× Q 翻訳訳語辞典
path   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
たたき
   
gravel path: 石のたたき 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
ふるまい
   
have set out upon the forbidden path: あらぬふるまいにおよびかける 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 45

ルート
   
whole pass: 全ルート ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 130
have selected one’s path to ...: 〜までのルートは決めてある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 249

筋道
   
no real path to one’s conversation: 話に筋道らしい筋道はない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 199
経路
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 272
検死
   
path reports: 検死報告 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
行く手
   
lie across the path of the word: 言葉の行く手をさえぎる マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 147
小道
   
shed a shining path of diamonds: ダイヤモンドの小道をつける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 141
a path of light: ひと筋の光の小道 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 141
針路
   
follow a specific flight path and altitude: 所定の飛行針路と高度に従う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 95
人生の指針
   
put sb on the path: (人に)人生の指針を示す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 140
通過する途中
   
everything in one’s path: 通過する途中のすべて ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 68
   
you cannot hope to shun the path I tread: お前さんもまた私と同じ道を行かなければならない ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 36
The Path to The Way: 悟りに至る道 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 271
the path of one’s usual routine: かよいなれた道 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 366
the path of least resistance: ことなかれ主義の道 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 225
set one’s course down the path of ...: 〜の道をとろうとしている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 225
sb’s erratic path through life: (ひとが)歩んだ曲がりくねった人生の道 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 25
on the path that leads through a little wood to ...: (場所に)むかう雑木林の道で 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 11
intend to cut a new path in ...: 〜で新たな道を模索する構えである ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 37
hardly ever stray from the path of virtue: 正しい道を踏みはずしたことはないと言っていい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 407
cut a path: 道をつける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 140
clear a path of one’s own: 自分の道を切りひらく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 115
bike paths: 自転車道 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 225
along a path: 道筋の ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 125
道の叢
   
stride up a path: 道の叢をゆっくり分け登って行く 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 9
   
come to a little path: 細い路が開ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the base paths: ダイヤモンド
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 262
walk across the base paths: ファウルラインをまたいでマウンドに向かっていく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 128
use one hand to make a path through the crowd to ...: 手で人込みをかきわけながら〜へにじりよっていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
tread through the path of light: 光を浴びて歩く
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122
the gently sloping path: だらだら坂
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 77
sweep the base paths: ベースラインをきれいにする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 335
smooth the path of human exchanges: 人間交流を円滑にする
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 29
skim across one’s path: 行く手をころがる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 7
set one off blind on a path that leads straight to sb: 〜のおかげでこんなところにやってきて、よりによって(人の)手に落ちるはめになってしまう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 106
keeping to the path requires all sb’s attention: 足の方にばかり気をとられる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 220
in the middle of the diamond of the base paths: ベースとベースを結んでできるダイヤモンドのまんなかに
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 128
from the path of learning when one have only just set out on it: これから学問をしようという首途に
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 175
follow the winding path through the grove until ...: 植込の中を一うねりして奥へ上がると〜だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 70
follow the path of honesty: 正直な路を歩く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 253
edge one’s way along the crowded paths of life: 人を押しのけ、突き飛ばして進んで行く
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 10
cut a path through life for oneself: 人生をかき分けて生きる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 205
cross paths fuzzily somewhere deep in one’s mind: ちらりと頭のむこう側ですれちがっていく
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 98
capable of treading the narrow, hazardous path of ...: 複雑な〜の迷路をやすやすと歩むことができる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 83
be cleared out of the path to make way: 死んで場所を譲る
be beating a path to sb’s door: (人を)捜しまわって、訪ねてくる
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 75
balance its course on the winding cliff-path down to the beach: くねくねした崖ぎわの小道を左右にかじをとって浜へ下りていく
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・もの』(Wind's Twelve Quarters ) p. 249
on the base paths after one’s single: シングルで塁に出ると
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 177
dance down the base paths: 踊るようにリードをとる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 176
do not trouble to clear sb’s path: (人の)通り道をじゃまする
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 67
convince even that one is cutting a path through life for oneself: 人生をかき分けて生きているという気さえする
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 205
The path to the hacker must be more convoluted than I suspected: どうやら、ハッカーの接続経路は私の想像をはるかに超えて複雑に迂回しているに違いない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 170
they were the broken twigs along a path that could always be their last: 道筋の折られた小枝--それがいつ彼らの最終の合図になるかわからないのだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 125
be a deliberate stopping, a freezing somewhere along the path of life: 人生のある一点における作為的停止であり、氷結作用である
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 94
path dip and turn: 道が折れ曲がる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 147
The helicopter likewise swung to the right, and dog-like followed his path: ヘリも右旋回して執拗に彼を追ってきた
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 419
come doggedly out of the water and up the cliff-side path: 水から陸へ這い上がると、また強情に崖ぎわの小道を登る
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・もの』(Wind's Twelve Quarters ) p. 249
walk down the path after sb: あとからやってくる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 339
path stretch endlessly upward: 限りなく長い道のり
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 157
the narrow path that follow the wall: 垣沿いの小径
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 439
You followed the same path to and from the body?: 死体への往復はおなじところを通った?
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 28
the path gives a sudden twist: 道がいきなり曲がる
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 35
light-path:光の帯
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 513
along a mountain path: 山ぞいを
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 114
Obediently, Judith turned and went slowly back up the path: 言われた通りに、ジュディスはくるっと回れ右し、上り坂の道をゆっくりと戻っていった
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 192
step out of the path: 小道から外れる
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 13
a light-path out of darkness: 闇にうきあがった光の帯
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 513
faint outline of a path: かすかな径すじ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 155
step around sb quickly, directly into one’s path: 慌てて、〜の前に立ちふさがる
マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 80
the path shakes itself: 道がぐらりと揺れる
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 35
the path shake itself: 道ががくがくふるえる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 32
smooth sb’s path: 根まわしする
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 165
Maybe the start of the path was in Mongolia: そもそもの発端は、モンゴルか、
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 280
stony path: 石ころだらけの小道
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 87blind
traverse the Birch Path deaf and blind to its beauties: 「樺の道」の美しさが目にも耳にもふれない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 47