× Q 翻訳訳語辞典
sometimes

主要訳語: どうかすると(3)   ときおり(3)   ときには(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
〜ことがある
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 220
〜することがある
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 116
〜することもある
   
Sometimes makes my marriage uncomfortable: それが家庭争議の種になることもあるがね ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 299
〜することもあるもんじゃよ
   
Sometimes a fella got himself into a spot: 人間、困った立場に追いこまれることもあるもんじゃよ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 218
〜することもしばしばである
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 203
〜という例もある
   
〜によっては
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 7
〜も珍しくない
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 250

ある
   
sometimes you lose: 敗北もある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 382
あるいは
   
sometimes do, sometimes do: あるいは〜し、あるいは〜する スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 42
あるときには
   
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 54
あるんです
   
sometimes I think ...: 〜だと思うこともあるんです トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
ある時は
   
Sometimes, he would suddenly get up and leave our company without a word: ある時はふいと起って室の外へ出ました 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 201
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 218
いささか
   
sometimes annoy sb: (人は)いささか辟易させられる アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 20
いつも
   
It was not as bad as sometimes: これはいつもよりましだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 123
えてして
   
<例文なし> クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 26
しばしば
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
するいっぽう
   
sometimes ..., other days ...: 〜する一方、日によって〜 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 213
することが
   
sometimes ...: 〜することがある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 86
ただ
   
sometimes if you’re lucky: ただ、運がよければ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 140
たまには
   
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 122
ちょいちょい
   
Sometimes, you used to look at me discontentedly: あなたは物足なそうな顔をちょいちょい私に見せた 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 147
ちょくちょく
   
つい
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
ついつい
   
Sometimes his voice shook when his heart was pounding hard like this: こんなふうに心臓がどきどきするとき、ブライアンの声はついついふるえてしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
ときおり
   
Sometimes, as he drove, a trepidation gripped him: ハンドルをにぎりながら、彼はときおり強い不安にとらわれた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 250
Sometimes a girl just disappeared in the field, sample case and all: ときおり仕事中の女の子がサンプル・ケースごと姿を消してしまうこともあった カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 173
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
ときたま
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 6
ときとして
   
Sometimes in life, things just happen: 人生ではときとして、思いがけぬことが起こる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 65
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 266
ときどきある
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 15
ときに
   
It's loving the living which is sometimes a bit of a problem: それよりも、ときに少々厄介なのは、生きている人を愛することだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 134
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 462
ときには
   
Sometimes it's good to talk about it: ときにはおなかの中にあるものを出してしまうべきなんです カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 331
Sometimes I even say him: 'my father.': ときにはほんとに、「親父さん」とよぶこともあった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 153
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 128
どうかして
   
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 162
どうかすると
   
Three a day for him, sometimes: どうかすると一日に三回も ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 215
its tireless adaptability and tenacity draw my astonished admiration and sometime even my tears: その適応性や根気強さには驚く他ないし、またどうかするとそのために涙ぐみさえする リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 78
<例文なし> ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 135
どうかすると〜することがある
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 258
まま
   
it sometimes happens: ままあることでしてね メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 208
ままある
   
sometimes: ままある ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 292
ままあること
   
<例文なし> クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 83
めずらしくない
   
sometimes: めずらしくない ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 93
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
めずらしくはない
   
sometimes become suicidal: 自殺行為に結びつくこともめずらしくはない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 209
よく
   
Sometimes he did that, just for a night's peace: よく一夜の平安を得るだけのためにそうする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 192
as sb sometimes call it: (人が)よくいう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 200

或時は
   
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
往々にして
   
Sometimes there are more important goals than the one that is visible: それに、眼に見える目的地よりもっと大事な目的地がいっぱいある場合も往々にしてあるという プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 402
it can sometimes happen if sb do ...: (人というのは)往々にして〜するものだ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 82
往々にして出てくる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
何度か
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
間々
   
sometimes granted: 間々許される ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 17
時々
   
one is sometines not above doing: 時々〜する事がある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
時たま
   
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 22
時として
   
These investigations of brokerage houses are sometimes most unpleasant: 証券会社や商品取引会社に対する捜査は、時として最高に手厳しいものになる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 125
But sometimes I would notice a shadow cross his face: けれども時として変な曇りがその顔を横切る事があった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 19
時とすると
   
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 120
時には
   
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 105
時によっては
   
sometimes it would help: 時によっては、〜でけっこう励まされていた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 569
時によると
   
But sometimes I was inclined to regard his reserve unfavorably: 時によると、またそれを悪くも取った 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
時もある
   
<例文なし> 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 11
場合によっては
   
sometimes that is the case: 場合によってはそのためにこそということもある プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 139
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 362
俗に
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 203
例だってある
   
..., sometimes: 〜する例だってある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 171

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sometimes get ...: 〜になっちゃう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
sometimes do ...: 〜することもあれば、〜することもある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
sometimes ...: 〜することもある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 128
sometimes ...: 〜することもめずらしくない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 101
sometimes ...: 〜できるときだってある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
sometimes ...: 〜ということもある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 246
sometimes ...: どうかすると〜ときがある
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 182
sometimes ...: よく〜したりする
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 39
sometimes ...: 場合によっては〜することもめずらしくない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 191
what is sometimes known as ...: 知る人ぞ知る〜なるもの
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 160
sometimes try too hard to be mysterious: 自分を謎めいた存在に見せようとする妙な癖があるようだ
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 162
sometimes I have thought that ...: いろいろ考えてみましたけれど
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 215
sometimes ..., sometimes ...: 〜でもあり、〜でもある
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 14
sometimes ... take one’s toll: 〜はそんなに簡単に消えてなくならない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 341
sometimes ... and sometimes ...: 〜することもあるし、〜することもある
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 186
occasionally ..., sometimes ...: ときとして〜だし、〜することもある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 473
must sometimes want to do: 〜したいのでしょう
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 23
it is harder sometimes to get ...: 〜となるとなかなかお目にかかれない
it is a sometimes funny, okay little book: そこそこ笑える、罪のない、よく書けた軽い読み物
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 69
even if sb sometimes do ...: ただし(人は)〜してしまうこともある
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 151
sometimes among beds of weeds: ときどきは水草のびっしり生えたところにはいり込み
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 105
sometimes among beds of weeds: ときには水草のしげみをわけ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 96
Too soon or not, she needed company sometimes: はやすぎようとすぎまいと、たまには相手が必要だった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 477
forget how easy sb heal, sometimes: (人の)傷が以外に早く癒えるってことをつい忘れがちだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
sometimes it’s just as you would expect: いかにも公式どおりの組み合わせも時には見つかる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 250
sometimes have the feeling that ...: 〜という気がしないでもない
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 7
life can sometimes be grand: 人生というやつも、ときには粋なはからいをしてくれるではないか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 112
it is real hard to know how to be helpful sometimes: 情けが仇
impressions help sometimes: 勘も馬鹿にならないことがある
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 100
He didn’t talk very much; indeed, sometimes when I heard him make some remark it was like hearing a person’s voice for the first time.: ほとんど口をきかない人であった。ときたま彼の声を聞くと、なんだか初めてきく人の声のようにひびいた
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 9
This sometimes irritated him, but not today: そう呼ばれるとノリスはときどきカリッとするが、今日ばかりはへいちゃらだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 112
be sometimes jealous or sharp with sb: ときに嫉妬をむき出しにし、辛辣な言葉を投げつけてくる
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 422
lend oneself sometimes to a scandalous appearance: 〜ででも時にはひどく悪辣な人間にされかねない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 102
It would seem that my mother-in-law sometimes complained about me to my wife: 妻の母は時々気拙い事を妻にいうようでした
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 267
pretty nutso sometimes: ときどきちょいと頭が飛ぶ
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 112
sometimes a preconceived opinion will make us overlook the obvious: 人間には先入主観が気づかぬうちに働いて、そんなことはわかりきったことだと素通りすることがある
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 186
the sort of show that sb will sometimes put on for ...: (人が)〜のためにときどき用いる手
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 153
She can be very snotty sometimes: ときどき彼女は、とても意地悪になることがあるんだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 259
it is a sometimes-dangerous place: 治安はそんなによくない
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 111
how staunchness is sometimes the better course in dealing with thorny international problems: ときには信念を貫きとおすことが困難な国際問題を処理するための
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 421
They still love me, though it's harder sometimes to get direct evidence: 今も父親のわたしを愛していることに変りはないが、形のある証拠となるとなかなかお目にはかかれない
'Rather a difficult position sometimes' she suggested: 「まあいってみれば難しい立場なんですね?」と助け舟を出した
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 89
have sometimes yielded to uncontrolled weeping: ひとりでめそめそ泣く
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 92
be very unwise sometimes in the things one say: ときどきとんでもない軽率なことをいう
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 62
sometimes wonder about sb’s sense of humor: あのユーモア感覚にはときどきついていけなくなる
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 281
Yes, I think sometimes they are: できる。できるときだってあるんだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
Sometimes people need encouragement: 人間にはきっかけが必要な場合もある
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 347
Sometimes, believe me, we even saluted each other: じつはおれたち、とぎどき敬礼し合うこともあるんだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 174
Sometimes I recognized a refrain--Siegfried's horn: リフレインの部分では--たとえばジークフリートのホルンの部分--わたしも、あ、あの曲か、とわかることがあった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 149
ツイート