× Q 翻訳訳語辞典
whole   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜ごと
   
〜じゅう
   
whole family: 一家じゅう 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 216
J claimed it was just as effective, but now my whole face smelled like vodka: ジェイに言わせれば同じようなものだったが、顔じゅうにウォッカの匂いがした 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 144
But the whole place is always quite quiet,: けれどもいつでも家じゅうまだしいんとしているからな 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 61

あそこいらの
   
the whole area has changed in appearance: あそこいらの様子がまるで違ってしまう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 164
あまさず
   
can bring the whole scene back again: あのときの情景をあまさず思い浮かべることができる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 155
ありったけの
   
recite a whole list of crimes: ありったけの犯罪をならべあげる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 515
ありのままの
   
いっしょに
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 327
いっぱい
   
whole afternoon: 午後いっぱい 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 57
がらりと
   
things take on a whole new perspective: 視点ががらりと変わる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 137
くまなく
   
be able to take a full View of the whole Performance: 訓練の有様がくまなく眺め渡せる スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 44
ことごとく
   
explain the whole situation: ことごとく話す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 251
ごと
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 151
じゅう
   
the whole street: 近所じゅう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 352
すっかり
   
take in the whole conversation: 会話をすっかり聞く タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 132
reveal whole ...: 〜をすっかり話す クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 261
one’s whole nature is changing: 性格がすっかり変わる レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 228
adopt ... wholesale: 〜をすっかりうけれいれる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 461
すべて
   
let sb handle the whole thing: (人に)すべてをまかせてしまう ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 50
ずっと
   
whole thing: ずっと〜でした トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 127
ぜんたい
   
the camera pulls away to show the whole of sth: カメラがずっとバックして〜のぜんたいの輪郭をくっきり映す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 400
ぜんぶ
   
run the whole show: ぜんぶ采配をふるう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 411
a whole new outfit: 上から下まで全部新しいもの フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 31
そっくり
   
devote oneself to sb for two whole days: 二日間だけそっくり(人に)自分の体をあける 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 206
borrow the person’s whole life: 身分をそっくり借りる 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 112
そのまま
   
swallow sb’s theories whole: (人の)理論をそのまま鵜呑みにする 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 48
そのもの
   
The whole school is on the fringe: まあ、あの学校そのものが孤立しているんだがね デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 122
そもそもの
   
it was the whole idea of it: それがそもそもの意図だった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 173
だいたい
   
on the whole: だいたいが 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 87
だいたいの
   
sound like one can picture the whole scene: だいたいのことを納得したような口調だ 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 103
だれもかれも
   
whole world: だれもかれも ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 163
ちゃんとしている
   
be whole: ちゃんとしている ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 133
どこもかも
   
the whole of that area have been burned down: あの辺りはどこもかも焼け跡ばかりだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 207
どちらか
   
be on the whole disposed to side with sb: どちらかといえば(人)の肩を持ちたい気がする 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 48
なにからなにまで
   
in the whole mess: なにからなにまで筋の通らない状況にあって スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 365
ばかり
   
spend one’s whole time asking intimate questions of perfect strangers: 見ず知らずの他人に向かって立ち入った質問をしてばかりいる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 99
ひと
   
the whole summer: ひと夏のあいだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 65
ひとそろい
   
whole outfits: 着るものをひとそろい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 335
べた一面に
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 129
まるごと
   
hold the whole local timetable in one’s head: この地方の列車の時刻表をまるごと思い浮かべる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 123
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 336
まるまる
   
without giving up sb’s whole Sunday: 日曜日をまるまるつぶさなくてすむ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 129
for about two whole months: まるまる二か月ばかしも サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 192
みななべて
   
the whole world seems to wait: 物みななべて息を殺しているかのようだ スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 70

一切すべて
   
the whole system: 一切すべて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 417
一切の
   
responsible for the whole clerical administration: 一切の実務の権限を握る 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 32
一般
   
sth as a whole: 〜一般 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 38
attempt to deal systematically with whole question of psychopathology: 精神病理一般を統一的に考察しようと試みる 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 5
一部始終
   
never get the whole story: 一部始終を聞いたわけじゃないの クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 40
一面
   
whole place is covered with dust: 部屋一面が埃に覆われている ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 225
一連の
   
this whole thing: この一連のできごと バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 115
the whole matter: 一連の事件 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 425
put this whole unpleasant business behind sb: この一連の不快な出来事を過去のものとする バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 231
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 27
何もかも
   
overturn the whole thing: 何もかもがひっくりかえってしまう 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 50
完全に
   
one’s whole collection vanish: (人の)標本が完全に消失する 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 118
完璧な
   
whole item: 完璧な品物 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 339
自体が
   
the whole of this district: この地区自体が 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 113
   
offer sb the whole span of the bridge: (人が)橋の全長を見渡せる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 512
have a whole schoolful before one: 全学校の人たちが目の前にずらっとならんでいる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 276
全額
   
make whole for the losses: 損失を全額弁償する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 293
全体
   
the whole appeal of this venture: このできごと全体 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 176
room as a whole: 部屋全体 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 82
light up one’s whole face: 顔全体がぱっと明るくなる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
全体として
   
without knowing the whole truth: 全体として正しいかどうかはいざ知らず フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 154
全般
   
the modern age as a whole: 現代という時代全般 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 89
全部
   
want to redo the whole goddamn place: 全部をやりなおさせるつもりだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 323
use up one’s whole year’s construction budget to do: 〜に年間の建設予算を全部使い切る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
大きな
   
bring out the whole pack: 大きな敵をむこうにまわす ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 69
逐一
   
tell the whole story: 逐一記録している ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 176
余すところなく
   
be given the whole truth: 真相を余すところなく明かしてもらえる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 11