× Q  ?  翻訳訳語辞典
shame

主要訳語: 恥(5)   恥辱(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
あんまりだ
   
it is a shame ...: 〜とはあんまりだ メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 263
いたたまれない
   
to sb’s shame ...: 〜が(人には)いたたまれない アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 117
しょうがない
   
'A shame really,' he said: 「まあ、しょうがないんですよ」と男は言いました カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 170
まずい
   
it is a shame really: となると、まずい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 511
みっともない思い
   
disruption or shame: 辛い思いやみっともない思い ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 417

悪趣味だ
   
rather a shame to bait old Timothy: 年寄りのティモシーをからかうのはまあ悪趣味だった アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 269
遺憾
   
be a great shame: 遺憾の極みである ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 58
何ともいえぬ慚愧
   
be burning with shame: 何ともいえぬ慚愧が(人の)体じゅうを熱くしている 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 180
恐縮
   
hang one’s head in deep shame: 恐縮して俯く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 98
屈辱
   
the sense of primeval shame: 素朴な屈辱感 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 263
情けない
   
feel shame: 情けない オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 32
惜しい
   
it seems a shame: 惜しいなと思ってさ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 34
疎ましい
   
feel a touch of shame at ...: 〜に疎ましい気持が起る 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 113
体面
   
a sense of shame: 体面のようなもの オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 84
   
traveler discards his sense of shame: 旅の恥は掻き捨て 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 38
to one’s later shame: あとになって恥じたが ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 95
past shame or caring: 恥も外聞もなく 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 273
feel so hollowed by shame: 恥でうちのめされる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 272
be weakened by shame: 恥に打ちのめされる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 276
恥じらい
   
<例文なし> タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 76
恥じ入る
   
without the need for shame or deference to others: 恥じ入ったり恐縮したりすることなく 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 98
恥ずかしさ
   
horrible wave of shame: いてもたってもいられないほどの恥ずかしさの波 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
feel a momentary quiver of shame and unease: 恥ずかしさと不安で、(人の)身体はぞくりとふるえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
恥の感覚
   
a selfish shame: 利己的な恥の感覚 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 18
恥をかかせる
   
shame sb: (人に)恥をかかせる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 110
恥辱
   
will never know any relief from shame: 恥辱から永遠に抜け出すことができない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
heat of shame rushes up on sb: 恥辱で全身が熱くなる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 230
feel all the old shame: かつての恥辱を、そっくりそのままひしひしと感じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 572
不運
   
the real shame is that ...: 〜が不運ってやつだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 556
面目
   
bring shame to ...: 〜の面目にかかわる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 56
忸怩たる意識
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 274
忸怩たる思い
   
it seems a shame to betray the boy’s trust: 若者の信頼を裏切るのは忸怩たる思いだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 298
羞恥
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 383
羞恥心
   
sb have no shame: 〜にはかけらほどの羞恥心もない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 67

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

shame sb: (人は)自分がどんなに小さな人間かを思い知らされる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 265
shame oneself: 不面目をしでかす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 184
shame on me: これはお恥ずかしい ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 49
sb’s ugly shame: (人の)そういうみっともなさ 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 80
oh shame: まあ、もったいない デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 274
it’s shame: あんまりよ レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 164
damn shame: なにをいう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 238
be shamed by: みっともない 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 165
... shame sb: 〜には恥じ入るばかりである フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 264
you’d probably put an old pro like sb to shame: 君は専門家はだしだな 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 65
yes, terrible, such a shame: いやいや、ひどい話だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 289
won’t be shamed entirely with sb: (人の)前で恥をかきたくない フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 222
what a shame it is that ...: 〜なんて実にもったいない ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 189
take it on one’s shoulders, holus bolus, blame and shame: 咎めも不面目もなにもかも引き受ける スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 253
it seems such a shame to interrupt ...: ごめんなさい、せっかく〜なのに ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 154
it is a shame ...: 〜は因果な話だ ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 60
it’s a shame to do: 〜するのはもったいない フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 134
it’s a damn shame: けしからんではないか ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 149
it’s a damn shame: なんだかくやしい 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 141
have no shame begging for ...: 恥ずかしげもなく物乞いをする フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 423
duck to hide one’s shame: 恥ずかしい思いをしたときにもぐりこんで隠れる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 332
bring shame to this ancient city: この由緒ある町の名前に泥を塗る フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 355
be in a constant state of shame over ...: 〜が恥ずかしくてしかたがない フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 344
a vague shame afflict sb: 後ろめたい思いをする レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 6
Afterwards I am full of Catholic shame but also curiosity: 事のあと、わたしはカトリック的な恥で、それに好奇心でいっぱいになり、・・ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 164
it is almost a shame: 惜しいなあと思う 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 11
indirectly cast shame on ...: 〜を目の前にして〜は反省させられるところが多い サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 319
cast aside shame and vanity: 恥も見栄もなく 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 135
'It's a dam shame' cries Rick, while the baroness composes herself: 「まったくひどいものだ」リックが声を大にし、男爵夫人は気を取り直す ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 175
it is a damn shame ...: つくづく運が悪い ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 16
there is no reason that the future should be so full of shame: 前途にはただ恥辱あるのみときまっているわけでもあるまい ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 183
be seen to grow pallid with shame or horror: おもわず恥か怖れのため蒼白になるのが見られる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 208
so much more penetrating than Benedict’s superficial view concerning shame: 恥についてのベネディクトの皮相的見解に比し、何とまた深い省察であろう 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 57
weep all one’s shame and remorse and disappointment into one’s pillows: 枕につっぷして恥も後悔も失望も思いっきり涙に替えて泣く ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 142
with all that shame and pity: 恥ずかしさとすまなさのために アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 214
put aside all shame and fastidiousness: 恥と不愉快を忍ぶ 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 214
Shame and anguish, the same venomous mix, rose in him once more: 恥と痛み、あのおなじみの有毒なミックスがまたしても心の中に湧き起こった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 92
ツイート