× Q 翻訳訳語辞典
crack   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
かしゃっと開ける
   
crack the door: ドアをかしゃっと開ける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 202
かすれる
   
one’s voice cracks: 声がかすれる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 294
I never thought --" His voice cracked again: よもや--」また声がかすれた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 40
くずれる
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 327
ぐしゃっという音
   
hear a crack: ぐしゃっという音が(人に)聞こえる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 76
しっかりした
   
do a crack job: 仕事がしっかりしている 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 51
ぱちりと砕ける
   
crack against the bow: 舳先でぱちりと砕ける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 62
ひび
   
be split by long cracks the shape of lightning: 長いひびが稲妻型に走っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
へし折る
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 127
ほころびが出てくる
   
that story cracks a little there: そのあたりで話のあちこちにほころびが出てきたようだ ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 265
ぽきっと鳴らす
   
crack one’s knuckles: 指の間接をぽきっと鳴らす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 89

カツンと一突き
   
have a crack at some innocent balls: 罪のない球にカツンと一突きくらわす アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 23
ガリッ
   
a frightful crack: ガリッといやな音 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 322
ノイローゼ
   
crack up: ノイローゼになる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 32

一大音響
   
there is a crack as ...: 一大音響とともに〜 ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 24
解読する
   
crack password: 暗号を解読する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 105
割れ目
   
give way with a crack: 通れるだけの割れ目ができる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 365
兜を脱ぐ
   
O'Reilly is about to crack: オライリーはもうすぐ兜を脱ぐさ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 337
亀裂
   
a thin crack runs up the wall: 壁には、縦に、細い亀裂が走っている 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 9
隙間
   
a tiny crack between the shutters: 雨戸と雨戸のほんのわずかの隙間 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 14
虎の子の
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 273
阻喪させる
   
crack morale: 士気を阻喪させる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 46
逮捕する
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 39
摘発
   
'Gerstein Cracks Interstate Baby-Sale Racket,' read the headline: 「ガースタイン、他州に及ぶ赤ん坊密売組織を摘発」という見出しが出ている ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 48
踏みしだく
   
crack frost under boot-sole: 長靴で霜柱を踏みしだき乍ら 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 9
破る
   
sooner or later a truce has to crack: 休戦が破られるのは時間の問題だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 342
発する
   
crack in alarm: 警告を発する バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 21
乱れる
   
beneath those words, sb’s heart is cracking as sb speak: それらの言葉の裏で、(人の)心が千々に乱れている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 359

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sb is cracking up: 狂人だ
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 203
protest, cracking up: おかしくなって大きな声で言う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 210
network of cracks: 亀裂
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 406
have gotten cracked: 起訴される
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 102
cracks and spaces: 隙間
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 36
cracks and crevices around the doors: 戸の隙間
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 87
crack wise: 達者な口を利く
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 32
crack the joints: 関節をぽきぽき鳴らす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 74
crack open ...: 〜をむりやりにでもこじ開ける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 24
crack it: カタをつける
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 152
crack a smile: つい頬をゆるめる
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 256
the most difficult to crack: したたかこの上ない
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 114
squeeze resources form between the cracks: 何ごとにつけおこぼれに甘んじて、存分に知恵を働かせる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 209
pop into ... with a rifleshot crack: ライフルをずどんとぶっぱなしたような音をたてて〜に吸いこまれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 282
make snide cracks about ...: 〜のことを悪しざまに言いたてる
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 113
make cracks about ...: 〜のことをツベコベ言う
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 81
just fall through the cracks: あっさり無視される
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 269
if only a hammer had fallen and cracked sb’s skull open: いっそのこと、金槌でも落ちて、頭でもブチ割れていれば
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 84
hear sth crack in ...: 鞭の鳴るような音が〜から聞こえる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 200
feel something crack under the weight of one’s knife: 包丁に固い手応えがある
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 133
do a crack job of ...: 手際よく〜する
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 176
crack up over sth: 〜に笑いころげる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 243
crack the works to sb: 汚いことをなすりつける
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 202
crack the whip on expense: 経費面に大なたをふる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 86
crack an occasional macabre joke: ぞっとするようなジョークが口にされる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 493
crack alarmingly against ...: 人をどきりとさせる音をさせて〜にぶつかる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 26
crack a lot of corny jokes: イカサない冗談をいっぱいとばす
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 261
before the crack of dawn: まだ夜も明けていないこんな時間に
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 270
be on one’s feet again in a crack: またたくまに立ちあがる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 173
be not much in the habit of cracking jokes: しゃれなど言える柄ではない
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 29
hopped-up crack addict: 錯乱したクラック中毒患者
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 342
a flash of lightning and a tremendous crack of thunder break: 稲光が閃き、すさまじい雷鳴が轟く
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 85
be trying to find a suitable come-back to that wise-crack: へらず口にぴしっとお返しをしてやろうとする
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 207
crack one’s knuckles: 指の関節をぽきっと鳴らす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 89
worm one’s way into the crack: その隙につけ込む
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 254
ツイート