Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
match
▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
いい人
   
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 254
なじむ
   
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 227
ぴったり
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 438
ぴったり合う
   
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 425
もってする
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 406
よく似合う
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117

マッチ
   
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『どんぐりと山猫』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 17

   
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 9
縁談
   
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 191
気づく
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 338
喧嘩
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 152
見合う
   
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 36
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 297
互角にやってのける
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 527
合致
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 76
試合
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 108
似かよっている
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 98
似ている
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
取り組む
   
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 209
勝負
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 195
相応のことをする
   
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 72
揃う
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 104
太刀打ちする
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 417
対する
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 14
男女
   
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 418
張り合う
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 402
辻褄が合う
   
谷崎潤一郎著 サイデンスティッカー訳 『細雪』(The Makioka Sisters ) p. 22
敵う
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 103
同じである
   
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 57
突き合わせる
   
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 146
発見する
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 200
比較検査
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 104
比肩する
   
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 219
負けない
   
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 189
劣らない
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 286

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

wrestling match: 肉弾戦を演じる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 252
whole shootin’ match: 何もかも トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 178
rarely match: 逆立ちしてもかなわない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 51
match ...: 〜といい勝負だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 336
I’m no match for you: 参った 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 165
gotta match sb: なにせ、(人に)肩を並べたい一心なんだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 183
be exactly matched: 正確に対をなしている リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 59
a yelling match: 派手なわめきあい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
to match intellects with sb: (人との)智恵くらべ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 210
there was a big pushing and shoving match: 大勢でもみ合いとなった ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 163
there is a general contest to match ...: 〜に負けてなるものかと、みんなが競争しているみたいだ カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 59
socks are folded into matching pairs: 靴下がきれいにそろっていて、間違っても左右ちぐはぐにはくようなことはない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 110
rooted conviction that one be more than a match for any foreigner: 外国人など、たとえ誰だって負けるものか、とでもいったようなたいへんな自信 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 152
prove no match for sb: (人に)歯がたたない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 60
one’s conceitedness is matched by a sentimental streak: 小生意気な反面、感傷的な一面もある 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 39
match up with sth: 〜と較べる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 177
match the arrogant opposition: 負けてはいない フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 171
match offer for ...: 〜に関しては相談に乗る ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 256
match A against B: BにAをあてはめる レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 103
give away a match: 勝ちをゆずる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 194
get into a pissing match with sb: (だれかと)喧嘩する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 115
gain a knowledge of sth none of the others can match: 仲間の誰もがかわない広範な知識を得る 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 129
frightful, mean-spirited yelling matches: すさまじい怒鳴りあい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 261
following the initial shouting match: いさかいは声を荒らげたやりとりで火ぶたを切り スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
do not mach sth: (物)とはうらはらだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 78
do not just match ...: ぴったりどころではない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 190
cannot possibly match it: 逆立ちをしても及ばない 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 327
be trying to match the speed of one’s thoughts: 思考の速度に遅れまいとする アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 44
be too ... to match: 太刀打ちすべくもない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 13
be still no match for sb: まだまだ(人の)ほうが上だ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 195
be set up just right, perfect match: 現物そっくりに作られている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 57
be pleased to be matched against sb: 相手にとって不足はない ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 439
be no match for sb: (人に)かなわない 池波正太郎著 フリュー訳 『秋風二人旅』(Master Assassin ) p. 140
be no match for sb: (人には)とうていかなわない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 250
be no match for sb: (人の)足元にもよれない 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 74
be no match for sb: 勝負にならない 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 95
be no match for anyone really determine to do one harm: 本気で襲ってくる人間がいたらどうしようもない フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 380
be more than a match for sb: (人が)とてもかなうものではない 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 196
be matched and fitted to ...: 〜とぴったり合致する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 392
be matched against sth: 〜と照合する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 272
be an odd match with sb all delicacy and bone: 痩身の繊細な感じのイエギとは好対照である ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 107
be a match for sb: (人に)かなう 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 57
apparently, no match for sb’s intelligence: (人の)知性にはとてもついていけそうにない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 54
ツイート