× Q 翻訳訳語辞典
bar   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
カウンター
   
on the bar: バーのカウンターに タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 236
カウンターのところ
   
Bring all this bullshit over to the bar: そのガラクタ、カウンターのところまでもってきてくれ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 234
バー
   
tomcat in a bar: バーでみつけた一夜の男 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 115
the hours the bars are letting out: バーがはねたような時刻 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 525
tend bar: バーを仕切る グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 20
stand-up bar: 立ち飲みバー トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32
sb who tend the bar: バーをやっている(人) スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
leather bar: ゲイ専用バー トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 61
be in the bars: バーで過ごす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 262

   
I'm just trying to hang on to my little warrant officer bar: おれはしがない准尉の位にしがみついてるだけで精いっぱいさ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 130
飲み屋
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
格子
   
have iron bars across their windows: 〜の窓には鉄格子がはまっている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 562
刑務所
   
put sb behind bars: (人を)刑務所に送る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 137
裁判界
   
federal criminal bar: 連邦刑事裁判界 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 192
司法
   
take the bar exam: 司法試験を受ける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 256
bar exam: 司法試験 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 207
遮断機
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 113
酒場
   
proprietress of a bar: 酒場の女主人 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 33
   
local plaintiffs’ bar: 地元原告団 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 152
鉄格子
   
弁護士
   
Bar Admissions and Disciplinary Commission: 弁護士資格審査委員会 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 45
法曹
   
in a life at the bar: 法曹生活で トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 225
法壇の前
   
approach the bar: 法壇の前に進み出る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 329
棒っきれ
   
bang sth with a bar: (物を)棒っきれで叩く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 122
棒切れ
   
The pencil-line of light by his feet fattened to a bar: 足もとに射しこんでいた鉛筆幅の光の筋が、棒切れの太さにふくらんだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 336
立ちはだかる
   
bar one’s way: (人の)行く手に立ちはだかる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 22
立ちふさがる
   
bar the way to one’s door: ドアの前に立ちふさがる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 167

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the bar: 弁護士会
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 42
firmly bar the way: 固める
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 61
bar none: 誰がなんといおうと
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 48
bar food: 酒のつまみ
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 299
usually be followed by a binge in the bars: 試合のあとでばかすか飲んでるわけで
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 186
reveal bright bars and streaks of sky: あとには明るい青空が、縞目を作って現われる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 84
putting one’s ten fingers before one’s face to represent bars: 牢格子のつもりなのか、十本の指を顔の前にあてて
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 169
one’s way is barred by sb: 〜が立ちはだかる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 160
most likely a bar hostess: 素人ではないらしい
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 190
for any bar order: どんな酒を注文しても
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 122
Bar Admissions and Discipline: 弁護士資格審査委員会
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 24
a bar of light across one’s face: 顔にさす一条の光
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 113