× Q 翻訳訳語辞典
nod

主要訳語: うなずく(24)   あごをしゃくる(4)   こくりとうなずく(3)   うなずき(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
あいさつをする
   
sb and sb nod: (人と)(人が)目であいさつをする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 189
あごでさししめす
   
nod forward: 前方をあごでさししめす マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 66
あごでしゃくる
   
nod at where ...: 〜のほうをあごでしゃくる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 62
あごをしゃくる
   
nod towards sth: (何かのほうに)あごをしゃくる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 59
nod towards ...: (〜に)あごをしゃくる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 452
nod carelessly: 無造作にあごをしゃくる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 390
nod at ...: 〜にあごをしゃくる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 168
うなずいてみせる
   
give one’s head a sort of decisive nod: キッパリとうなずいてみせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
うなずき
   
get that much from sb, a nod: 答えはうなずきだけ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 293
friendly nod: あいさつがわりのうなずき クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 536
a strict nod of acceptance: ぶっきらぼうな同意のうなずき ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 242
うなずく
   
smile and nod: にこっとうなずく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 262
slight, somewhat bewildered nod of sb: (人が)なんとなく当惑を隠せずかすかにうなずく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 37
nod yes: うなずいて「イエス」の意を表する タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 183
nod weakly: 小さくうなずく 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 171
nod vigorously: 熱心にうなずく デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 412
nod to oneself: ひとりでうなずく トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 104
nod silently: 何も答えないでうなずく 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 203
nod oneself: ひとりでうなずく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 220
nod one’s head slowly: おもむろにうなずく アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 195
nod one’s agreement: 同調してうなずく ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 20
nod matter-of-factly: あっさりうなずく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 28
nod in agreement: 声を出さずにうなずく 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 120
nod hello to sb: (人に)あいさつ代わりにうなずく グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 88
nod gregariously: 愛想よくうなずく サリンジャー著 野崎孝訳 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』(Raise High The Roof Beam, Carpenters ) p. 19
nod gravely: こっくりうなずく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 224
nod briskly: 力づよくうなずく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
nod attentively: どうぞと大きくうなずく バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 99
nod at one’s astuteness: (人の)冴えた質問にうなずく デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 151
nod a bit: かすかにうなずく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 291
just keep nodding: いちいちうなずいて聞く デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 369
give a nod of surprised recognition: なるほどそうなのかとうなずく 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 5
give a distant nod: 小さくうなずく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 365
give a brisk nod: こっくりうなずく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 428
find oneself nodding: 思わず知らずうなずいている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 260
うんうんとうなずく
   
he nodded and ...: 彼はうんうんとうなずき、... プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 246
こくりとうなずく
   
Ted nods confused by 'the others,' and walks off with the cart: テッド、「連れ」という言葉に当惑しつつ、こくりとうなずき、カートを押して部屋を出ていく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 43
Debbie Sue nodded: デビー=スーはこくりとうなずいた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 167
Cyndi Rose nodded: シンディ=ローズがこくりとうなずいた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 65
こっくりうなずく
   
a nod of admiration: 参りました、というようにこっくりうなずく フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 58
こっくりこっくりする
   
nod over a novel: 小説本をひろげてこっくりこっくりする ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 192
こっくりとうなずく
   
He tipped his chair onto its back legs and nodded: そして椅子をうしろに傾け、こっくりと肯いた カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 48
さす
   
nod toward ...: あごでさす トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 47
しっかりとうなずく
   
She nodded and started telling me about her trip around Manhattan: しっかりとうなずいた彼女は、マンハッタン一周の旅がどんなだったかを話しはじめた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 342
しめす
   
discreet sth that nod toward ...: 〜をそれとなくしめす(物) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 133

意識が遠のく
   
begin to nod: 意識が遠のきかける ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 220
会釈
   
give sb a little nod: 軽く会釈する タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 29
会釈する
   
nod to sb: (人に)会釈する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 406
nod rather than use sb’s name: 黙って(人に)会釈する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 238
顎でしゃくる
   
nod in the direction of ...: (場所)の方を顎でしゃくる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 33
顎で指す
   
nod towards ...: 顎で〜を指す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 258
顎で示す
   
a sympathetic nod to sb: (人の方を)憫れむように顎で示す アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 142
顎をしゃくる
   
with one grim nod to sb: しぶい顔で(人に)顎をしゃくる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 247
軽い会釈をする
   
<例文なし> 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 230
軽くうなずいてつづける
   
She nodded: 軽くうなずいてポリーはつづける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
軽く会釈する
   
nod to sb: (人に)軽く会釈する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 199
肯いて話を聞く
   
<例文なし> カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 167
肯く
   
nod one’s head: こくんと肯く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 308
合図する
   
look at sb and nod as much as to say ...: (人の)顔を見て、〜というように合図する スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 273
合図をする
   
do not quite nod: とくに合図をするというのでもない オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 115
首を縦に振る
   
nod firmly: しっかりと首を縦に振ってみせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 149
首肯する
   
nod vaguely in embarrassment: てれてあいまいに首肯する 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 161
小さくうなずく
   
She nodded even though she was still feeling torn apart inside: 心の中が葛藤の嵐だとしても彼女は小さくうなずいた 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 51
目まぜ
   
on sb’s nod: (人の)目まぜで ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 382
頷かせる
   
nod one’s face forcefully in reply: 顔をふかぶかと頷かせる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 142

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

only nod: 黙ってうなずく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
nod toward sb: (人の)いる方角をあごで示す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
nod to sb silently: 目礼する
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 13
nod to oneself: 合点がいく
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 367
nod to oneself: 上の空でうなずく
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 92
nod one’s head: 頭を下げる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 128
nod one’s approval: 大きくうなずいてみせる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 58
nod one’s approbation: 首肯する
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 197
nod for emphasis: 〜を強調するように、(人は)みずからうなずいてみせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
nod at sb: 〜が(人に)あごをしゃくる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 417
nod approval: うなずく
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 43
keep nodding off: 船を漕ぐ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 213
give a nod: 選ぶ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 33
continue to nod: うつらうつら舟を漕いでいる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 68
a grave nod: ものものしくうなずく
with a parting nod: じゃあとうなずいて
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 33
with a nod at ...: 〜にあごをしゃくる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 324
with a mincing nod: コキザミにうなずきながら
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 212
slowly nod one’s head: のろのろとうなずく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 338
retort with a quick, triumphant nod: 得たりとばかり小さくうなずいて言い返す
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 16
nod to one’s left, in the direction of sth: 左手の、〜の方を顎でしゃくる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 266
nod one’s ponderous approval: こっくりとうなずく
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 27
nod one’s head to ...: 〜に頭をさげる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 165
nod one’s head in agreement: こっくりをしてみせる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 20
nod in vague assent: 曖昧にうなずく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 275
nod forward towards ...: 〜のほうにあごをしゃくる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 312
nod down towards ...: 〜へ顎をしゃくる
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 25
nod a quick little nod: こくりこくりうなずいて見せる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 89
judging by the grave nod of one’s head: 固い感じの首の振り方といい
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 46
greet sb with a nod: (人に)会釈する
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 64
give a sharp little nod: ぴょこりと頭をさげる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 126
give a curt nod: 簡単にうなずいてみせる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 411
give a brief nod: すこしだけうなずいてみせる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 9
feign comprehension and nod in agreement every once in a while: なんとなくわかったような顔をして相槌をうってごまかす
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 108
begin to nod drowsily over the dim page: ぼんやりとかすんで来たページの上にこっくりこっくりやり始める
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 32
be nodding off on sb’s comfortable shoulder: (人の)ふくよかな肩で舟を漕いでいる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 391
a single nod of one’s head: 同意を示すようにこくりとうなずいてみせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 46
ツイート