× Q 翻訳訳語辞典
are   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

fish a cigarette from sth: 〜から煙草を一本抜く
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 208
what you are about to read: ここにおさめられている文章
they are about to ...: そろそろ〜しようかと相談している気配である
one’s voice is now barely above a whisper: かろうじて聞き取れるくらいの小さな声で、(人が)言う
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 458
it is sb’s eyes above all that are terrible: あの眼がわけても恐ろしい
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 34
can barely speak above a whisper: ささやくようなしゃべりかたしかできなくなっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
Abruptly, a clerk appeared and asked what she wanted to see: ふいに、学生部の事務員が顔を出して、何の用かと尋ねた
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 223
'How old are you, Chrysler?' he asked abruptly: 「きみはいくつになる、クライスラー」不意に彼はたずねた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 228
absolutely no vegetables are available: 野菜類がとにかくまったくなくなってしまう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 135
understand how absolutely and completely true they are: 百パーセントの真実だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 292
absorbed in apparently meaningful silence: 故意のようにぶすっとした顔つきの
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 232
be absurdly aware of ...: 埒もなく〜ばかりが目につく
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 258
prepare to accept it: 仕方がない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 259
find acceptable, if barely: なんとか我慢できる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 95
the acceptance of a cigarette: すすめられた煙草に手を出す
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 457
a careless acceptance of things as they were: どんな状況も無造作に受け入れる気持ち
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 171
I wish accommodation prepared for sb who may come here: (人が)みえると思うんだが、部屋を一つ用意してもらいたい
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 33
Much had been accomplished, but the work was still just barely begun: 収穫は多かったものの、仕事はまだほんのとば口にさしかかったばかりなのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
the movies are accurate: ...: 映画で見るとおり、〜
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 134
barely acknowledge: 上の空でいる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 44
barely acknowledged part: ふだんはその存在を意識しないような部分
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
adolescent acne still flared on ...: まだ思春期のにきびが残っている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
one’s acquaintances are legion: 知己は数知れない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 286
acquire a new awareness of sth: あらためて自覚する
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 60
be rarely across an organization: 自分の縄張りからは一歩も外に出ない
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 123
cabaret act: キャバレーとかに出演して
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 401
be careful enough to make one’s actions look nice: 自分自身の立居振舞にたいして、極端に審美的な眼を持つ
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 205
sb’s actions are not motivated by thought of gain: あれは欲得ずくでやったことじゃない
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 191
with such active tongues and so much apparent leisure for gossip: これほど舌がよく回り、しかもうわさ話をする時間があり余っている
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 58
an area with no major street activity: あまり路上に人の動きのないところ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 181
Quite a way from you, actually, nearer the coast: お宅からはちょっと遠いんだ。というより、ずっと海寄りだよ
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 100
what the hell are you looking for actually: いったいなにをさがしてるんですか
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 38
sb’s memories are acute: (人の)記憶が生々しい
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 28
become acutely aware of ...: 〜をひしひしと感じはじめる
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 154
be acutely aware: ひしひしと感じられる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 168
be acutely aware of ...: ひどく気になる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 236
become acutely aware of ...: 〜を痛いほど意識する
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 5
there are unlikely to be additions to the list of the twenty wealthiest countries in the century ahead: 世界の富裕国の上位20位までに食いこむのはもう無理だろう
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 294
respond simply with a vague, addled stare: ただポカンとした顔で応じる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 143
address sb so carelessly: 迂闊な口をきく
有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 26
adjustments to perfect the balance between ... and ... are made: 〜の均衡を保つためのこまかい調整が行なわれていた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 307
the cuff is rarely administered: 殴打はめったに加えられない
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 281
be prepared to hear some disparagement attempted of this admirable servant: このあっぱれなる雇い人に対して、ある種の誹謗の加えられるべきことは覚悟のうえである
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 116
one’s energy and versatility are most admirable: (人の)活躍と多能ぶりがみごとにしめされる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 47
He was not prepared for the claustrophobic admiration of this stranger: この知らぬ男の息苦しい崇敬をうけいれる用意はなかった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 89
leave one’s child in sb’s care and surrender him for adoption: (人に)まかせて養子に出す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 146
various theories are advanced: みなそれぞれに意見を述べる
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 76
there are advantages and disadvantages in doing: 〜するのも好し悪しだ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 112
take advantage of a few spare minutes to ...: 手の空いた隙に(〜する)
谷崎潤一郎著 サイデンスティッカー訳 『細雪』(The Makioka Sisters ) p. 10
be good enough to give advice to poor folk who are in need of it: 困った人間の相談にのってくれる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 70
"You are to adopt an official tone with her, Counsellor," Smiley advised: 「奥さんには職業的口調で話すことだ、参事官」スマイリーはいいきかせた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 463
When the President and his advisers are engaged, they run the show: 大統領や補佐官たちのお出ましとなれば、意志決定は彼らの手に委ねられる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 12
don’t you dare to meddle with my affairs: 私の家のことによけいな手だしをするのはやめてもらおう
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 221
sb’s lives are affected: (人の)人生が影響をこうむる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 509
the affected area: 被災地区
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 112
receive affectionate care: いつくしんで、手入れしてもらう
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 90
dare not afford any unusual behaviour: 普通でない行動はできるだけつつしもうとする
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 213
afford a rare vantage on ...: 〜できる稀な〜だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 334
the proceeds are what keep sb afloat: その上がりで(人は)やって行ける
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 93
after a careful examination of sth: (物を)ためつすがめつしたあげく
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 80
after careful thought: 熟慮したあげく
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 187
sit meditating after these earnest words are spoken: そこまで思いつめての話の間、(人は)、黙ってじっと聞いている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 34
have lost all awareness of such conventional considerations after one’s life with sb: 世間の道徳から外れた非常識さが、長い(人との)不自然な生活の中で身についている
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 141
what are you after?: おまえは何がほしい
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 299
they are English after all: そこはやはりイギリス人
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 21
stare after ... longingly: 乗りたくてたまらなそうな目で〜をじっと見送る
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 27
stare after ...: 去りゆく〜をじとっと見つめる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 162
listen again more carefully: あらためて耳を澄ましてみる
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 11
I stared again at the statement from the Kam Roberts bank card: キャム・ロバーツのクレジットカードの利用明細書をまたしてもにらみつけていた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 89
marry against one’s parent’ wishes: 両親の意にそわぬ結婚をする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 180
the clouds are banked up against the hills: 丘の上に雲がたなびく
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 241
all the dramatic critics are in a conspiracy against sb: 劇評家はぐるになって自分を眼のかたきにしている
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 82
Its agents are our Jesuits, these swine, they ruin everything!: その手先が、われらの陰謀家ども、あの下種野郎どもなんだ、あいつらはなにもかもぶちこわすんだ!
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 457
the aggravation of running out of cigarettes in the middle of the night: 夜中に煙草が切れたときの辛さ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 131
stare at sb, aghast: 呆れながら(人を)見詰める
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 306
unaware of sb’s agitation: 露ほども(人の)揺れ動く心に気づかない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 122
be, at least, agonizingly aware of the easy money in the vicinity: 簡単にできる金儲けの口がここに転がってることを、知ることだけは身にしみて知っている
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 58
stare at sb in dumb agony: 愚かさをむきだしにした顔をゆがめ、(人を)にらみつける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
was aware of the liaison and apparently had agreed to it: 万事を知っている
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 222
they are not agreed: 意見が合わない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 135
strange beds have rarely agree with me: 慣れないベッドでは、よく眠れたためしがありません
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 63
The area was so agreeably quiet on a weekday night: ウィークデーの夜、その界隈はいいあんばいにしずかだった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 535
declare agreeably: うれしそうに言い放つ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 104
the eyes stare straight ahead: 目がじっとまっすぐ前方を見る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 151
stare straight ahead: 前方を見すえる
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 46
stare fixedly ahead: きっと前方を見据える
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 372
one’s eyes are fixed straight ahead: (人は)きっと前方を見据え、ひたむきに歩いていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
stare fixedly ahead: 一方を見つめる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 91
move ahead carefully: 慎重に動く
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
aim to hit square-on: 真正面から切りこんだつもりだ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 370
air:空
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 41
the sort of place where new light or fresh air rarely enters: 新しい光や新しい空気とはほとんど無縁の場所
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 562
stare straight at sb hard enough to burn a hole in the air: ギギッと音でもはじき出すようなかんじで真正面から(人の)顔を見すえる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 181
airfare:航空運賃
辞遊人辞書
That airy-fairy school of yours are hard bargainers: おまえのあの学校、軟弱なようで、なかなかどうして手ごわい
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 178
there are just too many of the little alcoves: 奥まった場所はいくらでもある
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 454
people are all exactly alike: 人間はだれもかれも大差のない存在だ
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 14
when sb’s parents are alive: 父や母のいた時
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 153abnormal
Are you actually interfering with the granting of my one and only wish?: たった一つの私の望み、貴女が邪魔してらっしゃるのでしょうか
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 6
Then he added: "Are you disappointed?": それから「来ないんで張合が抜けやしませんか」といった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 54
Tweet