to break: 身についた習慣はどうしようもない
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 19
it is a tough break: ツイてない
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 141
it broke one’s heart to disabuse sb: 錯覚とはいえ、(人の)夢をこわすのはせつなかった
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 296
it breaks sb’s heart to think of ...: 〜を考えただけで(人が)泣く
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 413
if trouble breaks out: ヤバい事態が発生したときは
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 67
I hate to break this to you: こんなことはいいたくないんですが
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 514
I hate to break the news to you, but ...: とっておきのことを教えるが、〜
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 132
hear pandemonium breaking out: すさまじい騒音が聞こえる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 254
hear pandemonium breaking out: 蜂の巣を突ついたような大混乱におちいっている
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 254
have been on both the giving and receiving end of telephone calls that break sb’s sleep: 電話で人を起こすことも電話で人に起こされることも経験している
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
have a break from the law: 法的な温情を身に受ける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 452
go for break yarkyarkyark: きゃいんきゃいんと吠えはじめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 158
give us both a break: もうこのことは忘れよう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 190
give us a break: それはないだろう
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 18
give sb a break: (人に)目をかける
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 419
give sb a break: いいかげんにしろよ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 234
give sb a break: 悪いようにしない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 66
give sb a break: 手をゆるめる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
give sb a break: 冗談を言わない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 49
give me a break: よしてくれよ、もう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 99
four lights break out there: とたんに四つの火がパッと燃えるのが見える
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 86
for the midmorning break: 朝の練習が一段落して
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 67
during one’s lunch break: 時分どきになると
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 48
during a break from one’s work: 仕事が一段落すると
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 38
don’t think to break one’s heart very much: そうひどく悲しいとは思わない
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 114
breaking into a gallop at once: いきなりギャロップに移る
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 124
break up with sb: (人と)別れる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 86
break up the monotony: この単調な生活におさらばする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
break up a man’s life: 男の人生を台無しにする
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 260
break the words into ...: 〜にかき消され、声は〜に変わる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
break the surface of the water: 海面上に頭を出す
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 265
break the skin on sb’s hands: 手の皮膚をすりむく
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 450
break the scoreless tie: 零対零の均衡は破れる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 387
break the momentum of the battle: 闘いの流れががらりと変わる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 263
break the fight up: 喧嘩の仲裁にはいる
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 40
break sth in a careless moment: うっかり落っことされてがちゃん
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 108
break out the signal for ...: 大声で〜を命じる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 214
break out of ...: 〜を飛び出す
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 334
break out into sth: (どこかに)入る
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 97
break out into lively chatter: 賑やかな世間話に打ち興ずる
有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 18
break out into a cry of astonishment: 思わすさけび声をあげる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 164
break out in the air and words sb know so well: 節も文句も(人に)おなじみの歌をうたいはじめる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 85
break out in a cold sweat: うっすらと冷汗をかく
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 126
break out from the two lines ahead: 縦二列陣形をくずす
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 350
break open a dark loaf: ダーク・ローフを二つに割る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 168
break one’s neck doing ...: わざわざ〜する
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 65
break one’s neck doing: わざわざ骨を折って〜する
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 166
break one’s back over ...: 〜で骨折り損
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 212
break off with a shout of laughter: 言葉を切ってひと声高く笑う
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 167
break off such passing affairs: こういう行きずりの情事を清算する
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 145
break off in mid-sentence: しゃべりかけていた言葉をはっと飲み込む
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 104
break off a relationship: 関係を絶つ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 161
break many of one’s bones: 何度となく(人の)心を踏みにじる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 110
break into the conversation to explain: 横あいから説明を加える
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 30
break into sb’s holy of holies: 奥の院に忍び込む
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 67
break into one’s computer: (人の)コンピュータに侵入する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 15
break into an easy laugh: くつろいだ笑い声が漏れる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 25
break into an apologetic smile: (顔を)ほころばせてすまなそうな笑みをうかべる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 268
break into a sudden passion: とたんにかっとのぼせあがる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 105
break into a sprint: はじかれたように駆け出す
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 191
break into a grin: ニタッと笑う
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 261
break into a broad smile: 顔いっぱいに笑いを浮かべる
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 14
break in the dirt: バウンドする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 291
break in and destroy one’s happiness: (人の)幸福を踏みにじる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 323
break free into ...: (場所)に解き放たれる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 128
break free and shamble toward ...: ゆらりゆらりと揺れながら進み出る
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 210
break even the hardest heart: どんな冷血漢でも哀れをもよおす
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 330
break down in a crushed, insatiable grief: どうにもならないほどの激しい悲しみに沈みこむ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 586
break down and cry: 泣いてつっぷす
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 348
break away to show ...: 通常の番組の一部を割いて〜を電波に乗せる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 284
break away from the mutineers: 謀叛人たちを振り切る
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 158
break away from ...: 〜を振りきる
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 457
break a goddam leg to: あわてて〜へとんでいく
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 94
break a cartel wide open: 独占状態に殴り込みをかける
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 371
be stretched to breaking point: 背に腹は代えられない
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 18
be real broke up about ...: 〜にものすごく落ち込む
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 339
be going to break down: 精神的に参る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 218
be giving sb the break: (人を)甘く扱ってあげてるつもりだ
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 252
be broken off by ...: 〜にひきほどかれる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 155
be broken by ...: 〜に邪魔される
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
be a lucky break: 願ってもない話だ
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 150
another memory have broken through: 新たな記憶がまざまざと姿をあらわしていた
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 317
an argument break out concerning ...: 〜の問題で議論がはじまったのが発端である
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 380
all hell was breaking loose in Jordan: ヨルダンの国情が騒然としていた
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 285
all hell breaks loose: 地獄を野放しにしたような騒ぎだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 216
all hell breaks loose: 天地がひっくり返る騒ぎが持ち上がる
a wave of horror break over sb: 恐怖の波が(人に)襲いかかる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 438
a mood of wild triumph breaks out: 底抜けの勝利のムードにわき返る
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 371
a large fight breaks out: すさまじい喧嘩が火を噴く
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 46
a fire break out in a baker’s yard: パン屋から火の手はあがる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 213
a chorus of voices break in: いっせいに声が上がる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 128
a break for home: 本塁をうかがう
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 446
announce one’s break-ins to the press: 新聞に犯行声明を発表する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 226
without any break: 片時も休みなく
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 49
the best break one had in years: ここ何年もの間になかったほど運がよかったのは
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 243
big break: 転機
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 485
the most blatant kind of break-in: 世界でいちばんあからさまな押込みの現場
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 365
break-in:家宅侵入罪
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 64
break-in:不法侵入
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 21
break-in: 不法侵入事件
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 30
break-up:離別
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 99
break the cap: 封を切る
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 70
break into a cheek-to-cheek tango: 頬を寄せ合ってタンゴを踊る
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 83
coffee break:お茶の時間
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 66
break oneself off from the surrounding culture: 既成の文化環境から離脱する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 406
break into a run and dash impatiently towards sb: こらえ性のない駆け足になって、〜の許に一散に走りだす
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 121
despite the break: 休暇にはかかわりなく
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 14
break through direct for ...: 〜をめざして直進する
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 89
break discursive ground: なんとない挨拶がすむ
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 149
it is during the lunch break one day: ある日の昼休みに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 123
break an embarrassing silence: 面はゆい沈黙を破る
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 188
break into foolish laughter: 莫迦みたいに笑い出す
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 87
Rarely did Richard Vallery break through his self-imposed code of formality: リチャード・ヴァレリーが、みずからに課した謹厳の掟を破るなど、めったにないことだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 143
break into a full run: 全速力で駆け出す
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 99
break sth gently to one’s mother: (物事を)お母さんに知らせるのに、慎重に切り出す
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 139
break from one’s grasp: 手から抜け出る
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 48
ツイート
翻訳訳語辞典の新バージョン「翻訳訳語辞典2020」のためのクラウドファンディングを開始しました。ご支援よろしくお願いいたします。
詳細はこちらのReadyForのページをご覧ください