× Q 翻訳訳語辞典
charge   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜頭
   
be in charge of the servants: 女中頭 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 57
〜費は〜から出す
   
charge the trip to the ... budget: 出張費は〜関係の予算から出す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231

お売りになる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 63
かど
   
on charges of sth: 〜のかどで デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 429
とびだす
   
charge sb’s feet: (人の)足元めがけてとびだしてくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
charge into the corridor: 廊下にとびだす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 89
ひきだす
   
charged ... to sb’s account: (人の)口座から〜ひきだす ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 23

ツケになる
   
be charged to the credit card: クレジットカードのツケになる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 131
ボタンを押す
   
charge for the elevator: エレベーターのボタンを押す ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 54

   
pay a modest charge for sth: 〜の代金として穏当な額を支払う デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 433
管轄
   
be in charge of ...: 〜の管轄である ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 117
起訴
   
make a charge: 起訴する トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 11
業務
   
as to that business charge one be a strict man of business: こと銀行業務となると、あくまでやかましい(人は)銀行屋だ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 147
苦情
   
charge made by many non-Christian parents: キリスト教でない生徒の親から苦情が出る アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 222
警察
   
press charges: 警察に通報する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 214
件数
   
local charge: 地元で使われた件数 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 60
攻撃
   
a sober examination of sb’s charges: (人の)攻撃をまじめに検討してみようとする気持ち クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 348
告訴
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 339
告訴する
   
be charged with obstructing the police: 警察の捜査妨害のかどで告訴される レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 270
告発状
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 227
   
beat the murder charge: 殺人罪を免れる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 429
罪科
   
press charges against sb: (人に)罪科が及ぶ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 396
罪状
   
press charges: 罪状を言い立てる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 28
支払い
   
two nights’ charges: 二泊分の支払い トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 70
主張する
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 31
主導権
   
take charge of sth: 〜の主導権を握る ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 275
受け持ち
   
be in charge of ...: 受け持ちである フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 23
責める
   
charge sb: (人を)責める トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 109
責任
   
have charge of ...: 〜に責任を有する ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 98
責任者
   
be in charge: 責任者だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
走る
   
go charging out toward ...: 表へとびだし、〜めざして走る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 174
体当たり
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 192
体当りする
   
as though mean to charge it, crash it down: 今にもドアに体当りして押し倒さんばかりの剣幕になる カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 22
担当
   
put sb in charge of ...: (人を)〜の担当にする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 224
追いすがる
   
charge the handcar in a stumbling way: ぎくしゃくとハンドカーに追いすがる スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 212
通電
   
send a charge through the circuits: 回路全体に通電してやる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
縄張り
   
be in charge of sth: 〜は縄張り デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 36
難じる
   
frame no charge: はっきり口に出して難じてはいない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 35
爆弾
   
C4 charges: C4プラスチック爆弾 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 8
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 244
爆薬筒
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 337
費用
   
below-the-line charge: 特別費用 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 321
飛びかかる
   
charge at sb: (人に)飛びかかる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 99
猛然とダッシュする
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 115
預かる
   
容疑
   
trumped-up charge: でっちあげの容疑 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 121
get arson charge off sb’s neck: 放火容疑を晴らす ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 231
料金
   
charge sb correctly: 不当な料金をふっかけることもない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 93

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the woman in charge: 小母さん
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 20
the officer in charge: 担当官
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 496
take charge: すべてを引き受ける
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 220
take charge: 切り盛りする
安部公房著 ソーンダーズ訳 『燃えつきた地図』(The Ruined Map ) p. 194
ring up charges: カードを使う
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 96
in charge: 一肌ぬぐ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 147
free of charge: 銭金ぬきで
池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 55
come without charge: 〜は無料
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 295
charge sb angrily: (人を)怒る
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 334
charge in sth: (場所に)突入する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 287
charge around: 突進する
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 177
charge ...: 〜に駆けよる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 158
be on charge: 充電される
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 156
be in charge: おとなしくしている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 112
be in charge: 指揮官は〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 269
be in charge: 指揮官は〜だ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 393
be in charge: 責任者である
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 65
a nurse in charge: 附添婦
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 34
a log of charges: 利用記録
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 76
withstand a dynamite charge: ダイナマイトをしかけてもビクともしない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 257
with sb in charge: 〜がついている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 163
want to help be in charge: 〜を助ける一員になりたいと望んでいる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 226
think one can charge any fantastic prices one likes: 好き勝手な値段を吹きかけて平気だ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 120
they charge me five bucks for it: 五ドルもした
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 181
the teachers in charge: 引率の先生
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 56
the person in charge of the construction work: 工事責任者
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 84
the charges inflame sb: そう言われると(人が)荒れ狂う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 176
take charge of the lower regions: 台所のほうはひっかまえてやる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 178
take charge of sb: (人を)介抱する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 432
take charge of ...: 〜を仕切る
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 100
sit in a dirt-water jail on a bad check charge: 不渡り小切手を切ったかどで「臭い飯を食う」
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 148
sb’role as the responsible functionary in charge: (人の)責任者としての腕
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 485
rack up Infomode charges in another name: インフォモードを偽名で呼び出す
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 76
put sb in charge: (人に)あとを託す
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 237
one is in charge of doing: 〜係は(人の)役目になる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 99
leave the charge of the house to sb: 家の事は、(人に)任せる
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 31
leave sb in charge: (人に)後事を託す
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 240
leave sb in charge: 指揮を(人に)ゆだねる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 396
indict sb on income tax charges: 所得税法違反容疑で(人を)起訴する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 139
in charge of sb: 〜の指揮下で
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 269
in charge of an escort: 護衛こそついているが
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 122
in a voice charged with emotion: 感極まったように
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 151
have the charge of the funeral: (人の)手で葬儀をとり行う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 123
have charge of the case: この事件を担当する
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 175
go to London for a physician to take charge of one’s practice: 〜の留守をあずかる医者を捜しに、ロンドンにゆく
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 61
get a charge out of doing: 〜をしたらいい気分転換になる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 200
feel the sexual charge of ...: 〜に、性的興奮を感じる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 91
come charging in and out: かわるがわる部屋にとびこんでくる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 154
come charging around from ...: (場所)からどんどんと飛び出てくる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 17
charges run up in ...: 〜でカードが使われている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 60
charge up the alley: 路地を駆け上がる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 66
charge that this is merely an attempt by sb to do: 〜しようとする(人の)魂胆だと僻目に見る向きもある
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 93
charge of third-degree assault: 第三級暴行罪
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
charge ahead at full speed: 特急で一気に勝負
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 119
be put in charge of all business dealings with sb: (人の)担当に廻される
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 164
be not in charge: きかれたのが自分じゃない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 71
be in charge of the kitchen: 台所仕事をする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 135
be in charge of sb’s debriefing: (人の)尋問に当る
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 268
be in charge of ...: 〜といった役割りをつとめる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 208
be in charge of ...: 〜の陣頭指揮にあたる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 181
be in charge of ...: 〜の役である
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 180
be in charge of ...: 仕事を受け持つ
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 34
be imprecisely charged with the investigation: なんとなく調査主任にされる
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 18
be charged with murdering sb: 〜の殺人容疑で起訴される
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 115
be charged with ...: 〜を受けもつ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 79
be charged up for sb like a magnet: (人)にとって磁石のような力をもつ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 199
be charged by ... to do: 〜の指令で〜する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 214
be actually in charge: 実務にたずさわる
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 80
as the doctor in charge: 指揮にあたる医者として
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 264
charge that ... and add:: 〜と主張したのち、つぎのように述べる
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 31
She had found the killer--and her depth-charge racks were empty: 殺人者を発見したのだ--だが、その爆雷架はからっぽだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 334
And who's in charge of sucking up to these children this way?: そして、若者たちへのこうしたおべっか使いの担当者はだれだと思う?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 74
comofortable with sb in charge: (人が)一肌ぬいでくれたら頼もしい
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 147
description of the detective in charge: 担当捜査官の特長
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 257
drop the charge: 起訴を取り下げる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 48
charge sb a fortune: (人に)たっぷり請求する
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 9
'I was going to charge the trip to the recruiting budget, frankly,' I said: じつをいうと、出張費は新規採用関係の予算から出そうと思っていた」とわたしはいった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
feel the sexual charge of her flowershop-idyll: 花屋のファンタジーに、性的興奮を感じる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 91
leave sth in sb’s charge: 〜は(人の)手に委ねておく
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 541
depth-charge rack: 爆雷架
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 334
the depth-charge rails: 爆雷架
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 151
scuttling charge: 自沈用爆薬筒
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 46
ツイート