× Q 翻訳訳語辞典
strident   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
くってかかるような
   
a strident tone: くってかかるような調子 安部公房著 ソーンダーズ訳 『他人の顔』(The Face of Another ) p. 104
けばけばしい
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 177

言葉が過ぎる
   
"I'm sorry if I've been a little too strident" she said: 「言葉が過ぎたら、ごめんなさい」エリーは言った セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 77
耳に障る
   
in the same strident inflammatory tones: 耳に障る、喧嘩腰の口調で アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 224
絶叫調
   
sound so strident and sanctimonious: いささか絶叫調すぎるし、殊勝ぶっていすぎるきらいがある クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 192
鼻につく
   
insistent and even strident modernity: あらゆる面でモダンを志向し、時にはそれが鼻につきさえもする ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 36
不快な
   
a strident off-pitch ring: 不快な調子はずれのベルの音 ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 23
目に立つ
   
But in the kitchen the signs of incompleteness are too strident: だが、キッチンばかりは、未完のしるしがあまりに目に立ってそれができない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 117

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

strident voice: だみ声
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 111
to sb’s strident disapproval: (人に)厭味をいわれる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 354
in strident conversational turn: 声変わりのした声を張り上げている
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 8
proclaim everything in the same strident inflammatory tones: 何を言うにも、耳に障る、喧嘩腰の口調で物を言う
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 224
the strident voices of loud-speakers would order the students to take shelter: 拡声器のだみ声が、学徒の待避を命じた
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 111
ツイート