× Q 翻訳訳語辞典
stir   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うごめく
   
some regurgitive impulse stirring: 吐き気がうごめいている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 179
くすぐる
   
stir sb’s curiosity and arouse sb’s excitement to an uncommon degree: (人の)好奇心、冒険心を一方ならずくすぐる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 10
ざわめき
   
there was a stir at ...: (場所に)ざわめきが起った 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 211
そそる
   
stir any emotional reminiscence of days gone by: 懐旧の情をそそる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 463
それる
   
don’t stir from ...: 〜からちらともそれない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 256
はためく
   
the flags never stir: 軍旗がそよともはためかない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 414
ほんの少し身じろぎする
   
I stirred in a cocoon of darkness: 暗闇の繭にとじこもって、わたしはほんの少し身じろぎする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 66
まき上る
   
stir dense clouds of dust: 埃が濛々とまき上る 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 5
もじもじする
   
The lawyer stirred: エントウイッスル氏はまたもじもじして、・・・ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 106
もそもそと身体を動かす
   
The man across from Myers began to stir: マイヤーズの向かいに座った男がもそもそと身体を動かしはじめた カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 111
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』(Raise High The Roof Beam, Carpenters ) p. 8
もぞもぞと身体を動かす
   
stir in one’s seat: 席に坐ったままもぞもぞと身体を動かす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 190
stir at one’s table: テーブルについたまま身体をもぞもぞと動かす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 213
もぞもぞと動く
   
The whole sleepy room stirs: 部屋全体がもぞもぞと動く タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 212
ゆさぶる
   
stir sth into huge movements: それを大きくゆさぶる ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 118
よみがえる
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 102

ガリガリかき起す
   
stir the fire continuously for five minutes: ものの五分も続けざまに暖炉の火をガリガリかき起す ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 154

何か画策する
   
<例文なし> ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 101
気配
   
nothing stirs: 人の気配はまったくない ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 7
及ぼす
   
stir echoes: 反響を及ぼす 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 23
荒だてる
   
stir things up: 事を荒だてる 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 10
唆る
   
stir sb’s curiosity: (人の)好奇心を唆る 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 18
刺激する
   
stir sth: (何かが)刺激される デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 115
身じろぎする
   
stir in one’s arm: 〜の腕の中で身じろぎする ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 44
not a person stirred: 誰一人、身じろぎする者もなかった 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 215
Joss now stirred a little, but it was Rankin who replied: ジョスがすこし身じろぎしたが、答えたのはランキンだった セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 268
I heard Debbie Sue stirring: デビー=スーが身じろぎする音も耳に入った プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 122
He read all night, he hardly stirred: 彼は夜を徹して、ほとんど身じろぎもせずに読みふけった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 391
don’t stir: 身じろぎひとつしない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 235
be not stirring: 身じろぎもしない 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 214
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 75
身をよじる
   
stir restlessly: おちつきなく身をよじる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
身体をもぞっと動かす
   
After a moment Frank Cashen stirred and said,: 一瞬、間をおいて、フランク・キャッシェンが身体をもぞっと動かし、口を開いた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 88
身体を動かす
   
stir irritably: 苛立たしそうに身体を動かす サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 90
騒ぎ
   
Of course, the disappearance would make some stir: もちろん、マーチの姿が見えなくなればそれなりの騒ぎになるはずだ ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 50
注ぐ
   
stir in a generous shot of brandy: ブランディをなみなみと注ぐ ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 105
動かす
   
... stir sb to the very depths of sb’s being: 〜ほど(人の)心を動かしたものはない 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 35
動く
   
don’t stir: ぴくりとも動かない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 83
動揺する
   
stir discomfited: 虚をつかれて、動揺する フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 201
波うつ
   
the seas stir: 海が波うつ 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 15
波紋
   
cause a mild stir: おだやかな波紋を投げかける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 378
cause a considerable and memorable stir: かなり大きな、人々の記憶に生きつづける波紋をひきおこす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 5
漂う
   
there is a stir of unease: 白けた気分が漂う アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 268
不安をひきおこす
   
stir something in sb: 不安をひきおこす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 123
揺らす
   
A faint breeze outside stirred a loose halyard above-decks: 甲板でゆるんでいる帆策を、かすかな風が揺らした プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 406
欲求
   
awaken in sb that first stirring of ...: (人)の中で、〜への欲求が頭をもたげる アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 172

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

stir up trouble: 扇動
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 87
stir up ...: 呼び覚ます
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 107
stir up: 生まれる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 259
stir up: 揺さぶりをかける
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 488
stir things up: ややこしくする
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 178
stir things: わざわざ面倒を起こす
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 355
stir sb immensely: (人には)〜が切なく心に滲みる
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 12
stir restlessly: ごそごそと動く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 357
stir one’s memory: 思い当たる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 28
stir one’s coffee: スプーンを動かす
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 198
hardly stir: ほとんど身じろぎもしない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 209
grass stir: 草がざわざわ鳴る
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『注文の多い料理店』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 36
create a stir: どよめく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 376
cause quite a stir: 大騒ぎ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 273
..., something stirred: 〜、はっとして〜
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 301
wind stir up grey dust: 風が黒い土埃を巻きあげる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 31
unusual passion have been stirred: 人々の感情が異常にたかぶっている
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 89
tread with stir enough: 行くところ、まだその威厳も赫々と輝く
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 13
this idea stir sb: (人は)生気づく
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 83
the light summer wind stirs amidst the trees of garden: かすかな夏の風が庭の木立を吹きぬける
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 9
the excitement stirs to see ...: 〜を思ってむらむらとした気分をあおられる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 360
the beginning of ... stirring: 〜のきざしにおびえながら
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 120
tell sb to stop stirring things up: (人に)藪をつつくようなことはやめろという
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 31
stir up an impenetrable cloud: 一寸先も見えぬ埃がもうもうと立ちあがる
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 34
stir up a pretty business: とんでもないことをする
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 109
stir sb a little: (人に)生気をふきこむ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 194
stir one’s hearers’ hearts: 聞いている人たちを感激させる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 359
something stirres in one’s mind: 思いついたことがある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 178
sibiliant and rustling from the stir of poplars: ポプラの葉ずれ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 375
sb’s thought s feel as fi they had been all stirred up until they were thick and muddy: 頭がごちゃごちゃになってなにがなんだかわからない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 55
ridiculous rumours can stir up a hell of a mess: おかしな噂がたつとつまらない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 288
really stir sb’s imagination: 空想を伸ばさせてくれる
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 132
nothing much has stirred: ほとんど動きだしてない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 104
never fails to stir your heart: いつきいても心にしみ入る
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 7
make sb’s heart stir excitedly within one’s breast: (人の)胸奥をゆるがす
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 337
hear the stirring of sb in ...: (場所)で(人の)動く気配がある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 360
harsh intervals and shrill discords of barbaric music stir sb: 野蛮な音楽の耳をつんざく音程や甲高い不協和音に、かえって感動を覚える
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 198
feel a stir of anticipation: 期待に身をおののかせる
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 179
don’t get stirred up: 気をしずめて
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 68
bring no stirring of lust: 色情をともなわない
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 69
be the tonic to bring stirrings of youth: 若さをゆりさましてくれる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 104
be stirred up by a sharp stick: とがった棒でつつき起こされる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 207
be stirred to look about one, in earnest: 意地にも真剣に監督してやるぞ、という気になる
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 72
be stirred by strong emotions: 何となく胸が一杯になる
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 122
all that ... is really concerned with is not stirring up trouble: (〜は)要するに事なかれ主義だ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『女ざかり』(A Mature Woman ) p. 191
a situation so completely removed from the stir of society: これほど世間離れのした土地
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 5
a consequent great stir and settling down in a court: 一しきり法廷にどよめきが起り、それはまたすぐ治まる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 109
stir sth assiduously: やたらに〜をかきまわす
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 251
The announcement that Sidd was going to pitch on Thursday caused a mild stir: 彼が木曜日に登板するという予告は、おだやかな波紋を投げかけていたのだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 378
be received in the “stir”: 「ムショ」にはいる
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 87
stir one’s resentment: 〜が気に入らない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 285
begin to stir restlessly: 色めきたつ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 365
rustling from the stir of poplars: ポプラの葉ずれ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 375
make some stir: それなりの騒ぎになる
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 50
stir uncomfortably: もじもじと身うごきする
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 276