× Q 翻訳訳語辞典
completely   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜しきった
   
vitality is completely spent: 生活力の衰えきった 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 32
〜もいいとこ
   
completely atonal: 一本調子もいいとこ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 341

あます所なく
   
completely cover ...: 〜を、あます所なく押える 鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 12
いかにも
   
be completely cast down in spirits: いかにも元気を喪った様子だ 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 112
およそ
   
a completely mismanaged computer: およそ管理のずさんなシステム ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 162
からからに
   
be completely dry: からからに乾いている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 369
がらりと
   
one’s mood changes completely: がらりと態度を変える リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 44
change the subject completely: 話題はがらりと変わる アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 59
きれいさっぱり
   
Yes, completely: ええ、きれいさっぱり…… 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 30
きれいさっぱりと
   
completely forget everything about ...: きれいさっぱりと〜の事は忘れる 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 38
きれいに
   
how one could have so completely forgotten sb during one’s trip: (人のことを)旅の間中、どうしてあれほどきれいに忘れられていたのだろう 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 53
completely forget: きれいに忘れる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 95
くたくたに
   
be completely worn out: もう身も心もくたくたに疲れている 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 51
ぐるりと
   
turn completely around: ぐるりと廻転する 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 65
これ以上ないほど
   
an arm completely straight up: これ以上ないほどまっすぐ伸ばされた腕 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 200
ころっと
   
completely forget about ...: ころっと忘れる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 82
さっぱり
   
be completely bewildered: さっぱりわけがわからない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 233
しっかり
   
huddle completely under the blanket: 毛布にしっかり体を包む 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 207
じつに
   
be completely serious: じつに真剣だ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 49
すごく
   
look completely fazed: すごくボオッとした顔している 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 42
すっかり
   
vanish completely: すっかり退化する 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 157
turn completely yellow: すっかり黄色くなる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 169
the rain has completely stopped during the night: 雨は夜のうちにすっかりあがっていた 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 224
The ice cream on the table was completely melted: テーブルの上のアイスクリームは、すっかり融けてしまっている 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 66
Sean was completely immersed in the world of the Smurfs,: ショーンは、画面に映ったスマーフたちの世界にすっかりはまっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 26
sb’s tears are now completely dry: (人の)涙はすっかり乾いた 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 293
look completely drained: すっかり生気を失っている デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 287
just lose one’s head completely about sb: (人に)すっかりのぼせている アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 122
go completely off one’s rocker: すっかりたがが外れてしまう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 194
Even so, I've forgotten completely what I said: でも何をしゃべったのかはすっかり忘れてしまった 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 127
completely recover one’s humor: すっかり機嫌を直す 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 50
completely obliterate sb’s field of vision: 視界をすっかり遮ってしまう 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 230
completely forget ...: 〜をすっかり忘れている 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 275
completely change: すっかり変わる 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 65
be submersed completely in the group: 集団の中にすっかり埋没する 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 162
be completely hidden: すっかり姿を消す スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
be completely confused: すっかり混乱し タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 235
be completely changed: すっかり面変りしている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 69
be completely captivated by ...: 〜にすっかりとりこにされてしまう 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 13
be completely bewildered: すっかりとまどってしまう 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 253
<例文なし> ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 131
すつかり
   
find ... so odd that one is completely put off one’s stride: 思ひがけない返事に(人は)すつかりどぎまぎする 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 38
すべて
   
have sb completely under one’s thumb: すべて手なずけてしまう 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 81
ぜったいに
   
it is completely forbidden to ...: 〜することはぜったいに禁じられている ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 227
そっくり
   
come off completely: そっくりもげる マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 206
そのもの
   
completely calm: 平静そのもの ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 73
たちまち
   
completely wreck sb’s wits: たちまち頭がみだれる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 284
ちっとも
   
be completely at sea as to what you are driving at: あなたが何をねらっているのかちっともわからん アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 118
つきつめて
   
completely discuss sth: 〜をつきつめて議論する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 381
つくづく
   
a completely new appreciation for oxygen: つくづく思い知る酸素のありがたみ ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 50
とことんまで
   
rule sth completely: 〜をとことんまで支配する 鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 120
なにがあったって
   
completely immortal: なにがあったって死ぬもんですか ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 30
はっきりと
   
go completely off one’s rocker: 頭のたががはっきりと外れる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 529
ひどく
   
completely crestfallen: ひどくしおれかえる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 22
be completely at a loss: ひどくまごついてしまう 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 39
ほとんど
   
lose its identity completely: ほとんど見分けがたい リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 163
まことに
   
be completely natural: まことに自然だ 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 9
まったく
   
suspect the story is not completely made up: その話もまったくデタラメと思えないところがある 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 71
make the completely selfish gesture: まったく自分本位の意志表示をする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 25
まるっきり
   
Some were completely empty: まるっきりからのもあった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 359
まるで
   
be completely ordinary: まるで並みの人間 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
be completely covered with sth: まるで一面 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 72
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 18
まんまと
   
be completely taken in by ...: まんまと〜に乗ってしまう 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 65
みごとに
   
He has completely mistaken quiet for security, George: 閑散と安全をみごとに混同してるんだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 422
fool sb completely: みごとに(人を)だます 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 214
みじんも
   
be completely truthful: みじんも偽りのない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 589
みんな
   
completely skeltonized save for ...: 〜のほかは、みんな白骨になった 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 113
めいっぱい
   
utilise sb completely: (人を)めいっぱい利用する フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 251
もう
   
have completely given sb up: もう(人の)ことはあきらめていたところだ E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 45
ゆっくり
   
rest completely: ゆっくり静養する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 189

ケロリと
   
completely indifferent: ケロリと忘れて 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 120
ツルツルの
   
a completely bald head: ツルツルのハゲ頭 ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 215

一向に
   
ignore completely the existence of sb: (人と)一向音信の取り遣りをしない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 105
be completely indifferent to ...: 〜でも一向に平気だ 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 64
一切
   
be almost completely deprived of any means of communication with sb: 〜との連絡のみちは一切たたれたようなものだ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 98
一切の
   
become completely uninterested in ...: 〜に対する一切の関心を失う バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 36
一体全体
   
be completely mystified by it: それこそ一体全体どういう訳なのかと思う 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 125
何ひとつ
   
be completely ignorant when it comes to ...: 〜のことは何ひとつわきまえない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 446
何もないところから
   
fabricate completely: 何もないところから創作する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 91
皆目
   
become completely lost: 皆目わからない 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 86
確実に
   
completely identify: 確実に識別する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 276
完全に
   
go completely around the bend: 完全にむこう側に行ってしまう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 103
完璧に
   
thoroughly and completely: 非の打ちどころなく完璧に フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 113
be completely clean: 完璧にかたづいている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
疑いの余地なく
   
feel completely justified in doing: 〜することは疑いの余地なく正当な行為だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 460
見事に
   
just walk completely into a trap: 見事に罠にはまる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 251
根本から
   
sb’s premises are completely false: (人の)理論は根本から間違っている マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 25
至極
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 45
充分に
   
understand completely: 充分に理解する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 30
心から
   
the one thing in which you believe completely: 存在を信じられる唯一のものだと心から信じられる バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 360
have always felt completely at home: いつ訪ねても心から寛ぐことのできた バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 437
<例文なし> バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 276
寸分の隙なく
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 52
跡形もなく
   
completely collapse: 跡形もなく崩れ去る 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 111
全然
   
something completely different: 全然別のもの 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 128
全能の
   
be completely privileged: 全能の特権を与えられている ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 247
全面
   
completely agree: 全面同意 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 255
全面的に
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 254
大〜
   
say with a completely straight face: 大真面目に言う メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 207
大きく
   
be unpleasant in a completely different way: 同じく不愉快なことだが、その意味するところは大きく違っている ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 157
徹頭徹尾
   
<例文なし> 三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 166
突然
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 327
抜かりはない
   
Completely: 抜かりはない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 444
百パーセント
   
completely sure: 百パーセント把握する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 100
be never completely successful: 百パーセント効果的というわけではない アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 144
be completely true: 百パーセント真実である トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 314
a completely successful mission: 百パーセント成功だった任務 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 97
文句なしに
   
But the moment he heard them he knew they were exactly and completely right: が、その言葉を自分の耳で聞いた瞬間、ブライアンはそれが非のうちどころのない、文句なしに正しい答えであることを知ったのだった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 43
本当に
   
those friends with whom sb can be completely honest: 本当に何も隠さずに話せる友達 リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 29
be completely oneself: 本当に自分である リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 80
凡そ
   
an feeling completely irrelevant to ...: 〜とは凡そ縁遠い感じ 井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 29
綺麗に
   
My insecurity, fretfulness and timidity were swept away completely;: 不安も、焦躁も、はにかみも、綺麗に除去せられ、 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 116

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

totally and completely: 徹頭徹尾
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 76
that’s completely mad: 言語道断とはそれだ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 114
spoil sth completely: (物は)台無しだ
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 71
seem completely unreal: どうも現実の感がしない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 226
seem completely defenseless: まるで隙だらけに見える
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 19
rise completely: 昇りきる
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 257
never completely do: 〜こそしないものの
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 42
lose sb completely: (人を)見失う
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 302
have vanished completely: 〜もひっくるめ、のこらず消え失せてる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 49
have vanished completely: すべてあとかたもなく消え失せている
ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 56
fool sb completely: (人が)いくら考えてもわからない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 48
disappear completely: 消えてしまう
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 239
completely undecipherable: 判読不能の
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 248
completely unconsciously: 無意識のうちに
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 97
completely straight-faced: けろりとした顔で
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 64
completely serious-minded: 真面目一方
阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 174
completely satisfying: 文句のつけようがない
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 149
completely relaxed: ほっとした気持でくつろいでいる
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 226
completely overshadowed mother: 存在感の希薄な母親
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 227
completely obedient: 絶対服従
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 26
completely laid waste: 破壊され尽した
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 83
completely ignore: 知らん顔をする
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 72
completely equipped ...: 〜を完備した〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 57
completely disappear: どこかへ行ってしまう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 86
completely crazy: 途方もない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 183
completely change: 一変する
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 161
change track completely: 話の道筋をかえる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 277
change completely: 変り果てる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 174
break down completely: 泣き崩れる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 141
become completely unreal: 嘘のようにも思える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 371
become completely cold: 冷めはてる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 24
be completely still: 静止している
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 137
be completely sincere: 嘘はない
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 79
be completely ordinary: かなり平凡なものにすぎない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 195
be completely inflexible: 不撓不屈
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 139
be completely honest: いたって正直そのもの
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 246
be completely groundless: 出鱈目だ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 62
be completely grossed-out: あきれはてる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 206
be completely exhausted: 力尽きる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 211
be completely changed: 似ても似つかぬ
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 83
be completely changed: 手のひらを返すような変り方だ
辻邦生著 スナイダー訳 『安土往還記』(The Signore ) p. 30
be completely bald: (人の)頭がつるつるの丸坊主になる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 305
agree completely: そのとおりだときっぱり答える
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 37
you seem to have done the thing very completely: ぬかりはなかったか
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 87
work one’s head around completely: 頭をぐるりとまわす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 39
with a completely easy mind: 天下晴れて
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 28
will be completely well: きっとよくなる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 12
understand how absolutely and completely true they are: これは絶対的な真実だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 292
understand how absolutely and completely true they are: 百パーセントの真実だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 292
throw sb completely off balance: (人を)面くらわせる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 23
the tired body takes over completely: 疲れた体が凡てだ
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 13
the house is now completely dark: 家中が真っ暗だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 232
the cost of living in ... is completely different than in ...: 物価の尺度が違うところだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 61
stand completely alone in this world: 世の中にたった一人住んでいる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 268
seem cool and completely unruffled by the furor: いっときの感情に押し流されることなどありえないという感じ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 307
seem completely at ease: いかにも落ちついたものなれた態度だ
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 101
run away and be completely lost, whereabouts unknown: 逃げて出たきり行方不明になる
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 104
our whole conversation from beginning to end is completely unimportant: はじめから終わりまで、すべてみな何でもない会話だ
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 167
one’s head clear completely: 頭がクリアーになる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 87
love so completely that ...: 愛する余りに、〜
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 100
leaving one’s midriff completely exposed: 腹を丸出しにしながら
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
keep it under wraps completely: おくびにも出すんじゃない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 69
it is completely unfair: こんなめちゃくちゃな話はない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 374
in society’s eyes, completely undistinguished: 世間では何の肩書きもない
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 155
ignore sb almost completely: なにかというと(人を)ないがしろにする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294
I guess I’m not completely sure: 百パーセント自信があるわけじゃないんだけど
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
have completely forgotten about ...: 〜を忘れてしまう
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 108
get away immediately and completely from all the annoyances: 急に一切の煩わしさから離れる
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 21
find oneself living in a completely empty house: ひとり暮らしがはじまる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 136
feel the core of one’s brain go completely dark: 頭の芯がくらくらする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 134
feel completely wrung out: 全精力を使いはたした気分だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 240
don’t feel completely at home: 何かと気が置ける
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 85
do not completely believe: 頭から信じこんだわけではない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
completely without rhyme or reason: これと言った理由なく
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 25
completely wipe sb out: へとへとに疲れる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 258
completely oblivious to the rest of the company: ほかの者など眼中にない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 122
completely loose one’s head: 大変非常識
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 50
completely indifferent to other people’s feelings: 人を人とも思わない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 465
change them round completely: その逆を行く
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 65
can be myself completely: 百%存在を許されている
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 81
become almost completely absorbed in developing one’s theory of ...: もっぱら〜の問題を追求する
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 2
be so completely taken up with oneself that ...: 自分のことしか念頭にないから
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 87
be not completely sure: 確かじゃない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 209
be completely undamaged by the earthquake: 震災でびくともしない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 256
be completely tired of ...: 〜に倦きはてる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 97
be completely off the mark concerning ...: 〜についての見当はずれ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
be completely off the mark: 〜ほど見当はずれなものはない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 87
be completely immersed in the water: とっぷりと湯にひたる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 74
be completely immersed in sth: 〜に百パーセント没頭している
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 42
be completely filled with sth: 〜でぎっしりだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 20
be completely engrossed in ...: 頭がつかまっている
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 60
be completely drenched with sweat: 寝汗をびっしょりかく
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 30
be completely done in: ぐったり疲れる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 273
be completely covered with ...: 〜が全身を埋める
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 54
be completely alone in the world: 天涯孤独を地で行く
安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 146
be by this time completely bewildered: もうなにがなんだかちんぷんかんぷんである
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 165
as though they are completely alone: 人もなげに
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 209
a situation so completely removed from the stir of society: これほど世間離れのした土地
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 5
a life completely different from ...: 〜と裏腹な世界
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 198
a gully completely filled in with ice: 一面の氷で埋められた谿
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 269
... differ completely from ...: 〜とは似ても似つかぬ〜
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 202
be completely antagonistic: 全く相容れない
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 97
feel completely justified in doing, as sb do: (人が)現今〜していることをかんがみれば、〜することは疑いの余地なく正当な行為だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 460
completely beyond comprehension: 全く理解の外
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 148
blow up completely: 完全に逆上する
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 66
blow one’s mind completely: パニックだ
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 87
Very civil, very courteous and completely unapproachable: じつにおとなしく、じつに礼儀正しく、そしてまったく取りつくしまがないのです
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 106
That often misused cliche 'hail of lead' was completely accurate here: あのしばしば誤用される「弾雨」という形容が、ここではまったく正確であった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 338
completely collapse: めちゃめちゃになる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 81
be completely out of control: 手のほどこしようもない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 104
be completely out of control: 全くどうかしておるぞ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 182
stand completely alone in this world, cut off from every other living person: 何処からも切り離されて世の中にたった一人住んでいる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 268
travel in a daze, completely unaware of sb’s surroundings: 上の空で素通りする
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 12
be a completely defused member of ...: 〜に籍をおいていながら、まったく使い物にならない存在
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 47
be completely detached from ...: 〜とは無縁の
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 164
be something completely different from that: 全く別のところにある
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 21
be completely dominated by ...: 〜の中心は、〜である
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 285
like a man completely exhausted: 万象に疲れた人の様に
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 76
be a completely different experience: 勝手が全く違う
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 7
ツイート