× Q 翻訳訳語辞典
person   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おじさん
   
simply a very sensitive, perceptive person: ただ単に気のいいおじさん 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 97
ほう
   
be not an overly superstitious person: それほど迷信深いほうではない デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 71
もの
   
there is no sense in such a person as myself doing: 私のようなものが〜しては済まない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
a person like sb: (人の)ようなもの 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 21
われわれ
   
sth demands any thinking person’s attention: われわれは思慮深く〜に目を向ける必要がある ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 4

タイプ
   
an achievement-oriented person: 達成志向タイプ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 342

患者
   
a person with a brain tumor: 脳腫瘍患者 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 209
個人の
   
the confidentiality of a person’s telephone records: 個人の電話の私事権 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 44
   
he was the most angelic person: あんな天使みたいな子、見たことがなかった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 141
持ち主
   
a person of considerable strength: 相当な力の持ち主 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 61
囚人
   
to have led some persons to brave the guillotine unnecessarily, to die by it: よくある種の囚人たちが、不必要なまでにギロチンを前に昂然として死に就くという ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 178
   
person being interviewed: 被験者 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 121
   
this is one person who don’t take long to do ...: この女は〜するすべを心得ている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 275
女性
   
what a remarkable person: なんという驚くべき女性 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 205
   
the most incredible person: ものすごく偉大な人 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 9
seem the kind of person one could talk to: なかなか話せそうな人だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 215
persons with no blood relationship to oneself: 血縁のない人 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 33
persons unconnected with oneself: 無関係な人 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 33
one is not at all the sort of person one is now: あんな人じゃなかった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 33
Missing Persons Unit: 行方不明人捜査 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
like a normal person: 人並みに カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 184
kind, caring person: 気のいい、思いやりのある人 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 430
judged by the standards of a normal person: 普通の人から見れば 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 195
do not believe one person can do much in this world: 人一人の力でできることは知れている、と(人は)思っている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 263
certain person: その人 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
be unapproachable sort of person: 取りつきはのない人 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 200
be an easy person to talk to: 大変心持ちよく話しの出来る人だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 248
a remarkable person: 敬意に値する人 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 527
a person unable to deal with life: 世の中と折り合っていけない人 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 567
a compassionate and smart person: 同情心の篤い頭のいい人 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 414
人格
   
become aware of them as independent persons: 彼らが一個の独立した人格として意識されるようになる 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 66
人間
   
worse person: 最悪の人間 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 337
will never again feel like a good person: 自分を善い人間だなんてみなすことは二度とあるまい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 490
sound like a person in authority yourself: こちらが役所の人間になったつもりで口をきく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
Some Person in Authority: 役所や警察の人間 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
real person: 生身の人間 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
Person of Values: 価値を尊ぶ人間 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 226
impressive qualities of sb’s person: (人)という人間の印象的な個性 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 271
have seen everything from a person: ひとりの人間のありとあらゆる面を見てきた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 277
be not a person you can make do anything one do not want to do: 他人に言われて意に染まぬことをやるようなタイプの人間ではない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 466
be a person: 人間らしくしてくれよ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 221
a terrific person: 人間としてもすばらしい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 44
a rational person: 正気の人間 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 82
a petty person: 卑小な人間 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 100
a person of gutter commonness: 俗臭ふんぷんたる人間 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 226
a Person in Authority: 役所の人間 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
a good solid person of real judgment: 真の判断力に富む堅実な人間 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 290
a good person at heart: 心優しい善意の人間 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 112
人物
   
be obviously a decent person: どこから見ても立派な人物だ オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 268
be a remarkable person in one’s way: 相当の人物だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 165
人並みの人間
   
He couldn't be a person now: もう自分は人並みの人間であってはならない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 404
生きた人間
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 65
相手
   
it’s never the right person: 毎度相手がよくない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 442
   
the supernatural person: 人間ばなれした男 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 470
Person of Values: 価値を重んじる男 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 225
be the most charming person sb have ever seen outside of a movie: (人に)とっては、映画を別にすれば、生まれてこのかた目にしたもっともチャーミングな男だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 357
男の子
   
通行人
   
inoffensive persons: 無実な通行人 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 286
   
displaced person: 難民 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 152
   
a lift licensed for XX persons at a time: エレベーターの定員XX名 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 293

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

unhappily large person: 悲しいまでに大きな巨人
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 19
the person who is it: 鬼
the person who is it: 親
the only person: ただひとり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 112
resident person: 正規の職員
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 147
one’s number-two person: (人の)右腕
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 276
on one’s person: 所持する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 132
not one single person: 誰も
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 12
Missing Persons: 警察の行方不明人課
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 23
local famous person: この地方の名士
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
in person: じかに
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
in person: まさに〜そのもの
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
in person: 個別に
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 165
in person: 手ずから
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 113
in person: 面とむかって
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 89
be one person: ひとり暮らしだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 130
be a person: 人並みになる
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 40
as well as the next person: 人並みの
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 261
another person: だれか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
an elderly person: ご老体
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 11
a street person: 住所不定の浮浪者
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 52
a powerful person: 権力者
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 346
you’ve asked the wrong person: おかどちがいだ
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 221
will know at least one person in ...: (場所)で一人ぼっちにならずにすむ
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 558
visit ... in person: (場所に)足を運ぶ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 30
unexpected death of a person one knows: 知人の思いもよらぬ死
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 213
the wealthiest person in town: この町いちばんの資産家
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
the sort of person who do ...: 〜するタイプの人間
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
the person on the other end of the phone: 電話の相手
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 226
the person in charge of the construction work: 工事責任者
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 84
the door opened by sb in person: ドアを開けたのは(人)その人だ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 178
tell sb one’s story in person: (人に)口でいう
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 139
tell sb in person: 本人の口から(人に)事情を説明する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 74
take sb for a kindly person: (人が)親切に見える
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 177
stand completely alone in this world, cut off from every other living person: 何処からも切り離されて世の中にたった一人住んでいる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 268
someone to go out and get the other person ready: 相手の稽古台
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 286
shake hands with every person individually as he or she goes out: 出て行く男女に誰彼の差別なく一々握手する
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 57
really think sb a peaceful, generous, and easygoing person: 実際(人を)鷹揚だと観察する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 171
reach the right person: 話の通じる相手を捜し当てる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 57
put sth on one’s person: 〜を肌につける
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 350
judge another person’s weakness: 他人の弱点を見つけて、差し出がましい口出しをする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 99
it is sb, perhaps more than any other person who did: 〜したのは、誰あろう(人)である
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 33
in single file, the short person leading the tall: 小と大の隊列をつくって
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 231
in person sb be ...: 風采は〜というところだ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 107
I suppose I’m not the person to say so, but ...: 自分の口から言うのもなんですが
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 127
give little thought to the person doing ...: 〜しているのが誰なのか気にかけようともしない
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 172
do not see one person: 人っ子一人見かけない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 239
come to see in person: みずから姿をあらわす
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 69
chose the wrong person with whom to play mind-games: 心理ゲームを仕掛ける相手をまちがえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 362
carry sth around on one’s person: 肌身なはさず持ち歩く
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 118
can a person get overdosed on vitamins?: ビタミンの飲みすぎなんてあると思う?
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 184
become a health-food person: 自然食品志向になる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 256
be the person sb feel sb can always trust: (人に)してみれば、信頼できるのは(人)だけだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 344
be only person within howling distance: 見渡すかぎり人影もない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 210
be one’s own person: しっかりした自分を持っている
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 359
be on the whole a considerate sort of person: 思慮に富んだほうだ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 221
be not a nice person: 人柄はけっしてりっぱとは言えない
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 292
be not a big sth person: (物)ってあまり好きじゃない
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 333
be just the person we need: うってつけの人選だ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 66
be an honest, pleasant, easygoing and vulgar person: 真正直で好人物でそしてかなり粗野だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 73
be a very methodical sort of person: 綺麗好きで整頓好きだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 22
be a person of strong opinions: 自我が強い
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 115
an impertinent, blood-thirsty, greedy and unkind young person: 生意気で、血に飢えてて、意地汚くて意地悪なおちびさん
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 69
always keep sth on one’s person: いつも肌身はなさずにもっている
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 186
agree with one person or another: 誰かに同調する
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 118
a very tidy person: (人が)潔癖だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 84
a person selling sth: (物)のセールス
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 13
a person of iron convictions: 鉄の信念の持ち主
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
a healthy person caring for a patient: 無病であった看護人
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 215
next reasonably acceptable person who comes along: 次に出会うほどほどの相手
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 44
at heart sb is actually a gentle person: 心根のやさしい人だ
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 45
be the most amazing person: 〜にはまったくいいところがある
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 95
another person’s sth: 人の〜
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 284
more than the average person: 人より
阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 153
always feel twice as warm as the average person: 人一倍のぼせ性だ
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 68
have never been much of a beach person: べつにもともと海が大好きというわけでもない
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 121
there’s no better way to get to know a person than doing sth: (事をすると)すぐ仲良くなれる
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 42
sb be so unwholesomely bloated both in face and person: 顔も体もひどく不健康にむくんだ(人)だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 133
the person responsible for bring sb to ...: (人の)〜入りの責任者
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 19
the missing person business: 失踪人捜索
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 561
a person captured by the intricacies of time: どうも時間が気になるらしい
マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 10
cause that person to feel envy or unhappiness: 羨望や不幸をよびさます
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 142
a person that cunning, that cautious: あれだけ周到な女
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 249
she’s a charming person: いい女だ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 92
have clearly hit on the wrong person: これは当たった相手が悪かった
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 349
Wilma was the only person in the whole neighborhood who complained: だいたいこの町で、ウィルマほどつべこべ文句をいう人間はいないんじゃないか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 82
But if it was true, the only person who would confirm it was dead: だが、もしそれが真実だとしても、その説を裏づけてくれる唯一の人間は死んでいるのだ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 204
considerate person: よく気のつく人
池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 22
there is no person dead at sb’s hand who ...: (人が)手をかけた連中の中で、〜な人間なんて一人もいない
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 191
person on one’s deathbed: 瀕死の病人
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 180
sb was known as a decent person an honest man, an all-round good guy: (人は)実直で真面目な好人物で通っていた
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 162
be, deep down, an upright, serious person: 真面目な性格を内に持っている
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 40
serve to the person desired: 好きなひとに食べさせる
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 37
be a person of no particular distinction: 別に大した人物ではない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 63
some nobody, some man, some person of a most dubious kind: どこの馬の骨かも知れない男
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 121
a person of enterprise: 策士
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 191
be clearly mature and established as a person: 人間ができている
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 13
with every sort of person: 相手を問わない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 17
Evidently the person he had been waiting for had not come after all: けっきょく、待ち人は来なかったらしい
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 38
be an extremely considerate person: そりゃもうよく気のつくお人で
池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 22
a person’s eyes speak their own language: 目は口ほどに物を言う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 347
a fat person: デブの人間
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
Love was feverishly at work, transforming him into a person suited for love: 恋がしゃにむに、彼をもっとも恋にふさわしい人間に化してしまいました
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 118
the first person: 第一号
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 64
a frightened nervous person: 気の小さい、驚き易い人間
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 85
a gentle, polite, elderly person: 慇懃で物腰のやわらかい老人
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 174
give little thought to the person doing ...: 〜しているのが誰なのか、気にかけようともしない
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 172
glance warily towards my person: 疑惑の眼差しを私に向けられます
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 104
a good, simple person at heart: 素直な人
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 70
a good, honest person: 素直な人
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 70
a good person to avoid: こういう人間はなるべく避けたほうがいい
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 102
a person of graceful beauty: 優雅な美人
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 52authority
ツイート