× Q  ?  翻訳訳語辞典
brilliance
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
すぐれた人材
   
sb’s brilliance is exceeded only by ...: すぐれた人材だが〜が玉に瑕だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 152
まばゆい世界
   
an amazing brilliance: 唖然とするほどまばゆい世界 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 334
まばゆさ
   
by the contrast with the brilliance below: 下のまばゆさに較べ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 98

光り
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 420
才気
   
have a nose for brilliance and character: 才気と人物に確かな鑑識眼をもっている マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 184
<例文なし> 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 209
水際立つたあざやかさ
   
brilliance of sth’s execution: 〜を、それも水際立つたあざやかさで講じる 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 144
鮮やかさ
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 164
抜群の頭脳
   
Agents of Charles's brilliance didn't grow on trees: チャールズのような抜群の頭脳をもった諜報員はそんじょそこらにごろごろしているものじゃない レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 116
優秀さ
   
individual brilliance: 個人の優秀さ サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 200

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

speak with brilliance: みごとに語る 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 259
in the awesome brilliance: 凛然と 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 26
brilliance or wizardry: 天才的なひらめき ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 205
provide the entreprenurial brilliance: 名を馳せる フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 21
its blue brilliance is painfully dazzling: くるしいほど碧く光る 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 40
intense brilliance of the summer sun: はげしい夏の光り 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 396
a sudden lack of brilliance: 突然勘がにぶくなる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 115
brilliance is built into the text: 機知は台本にたっぷり含まれている デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 26
Certainly there was something unusual about this spring's brilliance: だってこの春の花やかさは只事ではないのであった 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 147
sb’s lazy brilliance: 鈍刀の切れ味 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 100
reputation for brilliance: 秀才の誉れ 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 408
ツイート