× Q 翻訳訳語辞典
shade
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
かげ
   
in the blue shade of the forest depths: 林の奥の薄青い木陰 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 163
かばう
   
shade one’s eyes from the sun: 太陽から眼をかばう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 26
すこしばかり
   
one’s voice sounds a shade querulous: (人の)声にすこしばかり不平がましいひびきがまじっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 346
やや
   
a shade haughtily: やや得意げに マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 45

シェード
   
shade drop: シェードがバタッと閉まる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 285
draw the shade: シェードをひきおろす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130

陰気な空気
   
step into sth’s shade: その陰気な空気に触れる 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 185
   
put sb in the shade: (人の)影を薄くする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 49
begin to fill with deepening shades of gray: しだいに色を深めていく灰色の影にすっぽりとおおわれてしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
手をかざす
   
shade one’s eyes at ...: 額に手をかざして〜を見る ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 110
shade one’s eyes: 眼に手をかざす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 144
手心を加える
   
shade games: 判定に手心を加える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 290
心なし
   
be a shade paler: 心なし青味をます ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 303
心なしか
   
her voice a shade lower: 心なしか声をおとす クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 62
調
   
pastel-shaded: パステル調 フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 6
濃淡
   
shade of darkness: 闇の濃淡 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 82
薄暗い
   
in the shaded light: 薄暗い光のなかで デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 136

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

variation of shade: 濃淡の差
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 145
shade one’s eyes: 手で太陽をさえぎる
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 118
blackout shade: 防空用暗幕
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 34
shade the sides of one’s face with one’s hands to cut the glare: 両手で顔をつつみこむようにして反射光をさえぎる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
shade one’s eyes with one hand: ひたいに手をかざす
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 135
shade one’s eyes with one hand: 小手をかざす
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 128
its precise shade of meaning: その意味合い
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 27
grow dark in the shade: 暗く陽かげる
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 47
give their shade to the lions: 獅子を隠す
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 39
be keenly interested and just a shade jealous of sth: はなはだ興味もあり、〜もいささか妬ましくて
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 391
be heavily shaded with ...: 〜で塗り潰されている
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 144
a tasteful shade of cream: 瀟洒なクリーム色
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 171
a surprising shade of blue and green: ブルーともグリーンともつかない、どきっとするような色
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 386
a shade of vexation is passing over sb’s face: 一瞬まごついた表情をうかべる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 144
a shade of vexation is passing over sb’s face: 苛立ちに顔をちらりと曇らせる
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 154
find oneself in the shade of tree: いつのまにか木陰に入っている
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 9
good shade: 心地よい陰
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 28
head for the shade: 日陰に横になる
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 149
beasts of every imaginable shade: 思いおもいの色の毛皮に包まれた獣たち
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 29
a shade-tree mechanic: 機械いじりが得意だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 492
walk queasily in the shade: 少し酔いに足を取られながら日陰を歩く
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 122
ツイート