× Q 翻訳訳語辞典
careless   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うっかり
   
break sth in a careless moment: うっかり落っことされてがちゃん スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 108
かまわずに
   
go on happily talking away, careless of details: 委細かまわずに語りつづける 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 401
かまわない
   
be careless of one’s appearance: なりふりをかまわない 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 190
さりげなく
   
glance at sb once or twice with the quick, careless glance: 一、二度すばやく、さりげなく、視線を投げかける アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 79
なげやり
   
be indolent, pleasure-seeking, and careless: 怠惰であり、遊びずきでなげやりだ 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 190
のんきな
   
careless talk: そんなのんきな話じゃないの リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 242

トンマな
   
careless warder: トンマな看守 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92

迂闊
   
careless of me: わたしの迂闊だ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 185
気が付かない
   
a careless man: 気が付かずにいた人 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 64
注意がおろそか
   
<例文なし> クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 189
投げやりな
   
the careless imperative tone of voice: 命令的なひびきや投げやりな調子 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 111
不注意な
   
at worst careless: せいぜい不注意な ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 77
不用心
   
Don't you think they're a little careless leaving the key like that?: こんなところにいつも鍵をおいておくなんて不用心じゃないの? 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 129
放埒な
   
careless laughter: 放埒な笑い声 バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 268
無神経
   
be far too careless on sth: 〜が無神経すぎる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 487
無造作な
   
rich, careless voice: 深みのある無造作な声 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 61
無造作なまでの
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 392
無造作に
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 171

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with careless indifference: 投げやりな調子で
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 131
the careless untidiness: 不謹慎さ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 234
get careless: 油断する
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 250
wear a beautifully tailored suit with a careless ease: 見るからに上等な仕立てのスーツをさりげなく着こなす
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 57
very careless of sb: だらしがない
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 63
sb’s voice is careless: 声はうわずっている
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 46
go on in a careless tone: いともさらりという
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 61
be a bit too careless: 幾分の油断がある
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 79
a careless acceptance of things as they were: どんな状況も無造作に受け入れる気持ち
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 171
with almost careless abandon: ひどく雑然と
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 173
Being rather careless myself, Sensei's tidiness often attracted my attention: 無頓着な私には、先生のそういう特色が折々著しく眼に留まった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 84
sb realized sb must have been careless: 自分の迂闊さを思いしらされた
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 175
ツイート