× Q 翻訳訳語辞典
drinking   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
   
a drinking binge: 酒を浴びるように飲む ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 168
酒の
   
those were the drinking days: そのころは、いわば酒の時代だ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 151
酒量
   
sb’s drinking picks up: 酒量が増えていく カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 242

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

drinking fountain: 水飲み場
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 46
seriousness of sb’s drinking: (人の)深刻な飲酒癖
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 40
go on a drinking binge: 飲んだくれる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 136
"You've been drinking" she accused: 「あなた、飲んでたんでしょ」と、なじりにかかる
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 338
be drinking ... with a sliver of ice: 〜にうすい氷を浮かべてちびちびと飲んでいる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 175
sit around drinking beer and bat the breeze: ビールを飲みながらあれこれとおしゃべりをする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 238
be one of secret bouts of drinking: 人にかくれて秘密に飲むという症状だ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 306
on one of sb’s drinking bouts: 例によって飲み歩いていた時に
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 235
pass up a chance to go drinking with some friends: 一緒に飲みにいかないかという友達の誘いを断る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 474
knowledgeably, almost obsessively concerned with eating and drinking: 食べることと飲むことに取りつかれていると言っていいくらい、その方面にくわしい
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 138
Now I depend on the pain of not drinking on the craving, on the denial: いまでは飲まない苦痛に依存し、むしょうに飲みたい気持ち、それへの否定にすがって生きている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 51
drinking oneself into a fit state for the immediate denunciation of one: あるいは一気に酔っぱらってしまって、このまま(人を)突き出すようなことにでもなる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 212
begin drinking it directly, and very queerly they manage it: さっそくのみはじめるけれど、そののみっぷりがまたなんとも妙てけれん
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 188
stop drinking: 酒をぴたりとやめる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 355
be no longer drinking: 酒はもうやめている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
stop drinking: 断酒する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 25
sit up past midnight drinking the bottle of ...: 〜の壜をかたむけつつ、日付がかわるまで坐りこむ
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 107
no more drinking and driving: 飲んだら乗るな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 87
have been drinking heavily: 杯を重ねる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 423
have a drinking problem: アル中である
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 87
get mad when one is drinking: 酔っぱらうとたちの悪い
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 109
drinking mate from way back: 昔からの飲み友達
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 27
continue whoring and drinking: 酒色にふけりつづける
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 237
a drinking problem: アル中
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 48
there have been more of early brooding than drinking: 飲むというよりは、むしろ朝から何か考え込んでいる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 298
enjoy drinking sake: 行ける口だ
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 109
hole-in-whole drinking place: スナック
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 37
drinking does, indeed, seem to be a good strategy: やはり酒は飲めた方が得なようである
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 77
the law about drinking and driving is severe: 法律は飲酒運転に決して甘くはない
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 157
Soon, Gaylen was drinking again and seeing his old friends: そのうちにゲイレンはまた酒を飲み、昔の仲間とつきあうようになった
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 395
Stop drinking like that: よせ。吸うのはよせ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 14
ツイート