× Q 翻訳訳語辞典
wearing
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
付き合って気疲れさせられる
   
that wearing alertness: あの付き合って気疲れさせられる警戒心 ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 93

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

wearing only one’s underwear beneath one’s coat: 下着の上には直接コートをはおり
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 39
This big spade had little red eyes and was wearing a three-piece pinstripe: 大柄な黒人は赤い小さな目をしていて、ピン・ストライプの三つ揃いを着込んでいた
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 190
be wearing blue: 制服を着ている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 211
to one sb be wearing lead boots: 〜にとっては、(人は)できれば抹殺したい存在だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
wearing only a thin white cotton cloth: 薄っぺらな木綿の白布一枚をまとっただけで
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 83
wearing conservative clothes and makeup: 衣装も化粧も地味で
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 196
be wearing Indian clothes: インディアンの服装をしている
小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 20
enjoy wearing good clothes: おしゃれの〜
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 151
come back wearing an exceptionally unpleasant mood: これまでになく荒れて帰宅する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 144
be wearing a dejected expression: うちのめされたような顔をする
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 92
Dispassionately he observed the beautiful outfit she was wearing: 醒めた目で彼女のまとっているりっぱな服をながめた
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 438
wearing white ducks and blazers: 白いズックズボンに白いブレザー
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 213
be wearing the face of ...: 〜って顔をしてる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 92
a group of men wearing cowls: 修道服を着た一群の人々
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 399
be wearing guns and ties: ネクタイに拳銃という姿で
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
He could tell from the glint that she was wearing hosiery: 脚の光沢からストッキングを履いているとわかった
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 11
wearing impractical high-heeled shoes: 作業に不向きなハイヒールのまま
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 61
wearing scarves, kerchiefs, and improvised makeup: スカーフやネッカチーフを首に巻き、ありあわせのもので化粧する
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 85
one’s manner of wearing it: 着こなし
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 141
notice sb is wearing ...: (人が)〜しているのが眼に入る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 327
the novelty of sth is wearing off: 珍しかった〜が陳腐になる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 62
be wearing one’s white dressing gown: いつもの白いガウンを羽織っている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 39
in the outfit sb is wearing: いでたち
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 218
perhaps she is wearing powder: 化粧をしているのかもしれない
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 24
Ruddy-faced, wearing a seersucker jacket and the same bow tie, he ...: シアサッカーのジャケットを着て先日と同じボウタイを結んだ彼は、血色のよい顔で ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 34
see what sb is wearing: (人の)格好を見る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 28
wearing a short skirt to show off one’s legs: 脚がまるみえのミニスカートをはいている
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 47
be still wearing a smile: 口もとにまだ微笑が漂っている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 385
She was still wearing the long-sleeved blue kimono: 青い振袖のままである
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 208
be wearing a dark suit: ダークスーツ姿で
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 141
He was a thick man, wearing a tweed sport coat: 頑丈な体にツイードのスポーツ・ジャケットを羽織っている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 19
be wearing a tie: ネクタイを締めている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 212
be wearing sth, sth: 〜に〜といういでたちだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 239
I'm wearing a heavy sweater: 僕はぶ厚いセーターを着込んでいた
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 45
be wearing all white: 白づくめの服装で
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 47
wearing ...: 〜姿で
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 102
stop wearing each other out: お互いに疲れるようなことは止める
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 107
be wearing sth: 〜という恰好である
be wearing sth: 〜という服装で
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 63
be wearing down: (人の)調子は下り坂だ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 371
ツイート