× Q  ?  翻訳訳語辞典
clarity
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
あざやかさ
   
the sharp clarity of the colors: さまざまな色のあざやかさ オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 50
あざやかに
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 91
ありあり
   
with great clarity recall ...: (人の)脳裏に〜がありありと浮かぶ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 110
きちんとした
   
have clarity of thought: きちんとした判断ができる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 46
まざまざと
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 91
わかりやすい
   
biting wit and clarity: ウィットに富み、わかりやすい デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 67

確信
   
have a hardness and clarity with one: うちに冷徹さと確信を秘める マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 111
冴え
   
His tiredness had given way to a new and mysterious clarity: 疲労が消えて、あらたな、ふしぎな冴えが頭をしめた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 123
浄らかなもの
   
have one’s own peculiar clarity: 一種ふしぎな浄らかなものからできている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 161
鮮烈な
   
the idea have ... arresting clarity: ハートをぐさりと突き刺すほど鮮烈な考え スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
明確な形
   
pitiless clarity: 容赦のない明確な形 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 264
明瞭
   
disconcerting clarity: 唖然とするほど明瞭 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 487
明瞭な
   
clarity of one’s ill feelings: 明瞭な敵意 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 244
明晰さ
   
with remarkable clarity and empathy: 驚くばかりの明晰さと思い入れをもって ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 332

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with the utmost clarity: つぶさに 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 8
in perfect clarity: はっきりと 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 175
has a clarity: くっきりしている 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 213
clarity and openness: 明朗な 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 287
stand out with strange clarity: 実にはっきり見える 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 146
light sth with merciless clarity revealing everything: すべてはっきりさせてやるといわんばかりのむごさもあらわに、〜をあざやかに照らしだす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
call out with particular strength, still retaining one’s clarity of tone: 力をこめて朗々とよみあげる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 78
one’s eyes acquire a deeper clarity: (人の)瞳がいつの間にか奥深く澄んでくる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 89
see him with crystal clarity: 一点の曇りもなく、明瞭に、神の姿を見る セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 273
The very clarity of the twilight sky only made the scene more dismal: 昏れのこった空の澄明さが、それを一層寂しげに見せた 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 86
endless clarity of the sky: あくまで澄みきった空の色 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 45
sb explains the whole thing with such marvellous clarity that it leaves even more uncertainty in one’s mind: (人)からあまりに明快な説明をされると、逆に釈然としないものが心に残る 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 163
have the imperative clarity of a hunch: 直感のそなえる厳とした明快さを持っている ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 88
the emotion latent in sb’s first poem beneath its clarity and openness: (人が)はじめに吟じた詩の、いかにも明朗な詩句のかげにある若者の憤死の感情を 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 287
reveal with clarity: 明確な形をとる 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 264
ツイート