× Q  ?  翻訳訳語辞典
nuisance
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
ありがた迷惑
   
more of a nuisance than a mainstay: 心強いというよりもむしろありがた迷惑 ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 60
お荷物
   
get to be a nuisance: お荷物になる ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 85
お邪魔
   
have again been such a nuisance and caused you such bother: こないだまたお邪魔にあがって、ずいぶんごやっかいを、おかけした 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 82

疫病神
   
be a nuisance about the house: この家の疫病神だ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 221
邪魔
   
be a nuisance: 邪魔だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 22
邪魔者
   
<例文なし> 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 53
邪魔臭い
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 164
大儀なこと
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 182
面倒
   
find ... such a nuisance to do: 〜は面倒がる 有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 6
面倒くさい
   
it seems like such a nuisance: 面倒くさいから 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
厄介
   
go on being a nuisance at sb’s place: 相変らず(人の)ところに厄介になる 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 168
厄介ごとの種
   
infernal nuisance: いまいましい厄介ごとの種 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

think sb is a nuisance: 閉口する 有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 142
would have been justified in indicting it for a nuisance: 安眠妨害として告発しても差支えなかろうと思われる ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 33
those constant nuisance summonses: この迷惑千万な絶え間ない招集 マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 104
make too much a nuisance of oneself: あまり迷惑をかける 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 147
make a real nuisance of himself: 深入りされてしまうとうるさい 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 72
it’s a nuisance ...: 〜は鬱陶しい ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 170
have been a nuisance over the years: いろいろ迷惑かけてる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 214
have become something of a nuisance in the neighborhood: わるさをしては尻を持ち込まれるようになる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 157
generally making nuisance of oneself: 総じて鼻つまみになる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 75
generally make a nuisance of oneself: とかく話をややこしくする リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 223
find ... a nuisance: 〜を邪魔にする 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 20
be so intent on impressing sb that one make a nuisance of oneself: (人の)点数をかせぐのに熱心で、はた目にもわずらわしい イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 231
a trick that is occasionally a real nuisance: 時には迷惑至極な性癖 マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 86
ツイート