× Q 翻訳訳語辞典
three   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
   
three strikes: 三振 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187
three specific suggestions: 三通りの具体的な提案 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 30
after two or three barren attempts: 最初の二、三回は空振りに終わったが トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 227
三つの
   
three separate villages: 三つの村 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 97
三ケタの
   
three numbers: 三ケタの数字 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 177
三人組
   
the three gangbangers: 暴力団ふうの三人組 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 174
三方の
   
three walls: 三方の壁 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 52
二三の
   
three buoys: 二三の浮標 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 125

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

three-hundred hitter: 三割打者
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 183
in twos and threes: 三々五々
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 389
a 3-and-2 count: フルカウント
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 248
would not have such another walk for the three kingdoms: 全国残らずやるといっても二度とあんなにして歩くことはまっぴらじゃ
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 51
with three teams battling: 三つ巴の争い
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 11
one of the three or four fastest pitchers: 五本の指に入るほどだ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 237
have sth about three o’clock: 三時のおやつに〜を食べる
be three times seven: しょせんは助からんやつだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 219
three francs a kilo: キロ当たり三フラン
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 123
at three A.M.: 夜中の三時
know a thing or three about campaigning: キャンペーンのやりかたぐらい心得ていてもおかしくない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
have three additions to one’s home built: 自宅に三部屋も増築する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 141
afford sb two or three good Mouthfuls: 〜でまず二口か三口というところ
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 29
perhaps it is only a little after three: まだ三時をまわったばかりだということもあり得る
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 17
turn stale after three days: 三日で固くなる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 76
after a three-month hiatus: 三ヵ月の休止期間をおいて
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
by the age of three: 三歳にしてすでに
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 117
a three-way agreement: 三者協定
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 254
it put the team ahead by three runs: そのお陰で、チームは三点リードすることができた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 297
all three passengers: 三人の乗客は一様に
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 55
it was almost three when ...: 〜は、かれこれ三時だった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 467
almost three minutes: 三分ほど
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
another three months: あと三ヶ月たっていたら
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 79
lose more than three hundred million molecules of crayon and pastel as a result of being “appreciated” by insensitive “art lovers”: 三億七千万ほどの粒子が、心なき人々のガンリキによって剥離する
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 170
around three o’clock: あれは三時ごろだったろうか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
at eighty-three: 齢八十三の
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 138
three tumbrils faring away with their dread loads over the hushing snow: 囚人護送馬車が三台、恐ろしい荷物を満載して、静まり返った雪の上を進んで行く
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 175
be closer to three hours away: 三時間近くある
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 50
two-three weeks back: 二、三週間前
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 346
get a hit once out of every three times at bat: 三打席一安打だ
a guy who is eighty-three: 八十三にもなって
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 144
what’ll those three rascals be up to next: あの三人はいろいろよくやってくれるからねえ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 16
believe the only three valid purposes microwaves serve: レンジの有効な利用法を三つに限定している
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
three hundred dollars or better: 三百ドルを下まわることはない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
This big spade had little red eyes and was wearing a three-piece pinstripe: 大柄な黒人は赤い小さな目をしていて、ピン・ストライプの三つ揃いを着込んでいた
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 190
sound three blasts on her horn: 三度汽笛を鳴らす
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 92
twenty-three years of boisterous, busy, magical family life: あれほどにぎやかで、気ぜわしく、夢見心地ですごしてきた二十三年間の家庭生活
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 136
have been in ... for three years, burning out one’s circuits day by day: (場所に)きて三年、心身をすりへらす日々だった
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 178
But two or three drinks took care of that thought: とはいうものの、二杯三杯とグラスをかさねていくうち、胸のざわめきはしだいにおさまっていった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
He'd only had three beers, but they had hit him hard: ビールを三本飲んだだけなのに、それがいやにきいてしまったのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
sb call three successive bobs: (人の)音頭で立て続けに三回跳ねる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 41
struck out on three called strikes: 三球とも見逃しの三振
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 319
carry three spoils of the day, in wolf-procession, through the streets: まるで狼の行列よろしくという格好で、三個の獲物をかざしながらパリの街々をのし歩く
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
cast sb in three-dimensional relief: (人を)立体的に浮きあがらせる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 32
only three of the most famous chefs in Japan know how to make: 日本でも三人ぐらいの名人しかつくれない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 12
three-year-old child: 三歳児
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 291
have three or four fat chins: 顎は三重四重顎だ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 48
clear one’s throat loudly two or three times: 咳払いを二つ三つする
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 235
climb the three flights: 階段を四階まであがる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 357
run cockeyed to the other three: ほかの三つとは別のほうに動こうとする
give sb just three days to come across: (人に)期限はあと三日だと最後通牒をつきつける
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 34
a commonplace three-storey building: 3階建ての変哲のないビル
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 125
His companions consisted of a crowd of school-children and three nuns: 相客は小学生の一団と三人の尼僧だった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 294
throughout three continents: 世界じゅうの
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 94
three is a crowd: 三人づれでは、やはりデートとは言えない
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 65
now there are seventeen--and three of these damaged: いまは十七隻--うち三隻は手負いだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 229
only three days to go: あと三日だ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 290
in two or three days’ time: 二、三日うちに
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 89
after three days guesting: 三日三晩もてなしたのち
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 34
dead three years now: 三年前に死んだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 41
three desks in varying degrees of scratched walnut: 程度の差はあれ傷だらけのウォルナットのデスクが三つ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 11
On the first day, no one followed the three deserters: 明る日には最初の3人につづく脱落者はなかった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 300
He died three days later: ポリーが病院に着いて三日後、父親は息をひきとった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
go off in three or four different directions: 三方か四方に分かれる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 33
At the start of the war, all three had disappeared: ところが開戦と同時に三点とも行方不明になってしまった
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 167
be not disposed of until the clock strike three: やっとそれが通ったのは、朝も三時を打ってからだ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 157
divide one’s kingdom among one’s three daughters: 国を三分する
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 76
be divided into three main sections: 3部門に大別される
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 221
a dribble of ... emerge two or three at a time: (人が)二、三人ずつぶらぶらと出てくる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 284
drink three as fast as possible on an empty stomach: 空きっ腹に三本たて続けに流しこむ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 82
two or three drinks: 二杯三杯とグラスをかさねていくうち
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
two or three drinks: 二杯目のグラスを干し、三杯目のグラスを空にする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
let three days go by without dropping over: 三日にあげず顔を出す
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 98
make straight A’s at ... and graduate three semesters early: 全優の成績をみとめられて三学期くりあげの卒業を許される
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
earns three stars for exclusivity and cost: 格と値段は星三つだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 294
in three easy moves: さりげない三つの仕草で
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 124
at the end of this three-hour “day”: わずか三時間の“昼”がすぎると
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 242
erect three spectacular resorts: 三か所に華々しいリゾート施設をおったてる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 23
fold sth into three even parts: 〜をきちんと三つに折り畳む
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 207
One evening two or three day later,: それから二三日過ぎた夕方、
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 28
every three or four days: 中二日とか中三日で
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 208
expect to stay only about three months: 三ヵ月ぐらいはいっていればすむものとふんでいる
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 87
one’s face unshaven, one look three or four years older: ひげの伸びかけた三つ四つ老けた顔だ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 123
have been in the family for three generations now: 三代目だ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 101
the famous gang of three: 例の三人組
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 17
file three lawsuits: 三件の訴訟を提起する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 152
by the time we’d finished two or three bottles: ビールを二三本飲んだころには
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 31
three-alarm fire: 地震、雷、火事にいちどきに見舞われる
for the first time in three months: 三月ぶりに
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 85
It flapped on three lines in the sunshine and freshening breeze: 陽の光とさわやかなそよ風を受け、三列にならんだ洗濯物は軽い音をたててはためいている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
three flights of dark red-carpeted stairs: 深紅のカーペットを敷いた階段で三階まで通じている
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 98choice
Three more months, Sarah had estimated: あと三か月おそかったら、とセアラは思う
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 95
Tweet