× Q 翻訳訳語辞典
all   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜ずくめ
   
be dressed all in black clothing: 黒ずくめの服 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 45
〜だけが
   
it is all sb’s own fault: (人)だけがわるかった ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 271
〜だらけ
   
with pimples all over the side of one’s face: にきびだらけの横顔 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
〜という〜
   
become the focus of all eyes: 目という目があつまる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 78
〜やらなにやら
   
be still too messed up from being shot and all to be coherent: 被弾やらなにやらで、まだだいぶおかしくて、あまり筋の通る話はしない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 229
〜人が〜人とも
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 49

あくまで
   
all assumed: あくまで仮定だぞ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 193
あとかたもなく
   
all the animation fade out sb’s face: いきいきした光は顔からあとかたもなく消える ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 38
あまさず
   
eat all ...: 〜をあまさず食ってしまう オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 209
dig out all one’s finery: その美しさをあまさずひきだす ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 296
あらゆる
   
with all trades and profession: あらゆる商売、あらゆる職業にわたって ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 95
open to all possibilities: あらゆる可能性を考えている ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 185
in all ways: あらゆる意味で トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
have all one’s lines out: あらゆる関係方面に連絡をとる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 102
considering all the angles: あらゆる角度から考えたうえでね トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 255
all constraint left her: 彼女はあらゆる抑制をなくした ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 77
あらゆる種類の
   
ありたけ
   
with all one’s might: 力のありたけで 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 80
ありったけ
   
use all one’s bulk to do: 大きな図体のありったけを使って〜する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 261
all of sth: ありったけの(物) ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 310
all sb have: ありったけの金 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 243
ありったけの
   
with all the crudity sb could command: ありったけの不器用さをむきだしにして ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 280
with all one’s might: ありったけの力で ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 332
summon all one’s courage: ありったけの勇気をふるいおこす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
fling all one’s strength against ...: ありったけの力を〜にそそぐ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 430
fire all XX bullets back through the door: ドアの内側からありったけのXX発を撃ち返す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 40
all one’s will: ありったけの勇気 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 283
ありとあらゆる
   
suffer all kinds of terror: ありとあらゆる種類の恐怖を味わう カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 237
enjoy all climates: ありとあらゆる気候がある フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 444
all maroons and grays: ありとあらゆる陰鬱で不快な気持ち スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97
あれこれと
   
find out all about ...: 〜をあれこれと知る フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 304
all the stages have been gone through: あれこれといろんな段階をとおりすぎる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 55
あれだけの
   
despite all the effort one have expended: あれだけの努力にもかかわらず 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 213
いかなる
   
all the diplomatic protests in the world: いかなる外交筋からの抗議 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 449
all sb’s self-control helps sb: いかなる自制も無力である 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 46
いくらでも
   
can all go back home: いくらでも帰って行かれる 井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 27
いずれも
   
They had all taken place in the early hours of the evening: 盗難はいずれも宵の口であった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 22
いっさい
   
see exactly what it all meant: いっさいのことがはっきりわかる ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 64
いっさいがっさい
   
give ... all up, suddenly: ある日突然、いっさいがっさいを放擲する気になる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 97
いっさいの
   
used for keeping all thing in their places: いっさいのものをちゃんとあるべき秩序に保たせる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 193
いっせいに
   
all move south: (車が)いっせいに南へ進む デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 413
all do it at once: またいっせいに始まる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 268
いっぺんに
   
Now it all came back to him: 記憶はいっぺんによみがえった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
いつも
   
all sb’s stories do: 〜の話はいつも〜 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 262
いやというほど
   
hear it all before: すでにいやというほどきかされる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 316
いろいろ
   
ask all one’s friends: 友達からもいろいろ聞き出す 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 568
all the forbidden toys: 禁じられたおもちゃがいろいろ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 384
いろいろな
   
all the green things: いろいろな緑の野菜 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
いろんな
   
know life in all its aspects: 世の中のいろんな面に通じる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 238
a sack of pearl pebbles, all colors: いろんな色をした真珠石の袋 カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 13
うまく
   
be all squared away: うまくかたづく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 402
おしなべて
   
all these volunteers share one peculiarity: そうしたボランティアたちはおしなべて一つの特殊性を共有している ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 275
かえって
   
look all the clearer: かえってはっきりするようだ 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 228
かぎり
   
use all the tricks in the book: 手練手管のかぎりを使う ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 104
かずかず
   
all the invalid foods: 病人食のかずかず ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 358
かたっぱしから
   
go through all the ...: 〜をかたっぱしから読みあさる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 33
defeat all the system’s efforts: 体制側の努力をかたっぱしからくじく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 22
きく
   
not listen to all of it: しっかりきいていない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 85
きれいに
   
the wine has all gone: ワインがきれいに片づく メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 68
くまなく
   
prospect them all: それをくまなく探しまわる ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 64
in all one’s explorations: くまなく探検したはずなのに ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 88
けっきょく
   
be all sb notice: けっきょく(人が)注目するのは〜だ アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 113
こそ
   
tell sb the pleasure is all mine: こっちこそ楽しかった、と応じる ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 174
こぞって
   
all wise mortals: 目端の利く連中はこぞって デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 126
all eyes are suddenly focus on sb: とつぜん、周囲の目がこぞって(人に)集中する クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 242
ことごとく
   
cut all the Strings: 縛めをことごとく切る スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 26
avoid all heresies: 異端をことごとく斥ける ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 74
as with all sb’s pronouncements: (人の)表明した意見はことごとくそうだったが アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 224
all things that came to mind: 頭に浮かんでくる想念は、ことごとく べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 128
これこそ
   
all the advantages of foreign travel: これこそ外国旅行の醍醐味 ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 316
ころりと
   
forget all about sb: (人の)ことなどころりと忘れる ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 179
こんな
   
all the hard work: こんなしんどい仕事 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 110
さほど
   
be not really all that demanding: 実はさほど難事ではない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 326
さんざん
   
have heard all the talk over the years about ...: 長年にわたって〜についての話をさんざん聞かされてくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 137
all the rape talk: レイプの話をさんざんやったのも デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 390
じゅうぶん
   
that’s all I need: それでじゅうぶんだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 458
すっかり
   
something once innocent, delivered over to all devilry: 初めは無邪気な気持から出たものであったが、今ではすっかり悪魔道に堕ちている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 172
I had forgotten all about Mawson's in my joy: 私は、うれしまぎれに、モースンのことはすっかり忘れていました ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 86
forget all about ...: 〜の存在をすっかり失念する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 351
All firing had ceased: 砲火はすっかりとだえている マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 253
all ... is over: 〜はすっかり落着している スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 207
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 61
すべて
   
see it all on sb’s face: すべてを(人の)顔に読みとる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 489
know all the whys: 秘密のすべてが明かされる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
it all ties together: すべて符合する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 237
all well and good: すべてはうまくいっていた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 240
all things are in their places: すべてはきちんともとの場所に収まっている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 280
all of ...: すべてをこめた〜 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
all in all: すべてを考えあわせると トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 200
すべての
   
not all the things which happen in ... is known to sb: (人が)〜で起こったすべてのできごとを知りつくしているとはかぎらない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
begin to infuse all areas of ...: 〜のすべての領域に浸透しはじめている ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 11
all the living beings: 目に映るすべての生き物 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 19
すべての人
   
ensuring equitable opportunities for all: すべての人に公平な機会を保証すること ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 12
すべては
   
it is all one’s fault: すべては(人の)自業自得なのだ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
すみずみまで
   
irradiate all of ...: 〜をすみずみまで照らし出す レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 427
ずっと
   
all week: その一週間ずっと ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 489
All this week: 今週はずっと スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
all the way: 道中ずっと ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 95
all the decades of ... that sb have endured: ずっと長い年月、〜に耐えてきた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 539
せいぜい
   
all sb have to do ...: せいぜい〜するぐらい ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 186
ぜんぜん
   
don’t like it all: ぜんぜん楽しくない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
そういう
   
after all these years of ...: そういう〜を長年つづけていると トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 11
そこらじゅう
   
the knots are all over the place: そこらじゅうに結び目がつくられている タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 131
そっくり
   
with all the warmth of a diplomatic note verbale: 外交口上書のあたたか味そっくりこめて ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 396
seize all one’s household effects: 家財道具をそっくり“差し押さえ”する 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 168
buy all sth at whatever price sb demands: 相手の言う値でそっくり(物を)買い取る 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 20
All. Cigarettes was gift.: そっくりさ。煙草は土産だもの。 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 163
そっくり残らず
   
steal all the passwords: パスワードをそっくり残らず盗む ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 129
そのもの
   
be all business: 冷静そのものだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 376
その他もろもろ
   
and all: その他もろもろの〜 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 135
そもそもの
   
it all started when ...: 〜がそもそものはじまりだ 池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 61
それぞれ
   
all men have their uses: 人にはそれぞれ役回りがあるのだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 110
all men have their determined portions in this life: 人それぞれに分がある 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 197
それっきり
   
that is all the writing: 手紙はそれっきりだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 151
そろって
   
it might have landed them all in jail or in the morgue: 三人そろって留置場か死体安置所送りになるかもしれない ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 114
ぞろい
   
hardened cases all of them: したたか者ぞろい ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 13
all are good swordsmen: 腕ききぞろいの剣士たちだ 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 196
たいへんな
   
it takes all one’s strength to push the words from one’s mouth: 言葉を口から押し出すのにたいへんな苦労がいる フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 66
ただ
   
all one do is ...: (人は)ただ〜している 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 80
ただの〜にすぎない
   
be all good fun: ただの愉快なお遊びに過ぎない ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 454
たんなる
   
be all conjecture: たんなる憶測だ ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 265
だけ
   
give ... all one’s attention: 〜にだけ注意をあつめる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 394
だけに
   
mustn’t pin all our faith to ...: 〜だけに期待をかけるのはまずい セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 83
だらけ
   
all life is danger: 世の中どうせ危険だらけなのだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 111
だれしも
   
we are all born with a little larceny: 人はだれしも、コソ泥の素質にめぐまれている バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 56
だれにも
   
they have all known that ...: 〜だとだれにもわかっている ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 441
だれもかれも
   
people are all exactly alike: 人間はだれもかれも大差のない存在だ オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 14
つくす
   
know all the details of sth: 〜の細目を知りつくす 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 99
とも
   
all four of us: 四人とも トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 225
どう
   
to all outward appearance: どう見ても ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 46
どうして
   
be not all that bad: どうして悪くない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 108
どおし
   
weep all through ...: 〜のあいだ泣きどおしに泣く ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 417
どこの
   
see much of the same horrible stuff that goes on in all prisons: 全国どこの刑務所でも見受けられるおぞましい光景を目撃する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 396
どこまでも
   
be fringed in all its length with sth: 小径のへりには〜がどこまでも立ちならぶ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 154
どこもかしこも
   
all freeze up: どこもかしこも凍ってらあ ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 175
どのような
   
in all probability: どのような観点から見ても ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 465
どれだって
   
all the same: どれだって一緒 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 20
どれも
   
all covered: どれも考慮された ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 258
どれもこれも
   
be all pretty much alike: どれもこれも似たりよったりだ ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 165
どんどん
   
all come: どんどん来る ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 29
どんな
   
all people: どんな人 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 397
どんなに
   
in spite of all sb’s urging: どんなに(人が)すすめても 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 50
なにからなにまで
   
have all the advantages: なにからなにまで恵まれる ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 369
なにもかも
   
that’s all over: なにもかもおしまいだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 40
sign it all away behind sb’s back: (人の)知らぬまになにもかも譲り渡す ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 50
let it all go: なにもかもなりゆきにまかせる バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 104
it is all bilge: なにもかもたわけごとだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 290
it’s all a total shock: なにもかもが青天の霹靂だ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 54
I wish it were all different: いっそ、なにもかも食い違ってればいいのにね プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 217
confess all: なにもかも打ち明ける ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 214
change all sth: なにもかもががらりと一変してしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 343
be all pretty much as usual: なにもかもあいかわらずだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
all by turns and all together: 次々とそうするかと思えば、何もかもいっしょにやってみたり ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 186
all by oneself: なにもかもひとりで タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 26
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 118
なにより
   
the worst part of all: なによりもやりきれない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 516
なによりも
   
most important of all: なによりもよかったのは クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 523
なんか
   
all Mars is a sort of Humpty Dumpty: 火星なんかハンプティ・ダンプティみたいなもんだ ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 111
なんとも
   
be all idiotic: なんともあさはかな話だ ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 376
にも
   
all the interference with one’s doing: 〜するにも干渉を受ける 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 104
   
all I can say is: おれの口から言えるのは クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 54
のこらず
   
hit all the high points: 要点はのこらず突いている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 456
のこりなく
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 264
ばかり
   
keeping to the path requires all sb’s attention: 足の方にばかり気をとられる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 220
all one can manage in one’s speaking voice is ...: しゃべろうにも出るのは〜ばかりだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 436
ひたすら
   
all waiting one’s dismissal from the desolate shore: ひたすらこの荒涼たる生からの解放を待っている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 131
ひとつひとつ
   
Naosuke's response to all this was peculiar: その問責のひとつひとつに対し、直弼は異常であった 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 70
laugh at all of sb’s jokes: 冗談のひとつひとつに笑う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 336
ひとり残らず
   
feel that one have known them all: ひとり残らず知っているような気がする ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 211
ぴったり
   
it all makes sense: ぴったり符合する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 297
ほんとうに
   
be all gone: ほんとうにカッカしている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 304
まるで
   
have hardly any money at all: 金なんかまるでない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 71
みな
   
don’t know all the science of sth: みなまで理屈を知ってるわけじゃない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 68
don’t catch all the words: いっていることがみなまではききとれない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 482
all of that: どれもみな トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 34
all kinds of hot stuff: みなそのたぐいのかっこいいやつだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
みんな
   
Y’all want to do ...?: みんなまず〜しないか クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 60
that’s what they all say: みんなそういうわ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 259
sb see the comic strip we are all in: 〜の目にはわたしたちみんなが登場する一編の漫画だ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 103
all this I was told: これはみんな人から聞いた話である スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 25
all the neighbors: この辺の人たちはみんな プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 181
みんな〜ばっかり
   
all from foreign places: みんなよその国の人ばっかり ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 406
みんなして
   
all gather around sb: みんなして(人を)囲む プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 374
みんなで
   
we all pass sth around ... and look at it: みんなで〜のまわりにすわって回し読みする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 266
see sb all behind the building, in the barbecue area: みんなで建物の裏のバーベキュー・エリアに集まっているのを見かける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 362
みんなは口々に
   
all urge sb to eat heartily: みんなは口々にうんとおなかに詰めこんでおけよと(人に)すすめる マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 278
もっぱら
   
get all one’s information about it from sb by word-of-mouth: もっぱら(人)からの口コミ情報にたよる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 68
もれなく
   
set traps on all sb’s telephone line: 電話回線はもれなく監視する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 78
もろもろ
   
all ...: 〜といったもろもろの所業 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 155
やたらめったら
   
wave all over the place: やたらめったら振りまわす タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 126
やる
   
show some mercy after all: 一掬の情けをかけてやる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
ようく
   
know all about ...: 〜のことならようく知っている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 291
よく
   
one have lodged with enough shogi players to know all this: 将棋さしと何度も同宿したことのある(人は)、そのへんの事情はよく知つている 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 18
わんさと
   
all those jealous beavers: やっかみ屋どもがわんさといる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 384

ゴマンとある
   
of all the ...: ゴマンとある〜のなかで デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 8
ジャンスカ
   
they can drop all the atom bombs they like for all I care: 落したいなら原爆でもジャンスカ落すがいい シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 20

  一ぺんに
   
The other passengers all got out, leaving the carriage empty and deserted: みんなは、一ぺんにおりて、車室の中はがらんとなってしまいました 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 78
一冊のこらず
   
All the town books: 町の帳簿を一冊のこらず スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 224
一手に
   
all this is sb’s: これを(人は)一手に所有している カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 6
一人残らず
   
all the people of the village are at the fountain: 村人たちは、一人残らず水汲み場に集まっている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 230
一斉に
   
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 100
一切
   
all there is: 一切すべて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 254
all found: 衣食住一切 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 170
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 372
一切すべて
   
all of reality: 現実の一切すべて クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 587
一滴残らず
   
not only do it all get taken up: 一滴残らず飲み干されたばかりではなく ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 52
一同
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 110
一部始終
   
I would stand there and watch all of this: わたしはその場にいて、一部始終を見ていました コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 187
一文残らず
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 99
一様に
   
they all look like ...: 彼らは一様に、〜という姿だ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 220
all three passengers: 三人の乗客は一様に カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 55
何から何まで
   
make all the arrangements: 何から何まで手引きをする 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 206
何の
   
the fact that ... is no indication as to why ... at all: 〜という事は〜を解釈する点において何の役にも立たない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 127
何もかも
   
It's all over,: 何もかも終わったんだな 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 223
all has turned out splendidly: 何もかもうまくいっている ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 224
我も我もとみんなが
   
When one buys, they all buy: 誰かが田舎に家を買うと、我も我もとみんなが買う メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 192
   
they all have families: 皆妻子ある身だからね クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 305
各種の
   
all one’s skills: (人の)持つ各種の能力 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 87
各種の〜のたぐい
   
the panel with all the buttons and switches: 各種のボタンやスウィッチの類いを集めたパネル 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 12
完全に
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 142
寄ってたかって
   
All the Americans have made an awful fuss over me: ミラノ在住のアメリカ人は、寄ってたかってぼくを元気づけてくれるんですから ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 328
all intervene: 寄ってたかって〜の邪魔をする フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 158
強大な
   
all that power: あの強大な権力 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 37
懸命な
   
despite all the efforts of ...: 〜の懸命な努力にもかかわらず アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 146
欠かさず
   
go to all the right parties: パーティに欠かさず顔を出す バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 120
権化
   
all southern charm: 南部式魅力の権化 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 113
軒並み
   
all the cafes: カフェは軒並み レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 183
今までの
   
all the wretched misgivings: 今までのつまらない危惧 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 23
根こそぎ
   
rob one of all one’s considerable skills and memories: (人の)身にそなわった技術も記憶も根こそぎ奪ってしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 222
lose all sth: (〜を)根こそぎ奪われる モーム著 大岡玲訳 『月と六ペンス』(The Moon and Sixpence ) p. 179
際限なく
   
all one see is the endless expanse of ...: 〜が際限なくひろがるばかりだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 191
残らず
   
observing all the safety rules: 安全ルールを残らず遵守するということ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 25
list the electric mail of all our users: ユーザーたちのあいだでやりとりされている電子メールを残らず呼び出す ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 48
dump all twenty-nine: 二九の文書を残らず出力する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 37
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 86
四方
   
feel surrounded on all sides: 四方を壁にかこまれたような感じがする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
悉く
   
tell sb all about ...: 〜を悉く(人の)前に物語る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 82
<例文なし> 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 6
手当たりしだい
   
read all the garbage: 反故の山を手当たりしだい読みあさる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 101
充分
   
know all about the act: 手口を充分承知している フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 72
出來るだけ
   
all honours must be shown to sb: (人ですもの)出來るだけおもてなしせねばなりますまい ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 71
徐々に
   
have all fallen from ... into rusty bits and useless debris: 徐々にずりおちて、果ては屑同然になってしまう ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 111
上から下まで
   
be dressed all in green: 上から下までグリーン一色 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 82
色々
   
talk to sb about all sorts of things: (人と)色々話す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
申し合わせたように
   
be all prominent: 申し合わせたようにすてきな ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 132
芯まで
   
I’m not all bad: 芯まで腐ってるわけじゃない ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 58
数々
   
all the facts: 事実の数々 サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 59
数多い
   
among all the ...: 数多い〜の中には メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 218
世の中
   
carry on one’s own back the misfortune of all mankind: 自分だけが世の中の不幸を一人でしょっている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 194
精一杯
   
do not jump, but it is all sb cannot to flinch: 飛び上がりこそしないが、たじろがないようにするのが精一杯 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 187
洗いざらい
   
put it all in the open: 洗いざらいさらけだす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 212
I want to know all about you, young man,: きみのことを洗いざらい知りたい ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 296
   
all sb’s money: 全財産 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 506
全員
   
if sb liked something, all would: 〜がいいと言えば、全員それに従う トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 261
all look at sb: 全員、(人に)視線をあつめる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 245
全身
   
be all sweating profusely: 全身汗みずく メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 216
全身の
   
summon all one’s courtroom dignity: 全身の力を奮いおこして法廷での威厳を見せる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 272
全体の
   
consider sb as the cause of all the mischief: このさわぎ全体の張本人は、こいつとしか思えない ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 190
全部
   
before all that other shit: そういうオマケを全部抜きにして タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 231
all that kind of stuff: そういうもの全部 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 97
all of it: いまの事態全部 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 270
全部が全部
   
It wasn't all fabrication, though, was it, Toby?: しかしトビー、全部が全部つくりごとでもなかっただろう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 235
全部ひっくるめて
   
all of it: 全部ひっくるめて トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 331
全面的に
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 157
総出で
   
the village women all do: 村の女たちが総出で〜する 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 195
揃っている
   
with all one’s fingers and toes: 手の指も足の指も揃っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122
体じゅうの
   
with one’s blood all chilled: 体じゅうの血も凍るような思いで ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 247
大きな
   
all one have sacrificed: 大きな犠牲 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 6
大勢の
   
all one’s lovers gathered round one: きょうまでの大勢の男 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 398
誰の目にも
   
all can see ...: 〜は誰の目にも明らかである ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 124
逐一
   
record all the keystrokes: キーボード操作を逐一記録する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 39
度重なる
   
after all the failures of this bleak summer: こんな殺伐なひと夏の度重なる失敗の果てに クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 517
猫も杓子も
   
Europeans talk as if they all will be winners in 1993: ヨーロッパは1993年になれば猫も杓子も金が儲かるかのように浮かれている サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 114
風物
   
all one see from the window: 窓から見える風物 カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 53
並いる
   
of all people: 並いる人のなかで トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 82
片っぱしから
   
push all the buttons of an intercom: インターフォンを片っぱしから押す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 357
片っ端から
   
get all of the papers: 新聞を片っ端から買う ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 253
break all that many traffic laws: 交通法規を片っ端から無視する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 461
all those investments going wrong: 投資という投資は片っ端から駄目になる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 35
万事
   
all go on well: 万事うまいぐあい ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 32
be all over: 万事休す ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 154
end it all: 何もかも万事終わり バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 17
   
world where all men are each other’s enemies: 万人が万人にとって敵である世 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 97
本性
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 16
要は
   
it’s all a matter of abstraction: 要は抽象化だね ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 171
例外なく
   
say that of all of ...: 〜について例外なくいう ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 55
連中
   
Damn you and all who sail in you: あんたも、あんたをいじめる連中も ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 253
話のすべて
   
be still too drugged from sleep to follow it all: 寝すぎた頭はまだぼーっとして話のすべてにはついていけない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 294
Tweet