× Q  ?  翻訳訳語辞典
sbs
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

get sbs’s accounts straight: (人と)(人の)証言がつきあわされる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 310
become the core of contention between sbs: (人)のあいだの口論の火種になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 264
brim over with sbs: 〜が大勢いる セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 35
some bunch of sbs: (人)なんかの寄り集り 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 225
sbs are camped all over ...: (場所)は(人)たちで溢れ返る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 509
none of sbs can ever be delivered from ...: (人たちの)誰も〜から救出される見込みはない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 480
see sbs walking in their clean clusters: (人たちが)清潔な服を着て、一緒に歩いていくところを見る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 360
sbs are coming and going: (人たちが)どたばたと出入りする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 313
be more or less leaving the current-day reality of sbs behind one: しばらくのあいだ、(人の)動向から遠のいてしまう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 524
the desolate firetraps sbs used to live in when sb is child: 子供のころに暮らしていたわびしいおんぼろ家 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 537
the perceived upswing in dissatisfaction and violence among sbs: (人の)あいだに目に見えてはびこるようになった不満と暴力 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 198
leave sb entirely to sbself: (人に)まかせっぱなしだ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 202
it is evidently more than sb could manage by sbself: ひとりではどう見ても手におえなそうにない ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 144
a few of sbs: (人)たちの中の何人か ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 46
sbs gather on ...: (場所に)(人たちが)並ぶ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 300
a group of sbs: (人の)一団 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 47
souvenir hawkers sell sths to sbs: 記念品商売をする連中は(物を)(人に)売りさばく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 302
hold sbs all together: (人)たちをひとつに結びつける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 394
feel as badly for her, every iota, as sb could feel for sbself: (人が)どんな気持でこの手紙を読むだろうかと、しみじみ彼女の立場をあわれに思う カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 124
sbs go back to a time when the mind of man runneth not to the contrary, Korea and the U: 人の心がおなじ方角に向いていた時代、朝鮮戦争と大学時代からの友人で トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 325
a lot of sbs: (人)たちのおおかた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 392
it is evidently more than sb could manage by sbself: これがひとりの手にあまることは、はっきりしている ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 153
fear manifests itself among sbs: (人)からおのずと恐怖がにじみでている ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 147
a mix of sbs and sbs plus sbs: (人)たちと(人)たちと(人)たちが肩を並べ合う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 197
there is more murmuring among sbs: (人)たちの間でまた何事か密談が交わされる べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 293
in the same state of nervous tension in which sb is sbself: (人と)同じように神経をはりつめて ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 238
seem nicer than sbs: (人)たちよりはまともな人間に見える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 372
offend some of the other sbs: 〜なことで頭に来る(人)たちもいる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 396
there is an opposition between sbs: 〜の間に対立関係が存する 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 31
among pusillanimous sbs: 腰抜けぞろいの(人)の中で 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 112
speculation is rampant among sbs that ...: (人の)あいだでは〜という憶測が飛び交っている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 38
instruct sbs that they are not required to do: 〜しなくてもよいと説示する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 209
be not going unnoticed by sbs: (人)の目にとまらないわけがない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 410
that’s why sbs are fighting: それで喧嘩になる 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 404
yell at sbs on TV from the comfort of his recliner: リクライニングチェアでくつろぎながらテレビに映る(人たち)に大声で文句を言う時間がたっぷりとできたのである ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
ツイート