× Q 翻訳訳語辞典
written
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
文書
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 203
文書による
   
written instructions: 文書による指示 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 269
written approval: 文書による許可 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 17

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

written word: 活字
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 139
written word: 書物
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 349
written evaluations: 評価文書
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 319
closely written documents: 細かい字のぎっしりつまった書類
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 156
a written report: 書き綴ったもの
the usual form for written explanations: 始末書の形式
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 160
sb’s real memories and the written and filmed accounts what have happened in sb’s life: (人の)現実の記憶と、文章や映画に描かれた出来事
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 545
a detailed written description of the circumstances in which ...: 〜の事情を詳しく書いた文書
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 197
have something written across the back: 裏に字が書いてある
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 351
disappointment is written all over sb’s face: (人の)顔が失望の色に変わる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 219
the characters so neatly written along the ruled lines: 几帳面に枠の中にはめられた字画
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 140
In an anemic VW van with PEACE, LOVE, LIGHT written on the side: 「平和、愛、光」と書きなぐったおんぼろのフォルクスワーゲンのミニバスに乗っている
as it was written: 手を入れていない
have written some fiction when he isn’t in a blue funk: 冴えない生活のあいまに小説を書きためる
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 3
be carefully written on ...: 〜に〜がちゃんと書いてある
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 150
be written in a curious formal hand with large characters: すべて大文字で書かれた妙にあらたまった印象の筆跡で
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 42
the feelings and circumstances of the people who had written them: その筆者の気持や立場
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 202
can smell criminal written all over sb: (人の)目には(人の)身体中に「犯罪者」という文字がべたべたと書きつけられているみたいに映る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 132
Sensei had kindly written I decided, in reply to my letter: 先生はただ親切ずくで、返事を書いてくれたんだと私は思った
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 60
with at first only a slightly distrustful hesitancy written on it: はじめそこにはいぶかしげな逡巡だけがある
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 181
be written entirely for sb’s amusement: まさしく(人を)喜ばせるために書かれたものだ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 126
be written on one’s face: (人の)顔に〜が刻まれている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
show in the satisfaction written on one’s face: 得意満面だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 45
it’s written all over sb’s face: (人が)そんな顔つきをしている
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 230
the letter is so magnificently and gorgeously written: その手紙の堂々たる風格は、少々場違いの感がある派手なものである
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 11
see sb’s name written in a restrained hand: (人の)名がつつしんだ字で書いてある
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 137
a man whose honesty is written on one’s sleeve: 善良さまるだしの男
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 295
But how could Makiko have written to him with hostility?: しかし槙子が、どうして悪意でこれらを書くことが考えられよう
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 372
In this case the rule of the new game will be informally written in Europe: いずれ実質的な新ルールがヨーロッパの国々によって書かれることになるだろう
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 96
the words sb had written before killing oneself: (人の)死ぬ前に書き残して行ったもの
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 274
generally left no written document unturned: 書類はだいたい調べつくした
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 98
the characters neatly written between vertically ruled lines: 縦横に引いた罫の中へ行儀よく書かれる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 138
I am sorry to have written so many rude things: いろいろ長々と失礼な事を認めて参りましたが
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 48
written in sb’s spidery, neurotic script: 神経質な(人の)手による
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 59
send short notes written on postcards: 短い葉書を書く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 105
be often written: あちこちに書かれる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 290
there’s malice written all over that face: 悪意がこの絵に露骨に出ている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 195
What was written there did not please him: 内容は感心しない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 123
Usually it was harmless and written off as some hacker's prank: ほとんどの場合、実害はなく、ハッカーの悪気のないいたずらで一件落着である
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 22
written in small print: 小さな字で〜が印刷してある
Xeroxes of letters sb have written in reply: (人が)出した何通もの返信のコピー
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 222
be sincerely written: 真摯に書かれる
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 255
I told him it seemed like Bert had written it: そして、バートが書いたものらしいと説明した
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 119
one’s name will not ever be written up: 絶対に書かれっこない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 158
sb had written ...: (人の)筆跡で〜と書きこまれている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 16
ツイート