× Q 翻訳訳語辞典
talked  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

that is why I talked actually: だから、話したんだけれど
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 225
how could I have talked so goddam badly!: 昨夜俺は何と拙く語ったものだろう
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 38
The fourth guy must be the bigwig: everyone shut up when he talked: 第四の男は明らかに上級職で、彼が口を開くと、ほかの者たちは神妙に耳を傾けた
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 142
When he was with his mother in her car she talked incessantly: 母の車に乗っているときは母がひっきりなしに喋っている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 353
not like any of them I ever talked to: おれの経験じゃあ、やつらはそういうことは絶対にいわん
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 209
On one of these visits, Mag and I talked about Kappa love-making: 僕はある時こういうマッグと河童の恋愛を論じ合いました
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 24
Occasionally as Villem talked tears rolled unashamedly down his pale cheeks: ときおり、しゃべるヴィレムの青白い頬を、涙が見栄外聞もなくつたいおちた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 153
somebody who is talked about: みんなの話題にのぼる人物
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 254
one’s wrath was something still talked about by sb: そのときの激怒ぶりは〜のあいだでいまも語り草になっていた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 252
have to be talked about sometime soon: 〜は早晩話さなくてはならない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 327
They ate together, played card together, and talked endlessly: その間いっしょに食事をしたり、トランプをしたり、果てしないおしゃべりに興じたりする
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 160
We talked in a small airless office somewhere in the innards of the stadium: われわれは、スタジアムの内部にある、息が詰まりそうなオフィスで言葉をかわした
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 327
be talked about for hundreds of years: 何百年も語りつがれる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 210
Both times we talked shared experiences, you might say: その二回とも、四方山話を交わしたあと、ある共通の体験をした、とでもいうか
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 77
have you talked to sb about this?: (人)にも話してみた?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
haven’t talked to sb in a while: ずいぶんごぶさたしている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 242
can be talked out of that: 違うと言われればそれまでだ
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 185
be talked one’s way into sb’s house: 言葉じょうずに(人の)家にはいりこむ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 361
They drank, went to a strip club, and talked old times: ふたりは飲んで、ストリップ・クラブへ行き、昔話に花を咲かせた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 277
As his parents talked the scene came back to Kiyoaki vividly: 父母の話で、清顕の心にも、ありありとその夜の情景が浮んできた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『春の雪』(Spring Snow ) p. 40
ツイート