× Q 翻訳訳語辞典
helpless   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
すがるように
   
look sb, helpless: すがるように(人を)見つめる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 85
ただ〜するばかり
   
be helpless and bewildered: ただまごまごするばかりだ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 208
どうしようもない
   
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 127
どうする事も
   
be sitting here now, helpless: どうする事も出来ない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 96
なすすべはない
   
We're helpless so we must depend on you: われわれになすすべはない、だからきみだけがたよりなのだ アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 229
なすすべもない
   
can only do, helpless: 〜する以外になすすべもない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 121
なすすべもなく
   
lay helpless and ridiculous one’s nose deep in the ditch: なすすべもなくぶざまにも鼻面を深く溝に突っ込む セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 17
ひとりで
   
be helpless with pain: ひとりで苦しがっている オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 174
よるべない
   
helpless woman: よるべない女 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 105
exploit helpless girls: よるべない女を食いものにする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381

果てもなく
   
force sb to veer in helpless circles: 〜をぐるぐると果てもなくひきまわす アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 16
顔色を失う
   
be helpless in the face of ...: 〜の前で顔色を失う アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 48
遣る瀬ない
   
helpless look in sb’s eyes: (人の)眼の中の遣る瀬ないような色 谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 17
困惑したように
   
helpless shrugs all around: 全員が、困惑したように肩をすくめた オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 224
仕方なく
   
Helpless, Suguro picked up his cup: 勝呂は仕方なく盃をだした 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 234
自分じゃできない
   
helpless type: 自分じゃできないタイプ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 381
手だしができない
   
The Hard Ones were helpless as long as she was in the rock: 彼女が岩の中にいるかぎり、硬属は手だしができない アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 233
手のつけようがない
   
be helpless with pain: 苦しがって手のつけようがない O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 240
処置なしだ
   
be helpless: 処置なしだ モーム著 大岡玲訳 『月と六ペンス』(The Moon and Sixpence ) p. 236
情ない
   
feel a helpless sadness: 情ない悲しい気持になる 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 98
心細い
   
look rather frightened and helpless: (人の)顔がいかにも心細そうだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 118
脆い
   
be pretty helpless creatures: 脆いものだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 64
絶望的な
   
an utterly helpless feeling: どうしようもなく絶望的な気分 バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 243
変に
   
in helpless indignation: 変にいらいらする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 179
無縁
   
inside one be alone and helpless: 内心は孤立無援なのである 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 28
無抵抗の
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 150
無力感にとらわれる
   
He stopped, momentarily helpless: 一瞬、無力感にとらわれて彼は言葉をうしなった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
頼むに足りぬ
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 418
力がない
   
be soft and helpless: ふにゃふにゃしていて力がない ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 187
憐れっぽい
   
sound rather helpless: あんな憐れっぽい事をいう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 135
茫然として
   
be left behind alone, helpless as a lost child: 後に茫然として取り残される 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 148

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I’m just helpless: そうしなくちゃ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 33
helpless cynicism: 冷笑と懐疑
fell so helpless: なんのことかさっぱり分からない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 349
feel helpless: どうしていいのかわからない
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 140
feel helpless: 無力を痛感する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 71
feel altogether helpless: とても心細くなっている
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 108
caught in a helpless situation: 仕方なく
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 16
be helpless: (人の)不甲斐なさ
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 50
be completely helpless: 手を束ねて見ていなければならない
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 59
walk out of ..., full of fury and hatred, and feeling helpless: 行き場のない怒りと憎しみで胸をいっぱいにして、〜をあとにする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 423
take helpless note of whatever one see: 現状を現状のまま受取る
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 164
only look at sb in a helpless frightened sort of way: ほとほとおびえきったようすで、ちらとこちらを見るきりだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 85
make sb feel helpless: (人)をして無力の感を抱かしめる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 209
come to feel helpless: 頼りない感じが湧いて来る
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 103
be obliged to lie back, limp and helpless in the chair: 椅子のうえにぐったりとのびてしまう
be obliged to lie back, limp and helpless in the chair: 椅子の上に、ぐったりのびてしまう
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 26
be obliged to lie back, limp and helpless in the chair: 椅子の上にぐったりとのびてしまう
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 26
be helpless alone, abandoned by everyone: 誰からも見捨てられ、孤立無援の状態に置かれる
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 442
be helpless with laughter: 笑いすぎて、もう止まらない
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 81
aware of how vulnerable, how helpless he must look: おどおどと途方にくれたような自分の表情を意識しながら
レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 105
a pitifully helpless thing: 吹けばとぶような存在
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 132
feel helpless against it: どうしていいかわからなくなる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 480
give a helpless-looking shrug: 処置なしだといわんばかりに、肩をすくめる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 263
He knew it, but he was helpless to do anything about it: 自覚はしていても、キートンはそれをどうすることもできない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 222
be utterly fucking helpless: 情けないほど無力だ
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 106
ツイート