× Q 翻訳訳語辞典
got   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
きた
   
just got here: きたばっかりだぜ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 97

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

have hardly gotten into the air when: 空中に舞いあがるかあがらないうちに
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 31
have gotten careful with what one say to sb: (人に)対して口をきくとき、とても意識する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 58
Luckily enough, the pain in my toes had abated by the time I got to Onoura: よくしたもので、大野浦へ着いたときには足の痛みが薄れていた
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 225
Isao abruptly picked it up and got to his feet,: 勲はつとこの本に手をのばして立上がった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 187
have absolutely got to do: どうしても〜しなくちゃならない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 154
you accidentally forgot ...: 〜をたまたまお忘れになった
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 161
But actually he hasn't got clearance for the computer room: あの人は、コンピュータ室に自由に出入りすることもできませんもん
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 486
after months of serpentine nagotiations: 何か月もの交渉の果てに
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 90
after much negotiating: さんざん話し合いを重ねたあげく
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 188
after we got home, ...: 家に帰って、〜する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 56
really I ain’t got no more brains than a gnat after doing: 〜するなんて、まったくおれには蚊なみの頭しかないってことだ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 29
It was afternoon when we got off the train: 列車を下りたのは十二時過ぎだった
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 85
and I got to wondering about mushrooms again: わたしはまたしてもキノコに悩まされ、・・・
have forgotten all such memories long ago: そんな記憶もとうに失なってしまった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 440
have got a big day ahead of sb: (人の)身の上にこれからすごいことが起こる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 290
have got a big day ahead of sb: すばらしい一日が(人を)待っている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
I had forgotten all about Mawson's in my joy: 私は、うれしまぎれに、モースンのことはすっかり忘れていました
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 86
The other passengers all got out, leaving the carriage empty and deserted: みんなは、一ぺんにおりて、車室の中はがらんとなってしまいました
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 78
look up to make sure one have gotten the place once and for all: 今度こそたたきつぶしたことをしかと見とどけようと目を上げる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
have got it all wrong: ちっともわかっちゃいない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 487
have got all the money sb need: まったくほしい放題金がある
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 26
have forgotten all about ...: 〜のことはきれいさっぱり忘れている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
be all sb got: (人の)栄養になる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 139
all I gotta do is ...: あとはただ〜するだけ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 177
almost got oneself killed: すんでに死ぬところだった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 216
would have got the same result in almost any library: どこの図書館でも似たやうなものだつたらう
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 26
sb1’s decision to leave sb2 is almost forgotten: (人と)別れなければと気負いこんだ決心は、もうとうに鈍っている
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 55
an almost forgotten shiver of delight: 忘れかけていたわななき
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 116
I was reading sth and forgot: 〜を読んでたら、忘れちゃった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
"We've got to get you putting words to the page," he had announced: 「言葉を並べてもらわなければならないんです」とブレイクはわたしに言い渡した
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 76
well, that hasn’t got anything to do with it: それが何だというんだ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 51
But in his dreams he spoke a rich American argot, savory as any jazzman's: しかし、夢のなかでは、ジャズメンのようにしゃれたアメリカのスラングを自在にあやつっていた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 16
that’s an arm sb has got there: 生身の腕
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 130
never got around to it: ついにやらなかった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 90
It was supposed to be, but the arrangements got all screwed up: そのはずだったんだが、予定がすっかり狂っちまったんだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 50
As we walked, Kent's stride got a bit shorter, and he fell behind: 歩くうち、ケントの歩幅がだんだん狭くなって、わたしとの差が開いた
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 26
have got an attitude: そういう態度は自分の首を絞めるだけだぞ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 142
"Aviators gotta be crazy," Kelly bitched: 「飛行機乗りなんて、並みの神経じゃありませんね」ケリーはぼやいた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 160
have got an awfully soft spot for sb: (人が)気になってる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 22
a few hidden contents long forgotten in the back of the drawer: ひきだしの奥に長くほったらかされていたこまごまとしたもの
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 174
the one you have got in your backyard: どこの家の裏庭にも一つや二つ転がっている(物)
when I got started at BAD: わたしがBAD(弁護士資格審査委員会)で法律家としての最初の仕事をしていたとき
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 82
I’ve got bad news for you: いいことを教えてやろう
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 203
have gotten into a bad fight with sb: (人と)大喧嘩になってしまった
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 52
have not got any balls: 根性なしの
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 154
being spiteful because of any barmy principle one have got: ろくでもないことにこだわって意地わるをしてやったこと
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 47
Stopping the car, Smiley got out and walked lightly to the barrier: スマイリーは車をとめて、すたすた遮断機へ歩いて行った
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 317
you got to see sth to believe it: (物事は)この世のものとは思えないよ
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 68
sb got the best of me: (人には)やられた
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 67
one’s own suspicion has gotten the best of one: (人の)いだいていた猜疑心が抑制する心を上まわる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 156
have got the best interests of ... at heart: 心底〜のためを思っている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 309
be got to be better than ...: 〜よりはましだ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 198
drink has got the better of sb: 酒で理性が麻痺した
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 185
bigot:偏狭で頑固な石頭
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 213
be bigoted, prudish, moralistic: 偏屈で石頭のかたぶつだ
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 175
bigotry:頑迷固陋さ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 414
have a blind eye turned to be forgotten ...: 黙認され、許容される
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 14
spigot in the board: 壁の蛇口
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 33
His body or nothing, you got me?: 身柄か、でなきゃご破算だ、いいな
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 383
Furthermore, we got the bonus of some threatening phone calls: さらに、脅迫者からの電話という、附録までついてきた・・
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 106
We've got to go out and drink too much and boogie: 街へ出てバカスカ飲み、ハチャメチャに騒がなければならない
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 38
Then you've got the bookmakers: あと考えられるのは、野球賭博の胴元
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 399
involve in their own brand of negotiating: 秘密の交渉を始める
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 49
one’s lipstick has gotten brighter: (人は)紅がきつくなった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 81
Everyone's got a brother,: だれだってひとりぐらい、兄か弟がいるわよ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 277
I got to cover my ass, buddy: いいか、おれはおれの身を守らなきゃならない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 89
have got a bunch of ... in a huge tank: 大きな水槽の中にいっぱいいる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 42
That digression business got on my nerves: その《脱線》なんて言うのが神経にさわるんですね
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 285
well, it’s got no business there, at any rate: なんだろうと、あんなものがあそこにあるべきいわれはない
ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 20
well, it’s got no business there, at any rate: ふん、どっちみちそんなものは要らん
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 56
it’s got no business there: ありゃ邪魔なだけだ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 54
But he's got a low opinion of his fellowmen, sir: そのくせ、機関員仲間を仲間とも思わないんです
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 276
But the hacker got into my system and was rebuffed at White Sands: とはいうものの、ハッカーは私のシステムにまんまと侵入し、ホワイトサンズでは門前払いをくった
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 123
just got butterflies: 杞憂よ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 28
by the time one got home: 家についてみると
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 73
got canned: 仕事をクビになる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 77
capitalize on forgotten yearnings: 忘れられていた憧憬を逆手に取る
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 274
He certainly got the message!: あの人、しっかりメッセージを受け取っていたわ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 259
would have more chance than sb have got now: それでもいまよりはまだ分がよかったかもしれない
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 255
ought to know what a swell chance one have got of doing: よっぽどのことがなきゃうまくいきっこない
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 81
have got a chance!: くるかもしれんぞ!
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
'I've got the picture,' she said, cheerfully cutting me off: 「見当はつくからいいわ」と彼女はおだやかに僕の言葉を遮った
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 153
'I've got good news for him,' Smiley explained cheerfully, catching her mood: 「いい話を持ってきたんだ」女の気分に合わせて、スマイリーは快活にいった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 319
have got a chip on one’s shoulder about sb: (人に)恨みがある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 269
got no choice: 選択の余地がない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 291
I ain’t got no choice: わたしはあんたのいいなりになるしかない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 170
have got real class: できがいい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 31
haven’t got clearance for ...: 〜に自由に出入りすることができない
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 486
have not got the clout to end sth: 収拾をつける力がない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 235
If you got cold feet: 危ないと思うなら
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 139
you’ve got it coming to you: とうぜんの報いよ
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 239
"He got too detailed," Toby complained: 「いちいち細かくってね」と、トビーはこぼした
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 389
how one could have so completely forgotten sb during one’s trip: (人のことを)旅の間中、どうしてあれほどきれいに忘れられていたのだろう
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 53
Even so, I've forgotten completely what I said: でも何をしゃべったのかはすっかり忘れてしまった
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 127
have completely forgotten about ...: 〜を忘れてしまう
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 108
Confused, I tried to grasp it, but it had already been forgotten: あわてて思いだそうとしたが、もう忘れてしまっている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 8immediately
Tweet