Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
breakfast

主要訳語: 朝食(7)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
食事
   
yesterday morning one came down for breakfast: 昨日の朝、食事に下りてきた カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 234
   
serve the special New Year’s breakfast on lacquered trays: 正月料理の膳に就く 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 110
朝ごはん
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
朝の食卓
   
breakfast is accompanied by a morning paper: 新聞を読むのは、いつも朝の食卓だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 148
朝食
   
what do you want for breakfast: 朝食は何にする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 47
like sharing breakfast with sb: (人と)朝食をともにするのが楽しみだ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 163
have already eaten breakfast: 朝食は乗る前にすませていた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379
have a breakfast like this: 朝食にそんなものを食べる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 209
eat breakfast together: 朝食を一度に済ます 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 156
at breakfast: 朝食の席で プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 175
after breakfast: 朝食がすむと 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 226
朝食を出す
   
<例文なし> 辞遊人辞書
朝飯
   
clean up for breakfast: 朝飯のかたづけをする 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 196

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

pig’s breakfast: いい加減 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 278
breakfast on ...: 朝食に〜を食べる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 292
do not enjoy a decent breakfast: まともな朝食をとらない ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 188
almost before one have finished one’s breakfast: 朝ごはんがすむやすまずのうちに セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 83
be up and out before breakfast: 朝食抜きで出かける セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 51
just before breakfast is over: 朝飯が終るか、終らないうちに 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 213
come to one’s breakfast: 朝食の食卓に向かう ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 101
one’s breakfast had consisted of the inevitable ...: 朝食は判で押したように〜だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 294
have nothing to eat or drink since breakfast: 朝食をとっただけの飲まず食わずだ 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 262
I do not see how I am going to eat breakfast: あたし何ものどを通らないわ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 290
have one’s breakfast: 朝食をすませる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 177
present oneself at the breakfast-hour: 朝食の席には、姿を現わす ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 30
be not interested in breakfast: 朝食をとる気にはなれない レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 156
I made myself a fat peanut butter and jelly sandwich for breakfast each morning: 毎朝ピーナッツバターとジャムをたっぷり塗ったサンドイッチを自分で作った ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 2
linger over breakfast in ...: 〜でゆっくり朝食をとる ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 149
look like you need breakfast: 朝食がまだという顔だ ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 235
loss of his breakfast to ants: 蟻に奪われた朝食 コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 20
until sb have made sb’s breakfast: (人が)朝食を済ませるまで ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 301
tidy up the remains of the breakfast: 朝食の後始末をする フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 314
one of my early Socratic victories came from a question driven by self-interest: “Why do we have to eat eggs for breakfast”: 私がこうしたソクラテス的問答をちゃっかり利用した初期の例は、「どうして朝食に卵を食べなきゃいけないの?」という質問だった ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 2
spot of breakfast: 朝めしの足しになる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 255
think about ... one would like to have for breakfast: 朝食に〜を期待する フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 30
ツイート