× Q 翻訳訳語辞典
it   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
こと
   
grasp the significance of it all: ことの意味をのみこむ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 130
その様子
   
not being able to stand it: その様子に我慢がならず タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 149
そば
   
be glad to see it: 〜をそばで見ているのは楽しい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 573

   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 141
状況
   
I already told you how it is: 状況はわかってるだろう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 169
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 157
物体
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 73
用件
   
it is ... thing: 用件は〜のことなんだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 149
要は
   
it’s just that ...: 要はただ、〜にすぎない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 211

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

this is it: おいでなすった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 142
this is it: もう終わりだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 346
that was it: それだけだった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 441
that’s it: これで全部だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 249
that’s it: ざっとこんなところだ
that’s it: どうってことない
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 312
that’d be it: にっちもさっちもいかなくなってしまう
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 43
so it goes: よくある話だ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 187
look into it: 事実関係を調査する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 15
it is ...: それもこれも〜
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 116
it is: うん
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
is that it: ちがうの?
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 374
be It: (人の)最期だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
as it is: にもかかわらず
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 186
what it is with sb there’s no telling: (人)というのはわからないもので
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
that was it for sb: (人は)それで一巻の終わりだった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 309
never made it to the big leagues: とうとう大リーガーになれなかった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 178
never be able to make it on one’s own: 一本立ちの出来ない
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 103
make it to ...: 〜に昇格する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 183
it was sb who ...: 〜した張本人は、〜である
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 237
it was like this. ...: 〜なのです
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 38
it is too late to change people: 人間には、もう元には戻れないということがある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 246
it is too early: 夜がまだ明けたばかりだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 177
it is this last sudden move: 問題はこの最後にとつぜん打った手だ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 98
it is the popular theme for jests: 世人は、好んでそれを冗談の種にする
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 164
it is ten to: あと十分しかないわよ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 135
it is Sunday and close to Christmas: 今日はもうすぐクリスマスという日曜日だ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 179
it is such a bad headache that ...: こんなに頭が痛いと〜だ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 175
it is still a few years before ...: 〜するにいたるまでには、まだ何年かの歳月を必要とする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 381
it is sb, perhaps more than any other person, who did: 〜したのは、誰あろう(人)である
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 33
it is going to be frozen over outside: 外は凍りつきそうに寒い
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 325
it is a little after nine-thirty: 九時半を少し回っている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 319
have never made it: 結局ものにならなかった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 192
don’t like it when they say one is ... and ...: 誰かにあいつは〜だとか、〜だとか言われたりするのが、好きじゃない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 506
don’t like it that ...: 〜がうしろめたい
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 28
can see that it is overcast outside: 外はどんよりと曇っている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 319
be out of it: ぶっつぶれている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 309
as it turn out, ...: それまでよく知らなかったのだが、〜
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 569
and so it was that ...: 〜というべきであろう
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 19
Tweet