× Q 翻訳訳語辞典
were   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

were and are: 過去も現在も
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 132
wish I were able to: そうしたいのは山々だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 311
if one’s feet were on the floor or drifting just above it: (人が)床に足をつけて歩いているのか、それとも床から浮き上がってふわふわとただよっているのか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
a careless acceptance of things as they were: どんな状況も無造作に受け入れる気持ち
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 171
act as if things were otherwise: 別様にふるまう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 379
The Assistant US Attorneys were often adroit financial investigators: 連邦検察局の検事補たちは財務調査官としても有能であることが多い
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 181
after all the bids were received: 蓋を開けてみると
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 186
sb’s kids were the same ages: 同じ年頃の子供を持つ
The radar's efficiency and range were alike fantastic: このレーダーの能力と有効距離は、ほとんど想像を絶するものだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 57
I wish it were all different: いっそ、なにもかも食い違ってればいいのにね
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 217
there were all sorts of stories about ...: 〜については、いろいろなエピソードが残っている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 179
for all the world as if there were some mortal unavenged between us: まるで不倶戴天の仇をにらむかのように
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 16
blow all hands up if one were in any ways molested: 手出しをしようものならどいつもこいつも吹っとばしてしまうぞ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 131
as if it were the most natural thing in all the world: なんということもなく
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 54
about all one could think of were ...: 思い浮かんだのは〜だけだった
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 264
The alleys were like farm fields, but more disorderly: 露地のような横町は、さらにごたごたして、
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 210
almost as if one were boasting about oneself: なにか自分のことのように嬉しそうに
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 40
With Mostyn also dismissed, Smiley and Lacon were suddenly alone: モスティンも遠ざけられて、とつぜんスマイリーとレイコンはふたりきりになった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 95
feel ..., as if sth were not simply speculation but something which have already happened: 〜がたんなる想像の産物などではなく、じっさいに起こったことを見ているような気分におそわれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
this is how sth always were: 〜というやつはいつもこうだった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 60
These accommodations were always in an aging, somewhat forlorn part of town: おおかたの場合、町のさびれた、うらびれた地域だった
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 271
one’s last words to sb were always ...: 出がけにはかならず〜といった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 112
But the girls who worked for her were always changing: しかしチームのメンバーの女の子はしょっちゅう入れかわっていた
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 171
I'd always thought dark glasses were a must for the blind: 私はずっと黒眼鏡は盲人になくてはならないものと考えていた
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 388
amenities were exhausted: 社交の言葉も底をつく
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 196
The amenities were there, but not glitzed up: 設備はよく整っているが、華美なよそおいはこれっぽっちもない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 73
consider ... by positing that they were analogous to those ofA and B: 〜をAとBとの類比において考察する
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 52
And before he knew it his eyes were full of tears: けれどもいつかジョバンニの目のなかには涙がいっぱいになりました
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 54
She had found the killer--and her depth-charge racks were empty: 殺人者を発見したのだ--だが、その爆雷架はからっぽだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 334
The people who owned the apartment (and the cat) were named Mullins: アパート(ならびに猫) のオーナーはマリンズといった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 275
as feeling as if lead weights were been attached to sb’s ankles: 鉛のように重い足をひきずって
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 437
They were closing it up, anyway, and the band had quit a long time ago: でなくても、もう閉まるとこだったし、バンドの連中はとっくの昔にいなくなってしまってた
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 120
Everyone kept apologizing, as if they were genuinely sorry: 皆、いかにも気の毒がっているみたいに慰めを言うのよ
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 221
Apparently the social pressures were too much for her: どう見ても、世間の圧力をはねかえせるタイプではない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 138
The colonel's brown eyes were hard and appraising and held a lot in reserve: 中佐の茶色の目はけわしく、相手を見さだめ、表には出さぬ多くのものを秘めていた
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 191
the sands were dry as dry.: 砂浜からから乾きに乾き
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 75
opportunity knocking, as if were: チャンスが飛び込んできたと言うべきかな
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 490
look as if it were ...: 〜といった風情の
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 521
have known there were such things as ...: 〜というものがこの世に存在することは噂に聞いていた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
go on living as if one were dead: 死んだ気で生きて行く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 270
feel sb’s grief as if it were one’s own: 自分も胸が一杯になる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 332
behave as if sb were not there: 端然とそ知らぬ顔をする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 74
as though sb were a stranger: 他人がましい
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 99
as if she were sb’s wife: まるで女房きどりになっている
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 92
as if sb were ...: (人が)〜するの図である
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 366
as if one were about to do: 〜する仕草で
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 9
He walked over to the boys and asked them how they were doing: そしてふたりの高校生に近より、いらっしゃいと声をかけた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
All those inside the government she asked were for it: 彼女が相談を持ちかけた政府部内の者たちは、口を揃えて招待を受けるように勧めた
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 121
"Joe," asked Keane's friend almost as soon as they were inside the room,: キーンの友人は、部屋に招き入れられるのも待ち遠しく、「ジョー」と話しかけた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 78
I think you were attracted to sb from the very beginning: もともと(人に)気があったんじゃない?
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 129
Her lucidity and her courtesy were awesome: その明快さと丁重さは、ふしぎなほどであった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 500
The women were fashionably pallid, the men carefully barbered and sleek: 女性はみな抜けるように色白で、男たちもきちんと髪を刈って身ぎれいにしている
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 192
He said the Army was practically as full of bastards as the Nazis were: 軍隊ってとこは、ナチスとおんなじくらい、下司な野郎がいっぱいだったとも言ってたな
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 217
the best plans of sb were beaten by ...: (人の)周到な計画が〜のために一敗地にまみれた
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 48
the best plans of sb were beaten by ...: (人の)深謀も〜のまえに破れ去った
even before we were aware of it: 私たちがそれと意識しない以前から
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 46
were it not for these aforementioned benefits: 前記のような理由がなければ
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 240
things were a lot better in the old days: 昔はよかった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 160
make a bigger fuss of me than before we were married: 結婚前よりよけいぼくのことをちやほやしてくれる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 187
people were bound together in a true community: 町ぐるみでまだ生きた人のつながりがあった
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 59
The trumpets were blaring for all they were worth: トランペットは一生けん命歌っています
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 223
The extraterrestrials were boasting: 異星人は自分たちの能力をひけらかしているのだ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 207
Both were eager and energetic womanizers:: 兄弟揃って女にはまめで、手が早かった
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 44
There were even the usual bouquets of carnations: お定まりのカーネーションの盛花もあった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 79
He kept saying they were too new and bourgeois: 新しすぎるし、第一、ブルジョアくさいって言うんだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 169
Villem sat bravely as if he were already attending Vladimir's funeral: ヴィレムはもうウラジーミルの葬儀に参列しているかのように、しっかりとすわっていた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 152
be heaving slightly as if one were out of breath: 荒い息のなかでこきざみにふるえている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
sb’s eyes were brimming tears of excitement: その目は興奮のあまりうるんでいた
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 117
The living-room curtains were fluttering in the brisk afternoon wind: さわやかな午後のそよ風にあおられ、居間のカーテンがひらひらとひるがえっていた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 313
There were bruises on her elbows and knees: 肘と膝には青痣が出来ていた
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 105
they were all just a bunch of actors: どうせ、みんな俳優がやってることじゃないか
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 194
dolls at this period were enjoying a burst of popularity: 折りしも人形が大流行していた
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 26
But they themselves were now in a pretty bad state, Nicholls realized: だが、当の自分たちは、かなりひどいことになっているのにニコルスは気づいた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 291
They were laughing, but they looked terrified: 彼らは声をたてて笑っている。なのに、その表情はあきらかにおびえきっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
Perhaps Massot's anti-social instincts were being intensified by the heat: マッソーの拗ね者根性は暑さのせいでますます高じているのかもしれなかった
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 166
truly the wailing voices of the dead were calling me: 鬼哭啾々とはこのことだ
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 173
I never realized you were so capable: あなたったら何てしっかりしてるんでしょう
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
I never realized you were so capable: あなたって何てしっかりしてるんでしょう
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
sb were careful to be polite: つとめて行儀よい口をきく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 88
Four twenty-pound notes and a five-pound were carefully unrolled: 二つ折りにした20ポンド札4枚と5ポンド札1枚をていねいに伸ばした
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 367
The eyes were open, the mouth gaped carelessly: 目はみひらき、口はだらしなくあけ、
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 442
There were also a quantity of letters thrown carelessly into a drawer: 手紙類も引出しの中に無造作に投げこまれていた
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 329
carry sth as if it were a dead roach: ゴキブリの死骸か何かのようにつまみ上げる
The words were casual, as if they carried no significance for him: 自分にはなんの意味も持たないかのような、無造作な言葉だった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 91
They acted more like they knew they were celebrities and all: 自分たちは有名人だと意識してやってるって感じかな
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 195
I must confess, it'd make a pleasant change if Ascot were to work first time: 正直いって第一段階のアスコットのほうは楽しい気晴らしというところだろう
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 230
classes were over at noon: その日の授業は午前中に終わった
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 125
They were all caked in dirt, and had clearly just been dug up: その芋はいずれも土まみれでまさにそっくり全部いましがた掘りおこしてきたばかりです、という状態であった
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 17
And they were climbling, steadily climbing: そして上昇、ずんずん上昇している
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 350
Dad and I were pretty close: 親子仲はよかったからね
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 492
Her cold fingers were like a sword blade against the close-cropped nape: 冷たい指は刃のように、勲の刈り上げられた項に触った
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 314body
ツイート