× Q  ?  翻訳訳語辞典
drug

主要訳語: 麻薬(7)   薬(5)   ドラッグ(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
その手の薬
   
be USING DRUGS: その手の薬を飲んでいる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173

ドラッグ
   
the drugs sb take: (人の)やってるドラッグ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 50
go on to use numerous drugs: とてつもない量のドラッグに手を出す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 418
be on one drug or another: ドラッグか何かをやっている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 347

一服盛られる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
麻薬
   
the gangs control drugs: マフィアのビジネスはまず麻薬 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 295
in drug business: 麻薬業界に クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 425
feed a drug habit: 麻薬に溺れる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 91
drug user: 麻薬依存者 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 204
drug trafficking: 麻薬売買 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 137
drug agent: 麻薬取締官 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 194
dead-bang case of drug possession: 麻薬所持現行犯 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 374
麻薬が効く
   
be drugged to some extent: だいぶ麻薬が効いている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 543
麻薬にからんだ
   
big drug bust: 麻薬にからんだ大がかりなガサ入れ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 368
   
taking drugs: 薬を使うなどという行為 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 175
she needed drugs: 薬が欠かせぬ女だった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 556
prescription drug: 処方箋がなければ手に入れられない薬 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
hard drug: きつい薬 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
a kind of dream-haunted drug-daze: 薬のせいで夢とうつつの境目をさまよう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 269
『異境(オーストラリア現代文学傑作選)』 デイヴィッド・マルーフ著 武舎るみ訳
第十五章無料公開中! 詩人でもある著者が、いわく言い難い世界を絶妙な言葉で描き出す。オーストラリア文学界の第一人者であり、毎年のようにノーベル賞の候補にあがるデイヴィッド・マルーフの代表作。

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

truth drug: 自白薬 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 190
feel drugged: うんざりした気分になる カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 120
drug addicts: 麻薬中毒者 グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 107
always drug whoever was on duty: 見張り番を片っ端から薬で眠らせる ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 146
should know better than to drug one’s mind with ...: 〜で(人の)心を毒させたりしてはいけない キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 305
hold one’s breath to keep out the vile, stupefying fumes of the drug: いまわしい目のくらむような麻薬の煙をなるべく吸わないようにする ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 164
one’s drug-suppressed consciousness: 麻酔で鈍った意識 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 200
drug-created dreams: 薬物による陶酔 ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 11
The murders were drug-related: 事件は麻薬がらみです クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 243
a drug which one’s soul finds it impossible to do without: 魂を痺れさす麻薬 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 167
take the drug operation down: 麻薬組織をつぶす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 520
fight the drug consciously and purposefully: 意識的に薬と闘う ル・グィン著 佐藤高子訳 『風の十二方位・グッド・トリップ』(Wind's Twelve Quarters ) p. 181
the drug-rich: 麻薬長者 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 167
No more of the drug agents' gruesome shenanigans: 麻薬取締官たちの陰惨な悪ふざけももうおしまい トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 194
the sudden working of a drug: 麻薬の急激な作用 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 171
ツイート