× Q 翻訳訳語辞典
whole   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜ごと
   
〜じゅう
   
whole family: 一家じゅう 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 216
J claimed it was just as effective, but now my whole face smelled like vodka: ジェイに言わせれば同じようなものだったが、顔じゅうにウォッカの匂いがした 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 144
But the whole place is always quite quiet,: けれどもいつでも家じゅうまだしいんとしているからな 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 61

あそこいらの
   
the whole area has changed in appearance: あそこいらの様子がまるで違ってしまう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 164
あまさず
   
can bring the whole scene back again: あのときの情景をあまさず思い浮かべることができる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 155
ありったけの
   
recite a whole list of crimes: ありったけの犯罪をならべあげる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 515
ありのままの
   
いっしょに
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 327
いっぱい
   
whole afternoon: 午後いっぱい 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 57
がらりと
   
things take on a whole new perspective: 視点ががらりと変わる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 137
くまなく
   
be able to take a full View of the whole Performance: 訓練の有様がくまなく眺め渡せる スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 44
ことごとく
   
explain the whole situation: ことごとく話す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 251
ごと
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 151
じゅう
   
the whole street: 近所じゅう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 352
すっかり
   
take in the whole conversation: 会話をすっかり聞く タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 132
reveal whole ...: 〜をすっかり話す クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 261
one’s whole nature is changing: 性格がすっかり変わる レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 228
adopt ... wholesale: 〜をすっかりうけれいれる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 461
すべて
   
let sb handle the whole thing: (人に)すべてをまかせてしまう ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 50
ずっと
   
whole thing: ずっと〜でした トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 127
ぜんたい
   
the camera pulls away to show the whole of sth: カメラがずっとバックして〜のぜんたいの輪郭をくっきり映す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 400
ぜんぶ
   
run the whole show: ぜんぶ采配をふるう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 411
a whole new outfit: 上から下まで全部新しいもの フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 31
そっくり
   
devote oneself to sb for two whole days: 二日間だけそっくり(人に)自分の体をあける 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 206
borrow the person’s whole life: 身分をそっくり借りる 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 112
そのまま
   
swallow sb’s theories whole: (人の)理論をそのまま鵜呑みにする 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 48
そのもの
   
The whole school is on the fringe: まあ、あの学校そのものが孤立しているんだがね デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 122
そもそもの
   
it was the whole idea of it: それがそもそもの意図だった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 173
だいたい
   
on the whole: だいたいが 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 87
だいたいの
   
sound like one can picture the whole scene: だいたいのことを納得したような口調だ 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 103
だれもかれも
   
whole world: だれもかれも ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 163
ちゃんとしている
   
be whole: ちゃんとしている ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 133
どこもかも
   
the whole of that area have been burned down: あの辺りはどこもかも焼け跡ばかりだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 207
どちらか
   
be on the whole disposed to side with sb: どちらかといえば(人)の肩を持ちたい気がする 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 48
なにからなにまで
   
in the whole mess: なにからなにまで筋の通らない状況にあって スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 365
ばかり
   
spend one’s whole time asking intimate questions of perfect strangers: 見ず知らずの他人に向かって立ち入った質問をしてばかりいる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 99
ひと
   
the whole summer: ひと夏のあいだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 65
ひとそろい
   
whole outfits: 着るものをひとそろい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 335
べた一面に
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 129
まるごと
   
hold the whole local timetable in one’s head: この地方の列車の時刻表をまるごと思い浮かべる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 123
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 336
まるまる
   
without giving up sb’s whole Sunday: 日曜日をまるまるつぶさなくてすむ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 129
for about two whole months: まるまる二か月ばかしも サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 192
みななべて
   
the whole world seems to wait: 物みななべて息を殺しているかのようだ スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 70

一切すべて
   
the whole system: 一切すべて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 417
一切の
   
responsible for the whole clerical administration: 一切の実務の権限を握る 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 32
一般
   
sth as a whole: 〜一般 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 38
attempt to deal systematically with whole question of psychopathology: 精神病理一般を統一的に考察しようと試みる 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 5
一部始終
   
never get the whole story: 一部始終を聞いたわけじゃないの クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 40
一面
   
whole place is covered with dust: 部屋一面が埃に覆われている ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 225
一連の
   
this whole thing: この一連のできごと バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 115
the whole matter: 一連の事件 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 425
put this whole unpleasant business behind sb: この一連の不快な出来事を過去のものとする バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 231
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 27
何もかも
   
overturn the whole thing: 何もかもがひっくりかえってしまう 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 50
完全に
   
one’s whole collection vanish: (人の)標本が完全に消失する 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 118
完璧な
   
whole item: 完璧な品物 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 339
自体が
   
the whole of this district: この地区自体が 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 113
   
offer sb the whole span of the bridge: (人が)橋の全長を見渡せる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 512
have a whole schoolful before one: 全学校の人たちが目の前にずらっとならんでいる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 276
全額
   
make whole for the losses: 損失を全額弁償する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 293
全体
   
the whole appeal of this venture: このできごと全体 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 176
room as a whole: 部屋全体 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 82
light up one’s whole face: 顔全体がぱっと明るくなる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
全体として
   
without knowing the whole truth: 全体として正しいかどうかはいざ知らず フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 154
全般
   
the modern age as a whole: 現代という時代全般 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 89
全部
   
want to redo the whole goddamn place: 全部をやりなおさせるつもりだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 323
use up one’s whole year’s construction budget to do: 〜に年間の建設予算を全部使い切る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
大きな
   
bring out the whole pack: 大きな敵をむこうにまわす ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 69
逐一
   
tell the whole story: 逐一記録している ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 176
余すところなく
   
be given the whole truth: 真相を余すところなく明かしてもらえる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 11

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

whole young life: 半生
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 103
whole while: 〜したまま
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 147
whole thing: なにもかも
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 173
whole shootin’ match: 何もかも
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 178
whole crew: お歴々
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 101
this whole episode: この事件
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 251
the whole world: 世界中の人々
the whole way: ずっと
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 168
the whole time: そこにいるあいだずっと
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 53
the whole time: そのあいだ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 167
the whole time: 最初から最後まで
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 363
the whole time: 終始
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 142
the whole thing: 一部始終
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 9
the whole spectrum: 全般にわたってです
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 252
the whole school: 全校生徒
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 272
the whole neighborhood: あたり一帯
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 35
the whole lot: 〜ごと
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 12
the whole idea of ...: 〜など
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 122
the whole family: みんな
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 253
the whole family: 一家あげての
鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 1
the whole family: 家族
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 333
the whole episode: その話
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 394
the whole damned world: 全世界
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
the whole bunch of sb: みんな
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 37
that whole business: この騒動
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 229
one’s whole life: 生まれてからずっと
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 135
one’s whole family: (人の)家系
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
one’s whole family: 一族郎党
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
one’s whole body get rigid: こわばる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 155
one’s whole body: (人の)筋肉
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
on the whole: おしなべて
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 383
on the whole: どこから見ても
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 85
on the whole: なにはともあれ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 386
on the whole: まずまず
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 143
on the whole: 一般的に
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 246
on the whole: 結果からみると
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 388
in sb’s whole existence: 一生涯
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 204
halve the whole: 引き分ける
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 263
feel one’s whole body stiffen: 固くなる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 253
eat the whole thing: 平らげる
as a whole: 総体としての
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 59
a whole year passed: 一年経つ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 265
a whole series of ...: 〜全体
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
a whole fish: 尾頭つきの魚
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 34
a whole bunch of ...: 〜の全部
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 38
would prefer to know exactly how to catch the whole gang: どうすれば略奪団を一網打尽にできるか知りたい
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 257
with one’s whole heart and soul: それころ真心こめて
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 53
whole thing is an elaborate hoax: まんまと一ぱいくわされる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 88
whole body of literature: 小説の世界
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 326
weep in large, flat sobs that make sb whole body quake: 全身をふるわせ、声をあげて、いつまでもつづくようなすすり泣きをする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 333
watch the whole thing: 一部始終を見聞きする
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 36
wash one’s hands of the whole business: きっぱりと手を引く
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 162
wash one’s hand of the whole mess: あとは野となれ山となれと知らぬ顔をする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 69
this whole damn business is a pipe dream: なにからなにまで白昼夢でも見てる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 76
things are a whole lot less constrained: 束縛が大幅に軽減される
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 81
there can’t be a whole lot of people left there now who ...: 〜(人は)、そう何人も残っていないらしい
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 374
there’s a whole bloody bookful: ノート一冊埋まる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 384
the whole world about sb: 世界じゅう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 179
the whole three of them: 三人が三人とも
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 110
the whole thing looks pretty simple: そんなに複雑なヤマじゃない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 348
the whole thing is interesting: なにもかもがおもしろい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
the whole thing is getting to be too much for sb: もう〜にもさっぱりわけがわからなくなりつつある
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 191
the whole thing is ...: 最初から〜
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 205
the whole thing depends on ...: 何ごとも〜でやっていく
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 245
the whole thing began on ...: 〜のことです
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 7
the whole stretch of land in this vicinity: その付近一帯
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 13
the whole sodding world is asking questions: それでなくても世の中質問好きばかり
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 295
the whole question of sth: (物事の)全貌
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 163
the whole purpose of ... is limited to one of two things: 〜の目的は、ほぼふたつに限られる
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 426
the whole poor world: 世界じゅうのあわれな人々
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 350
the whole plain is covered with ...: 〜が一面に生い茂っている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 113
the whole notion of a challenge: 挑戦されたと思っただけで
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 328
the whole matter is depressing sb no end: なにかめったやたらと気分のまん中のあたりがムナシクなってしまっている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 52
the whole goddam stupid bunch of them: そういう間抜けな奴らが大挙して
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 240
the whole fucking idea: どだい考えが間違っている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 267
the whole family is assembled: 家族四人の顔が揃う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 188
the whole family comes together: 一家が一堂に会する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 246
the whole construction topples: 建造物は崩れて倒れる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 158
the whole character of ... changes: 〜がなにもかもがらりと変わる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 383
the whole bunch of them: みんながよってたかって
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 240
the whole awesome distance: そのおぞましい高さ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 445
the whole arrangement is designed for ...: 世の中には〜
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 292
the whole ... thing is a hoax: 〜の件はなにからなにまででっちあげ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 249
the upshot of their whole exchange: 押し問答のあげく
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 157
the sad keys to the whole fucking tragedy: 救いようのない悲劇の哀しい鍵
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 120
the roof has been kept whole hitherto: 建物の屋根はこれまで保全されてきた
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 33
the pros and cons of the whole thing: 損得の利害
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 65
that is one’s whole game: そこを面白がっているんだ
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 137
that’s the whole trouble: これだから困る
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 317
that’s the whole point: そこがポイント
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 80
tell whole story from the time ...: 〜以来のいきさつを洗いざらい語る
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 261
tell the whole story: 何事も隠さずに話す
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 236
tell sb the whole story: すべてを打ち明ける
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 170
tell sb the whole story: 何もかも話す
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 61
tell sb the whole story: 事のしだいを(人に)打ち明ける
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 11
tell sb the whole goddamn truth: ほんとうのところを洗いざらいぶちまける
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 190
tell sb everything, the whole story about ...: 〜のことなど正直にいろんなことを打ち明ける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 419
talk contemptuously of the whole world: 天下を睥睨する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 187
take over the whole mess: あとは任せろと胸をたたく
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 294
take over the whole house: うち中にただよう
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 102
take a good look at the whole motley crowd: 端から端までつぶさに観察する
suddenly, the whole world looks different: まわりの風景が一変する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 321
stuff the whole thing into one’s mouth: いっぺんに口に押し込む
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 236
structure of Japanese society as a whole: 日本の社会構造
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 23
staring at ... the whole time: 〜をずっと眺めながら
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 211
spend the whole summer in idleness: 一夏を無為に過ごす
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 94
spend the whole day reading: 毎日本ばかり読んでいる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 139
spend one’s whole life with sb: (人に)一生托す
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 137
spend a whole year in the same school: ひとつの学校に一学年留まる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 170
spend a whole Sunday: 日曜の一日をつぶす
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 100
speak matter-of-factly, as if one know the whole story: 万事わかっているのか、当然のことのようにいう
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 295
sit whole nights away: 夜を徹する
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 20
sing the whole sth: 〜を最後までうたう
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 254
sing silly songs in one’s awful voice the whole way: 道中いつものひどい声で、いつもの馬鹿げた歌を延々と歌い続ける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 280
sb’s whole world changed: (人の)世界が一変した
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 17
sb’s whole nature revolts against it: (人は)心の底から反感を感じる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 114
sb’s whole attitude towards sb changes: (人の)気分が変わる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 78
sb’s loneliness seems to grip sb’s whole body: 侘しさが( 人の) 身体に食い込むような感じがする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 219
resent the way this whole event is being viewed: この事態についての世間のものの見方を、承服することができない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 482
put the whole thing together: 全体を仕切る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 113
put the whole business to ...: 〜にぶちまける
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 83
put the whole bloody mess behind one: これまでのどうしようもない生活にきっぱりおさらばする
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 124
professional way sb has carried out the whole exercise: 終始一貫プロらしく事を運んだこと
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 33
proclaim the whole thing publicly: すっかり外部に公表してやる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 259
practically a whole Sunday: 日曜をまるまる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 29
one’s whole face twist into frown: 力いっぱい顔をしかめる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 76
one’s whole body is trembling with humiliation and hatred: 総身がわななくほどの悔しさを覚えだす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 200
on the whole not too bad: おおむね宜しい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 205
normally so concerned with the human form as a whole: 姿態を重視した希臘神話のなかで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 141
never come out once the whole time: とうとうおしまひまで顔を出さなかつた
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 157
need a whole row of yaks: ヤクの背中がいくつも要る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 152
mean whole volumes to sb: (人に)とっては一大事である
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 485
manage the whole daft scheme: 愚かしい生涯設計を貫く
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 409
let us forget the whole matter: この問題はこれで止めにしましょう
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 38
let my whole ... down!: 〜を台無しにしちゃった!
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 84
last sb’s whole lives: 生涯長持ちする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 233
know the whole history inside out: 一部始終を知る
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 361
it refreshes civilisation, makes us whole all that sort of thing: それがあれば文明は命を吹き返し、現代人も人間性を回復することができる
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 215
it has been like a whole-body version of the coin tricks ...: なんといったらよいか、コインや〜を使った手品といった類のトリックを全身で表現しているような感じなのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
identify one’s whole life with ...: みずからの人生を〜にかさねあわせる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 292
I watched the whole thing: とくと拝見した
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 105
have the whole evening free: 今日の夕方は完全にあいている
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 209
have the whole ballpark: わが世の春だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 91
have spent one’s whole life doing: あくせく〜ばっかりしてきた
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 127
have scraped by a whole year: 一年間なんとかやってきた
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 40
have reasoned oneself out of the whole thing: すっかりあきらめきっている
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 66
have never been able to learn the whole story of the matter: その出来事の真相をつかみきれぬままにいる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 428
have lived one’s whole life thinking of oneself as the only real man: 自分だけは男だ、と思って生きてきたんです
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 38
have been in an agony the whole way lest ...: 〜しないかとはらはらしどおしだ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 83
have been following this routine for a whole month: このひと月、同じことを繰り返している
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 77
have been doing one’s whole life: 子供のときから〜しつづけてきた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 327
have become a talking point over the whole length and breadth of the land: 日本国じゅうの話題をさらった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 407
had obviously worked the whole things out before sb arrived: 明らかに(人が)到着する前に筋書はすべて出来あがっていたもようだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 212
go through the whole performance: もう一度初めからしまいまで、実演して見せる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 302
get to sick of the whole thing that sb feel like giving up: 疲れてどうでもよくなる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 76
follow a whole procedure to do: 〜するための手つづきを全部とる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 332
fling the whole shebang forward: すっかり前に投げ出す
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 100
find sb a whole lot easier to live with: (人との)結婚生活がそれほど苦にならなくなる
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 40
fill the whole room: 部屋いっぱいに立ちこめている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 203
feel that one’s life is truly whole: 人生の充足をかんじる
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 36
feel like sb have shoved one’s whole fist into ...: 〜に(人の)拳固が押しこまれたような気がする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 246
everybody involved feels bad about the whole deal: 居合わせた全員が後味の悪い思いをする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 485
duplicate the whole plan: あの作戦をそっくり使う
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 457
don’t tell the whole story: 〜はものごとの全貌を告げていない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 227
don’t know the whole story: 前後の事情がよくわからない
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 19
do the whole routine: みんながやるようなことをやる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 135
do the whole of the way: のべつ幕なしに〜する
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 31
continue swimming the whole night: 一晩泳ぎつづける
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 267
come the whole way around ...: 〜のまわりをぐるりと一回りしてくる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 151
can manage the whole lot of them: 〜なら大丈夫、十把ひとからげだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 112
call the whole game: 采配をふる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 210
borrow the whole lot: ドカンと借りる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 214
believe in sth with all one’s whole heart: 思いっきり信じる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 355
become united in a single whole: 渾然一体になる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 132
be watching the whole thing: 一部始終を見ている
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 421
be trying to forget the whole business: その件をきれいさっぱり忘れたがっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 250
be the whole load: ドサッと糞をかぶる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
be responsible for the government and good order of the whole country: 一国の政治をうごかす者だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 37
be on the whole a considerate sort of person: 思慮に富んだほうだ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 221
be not, on the whole too much aware of sb: ふだん〜のいうことをあんまり気にはしない
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 202
be made known to the whole country: 全国津々浦々に知れわたる
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 5
be given the whole treatment: 下にも置かない扱いを受ける
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 309
be getting a big kick out of the whole thing: すべてに見放された存在である
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 91
as if one had been doing ... the whole time: あのあとずっと〜してたよーん、といわんばかりの顔で
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 157
as if one find the whole thing boring and distasteful: 面倒臭げに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 296
apropos of nothing except my whole life: さりげなく
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 161
a whole Turkish family: トルコ人の一家
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 507
a whole string of questions: いろいろな疑問
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 335
a whole mess of other fish: 町じゅうがひっくりかえるほど大切な用事
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
a whole collection of telephoto lenses: 望遠レンズ一式
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 209
a whole bunch of sth: ありとあらゆる〜
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 181
a whole box of ...: 〜がごっそり詰まった箱
a whole bag of sth washed down with ...: 〜の大きな袋を開けて、〜で流し込む
be condemned to spend sb’s whole life in humiliation, apologies, and abasement: 恐縮し謝罪しはにかんで生きていなければならない
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 162
Well hell, I mean I see this whole thing as Bee's achievement and not mine: じつをいえば、これはひとえにビーの手柄であって、わたしの手柄ではない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 88
have the whole air of sth: 打ち見たところは(物)としか思えない
all over one’s whole face: 顔じゅうべた一面
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 33
the whole country already seemed to be in an uneasy mood: あのころから、国中にはなんとなく不吉な気分がみちていた
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 38
Anyway, the whole thing looks pretty simple: いずれにせよ、そんなに複雑なヤマじゃないな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 348
whole assembly, exalting their pilgrim’s staves rush round sb in a body: 会衆たちは皆めいめい巡礼杖を振り上げながら、一団になって(人の)まわりに押し寄せる
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 34
a whole new world of woe awaits: 新しい嘆きの世界が眼前に待ちかまえている
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 120
It was awkward, but on the whole I was satisfied with the result: 実にばつが悪かったけど、結果からみると、まあうまくいったと言えるでしょう
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 388
that is the balance point on which whole thing rests: その一点にすべてがかかっている
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 306
A whole week of silk laid out before him: 絹のようにうるわしい一週間が目前にひかえているからだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 112
the whole place is a blaze of light: その部屋はまばゆいばかりの照明がこうこうとついている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 109
the whole blinking lot: まことにけしからん連中だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 206
making oneself out of the boss of the whole place: まるっきりわがもの顔だ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 23
be a whole brand-new can of beans: 前代未聞だ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 105
the whole of London is burning: ロンドンじゅうが火の海
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 213
the whole rotten business comes toppling to the ground: この糞いまいましい状況全部が音を立てて崩れ落ちる
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 66
buy a whole new wardrobe: 服を新調する
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 68
the whole catastrophe: 破局が訪れて、それまでの生活を捨てる
alter the whole character of the Russian war: ソ連戦線の全局面を変える
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 89
feel quite cheerful about the whole situation: 気が晴れる
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 263
grab at a whole clutch: がぜん勢いづく
レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 32
I don't want the whole plan to collapse for the sake of a ten-penny battery: 十ペンスのバッテリーをケチケチして、計画全体をぶちこわされちゃかなわんからね
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 199
whole colony: 群れ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 115
Wilma was the only person in the whole neighborhood who complained: だいたいこの町で、ウィルマほどつべこべ文句をいう人間はいないんじゃないか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 82
our whole conversation from beginning to end is completely unimportant: はじめから終わりまで、すべてみな何でもない会話だ
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 167
when the whole world seems to be conspiring against one: なんだかひどく徒労感をおぼえる時
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 122mindless
ツイート