× Q 翻訳訳語辞典
intimate
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
いとしい
   
sb’s heart’s gallery of intimate portraits: (人の)心に描いていたいとしい肖像画の画廊 オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 137
くつろげる
   
this is about as intimate a situation as you can get: これほどくつろげる機会なんて、そうそうあるものじゃないぞ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 109
なまめかしい
   
intimate gifts for women: なまめかしい土産物 阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 99

愛人
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 409
一体化した
   
become intimate with danger: 危険とぴったり一体化する オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 180
近付
   
become intimate with sb: (人と)近付になる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
言わずもがなの
   
reveal every intimate detail: 言わずもがなの細部まで話す 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 118
懇意
   
be intimate friends: (人と)よほど懇意だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
自分の
   
an intimate secret: 自分の秘密 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 29
身辺の
   
volunteer intimate information: 自ら進んで身辺の情報を提供する カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 30
仲がいい
   
households parents are never intimate: 両親の仲がいい フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 94
内輪だけの
   
in an intimate setting: 内輪だけの場で トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 154
肉親じみた
   
laugh in an intimate voice: 肉親じみた声でわらう 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 155
肉体関係はある
   
Yes, they had been intimate: イエス、肉体関係はあった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 214
腹を割った
   
two brothers’ intimate conversations: 二人の兄弟の腹を割った会話 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 589
密接な
   
intimate interaction: 密接な関連 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 322
立ち入った
   
spend one’s whole time asking intimate questions of perfect strangers: 見ず知らずの他人に向かって立ち入った質問をしてばかりいる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 99
和気あいあいの
   
an intimate party: 和気あいあいの会 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 7

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

inappropriately intimate thing: なれなれしすぎる行動
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
be too intimate: なれなれしすぎる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 363
sb with whom one is on intimate terms: 親しく附合っていた(人)
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 99
one’s intimate knowledge of police business: 刑事稼業の裏表
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 53
let one’s condition plead for sb, intimating who have caused it: (人の)仕打ちを訴える
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 56
intimate friend of the Manettes: マネット家の親しい出入り
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 256
intimate form of address for sth: 〜の省略形
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 79
have an intimate friendship with sb: 〜と親交を持つ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 173
enter the smaller and more intimate room: 小さいほうの、人目のすくない部屋にはいる
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 27
come under such intimate scrutiny from outsiders: お客様が長時間手にとり、しげしげと眺められる
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 191
become so much more intimate with sb than before ...: 〜前より、これだけ親しみの度が増す
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 93
be shaping into a small, intimate place: 小ぢんまりした店になりそうだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 82
be on intimate terms with sb: (人と)懇意になる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 158
be not on intimate terms: 日頃附合いのない
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 123
as though an intimate secret has been brought to light: 自分の秘密でも見つけられたように
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 29
share intimate disheartening confessions in hushed tones: 気の滅入る告白をひっそりわかち合う
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 163
sb’s intimate knowledge of my own: 僕の胸の中を完全に見抜いている
Soon they were intimate enough to joke together: 幾何(いくばく)ならずして冗談を云う程の親みが出来た
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 152
He leaned closer to the strange, intimate smell of her, to catch her whisper: もっとよく聞こうと、スターンは彼女の常ならぬ親密な香りに顔を近づけた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 173
ツイート