× Q 翻訳訳語辞典
drifting   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
狂い
   
computers’ clocks drifting: コンピュータの時計の狂い ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 17

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

if one’s feet were on the floor or drifting just above it: (人が)床に足をつけて歩いているのか、それとも床から浮き上がってふわふわとただよっているのか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
in the body, one is simply drifting yet ...: 浮浪者のようなものでありながら
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 291
She could hear the steady idiot buzz of the open line drifting up: はずれた受話器からはむなしい信号音がたえまなく洩れてくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 85
drifting ...: さらわれていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
be drifting across the hollowed turquoise of the summer sky: トルコ玉の色をおもわせる夏空をよぎってゆく
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 19
drifting smoke: 海面を閉ざす黒煙
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 108
can see sb’s attention drifting again: また注意が散漫になります
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 248
can feel oneself drifting off now: (人は)眠りの波にさらわれていきそうな感じをおぼえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
be drifting: ぽっかり浮かんでいる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 380
a drifting murmur: とぎれがちのつぶやき
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 190
be drifting happily and obliviously into ...: なににも頓着せず、嬉々として、〜へ流れて行く
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 25
cannot keep one’s thoughts from drifting toward sth: どうしても〜のほうへ考えが行く
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 149
He seemed to be talking to himself, his voice a drifting murmur: もう自分にいいきかせているように、声はとぎれがちのつぶやきだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 190
'A drifting mine, sir,' the Kapok Kid said patiently: 「浮遊機雷です」カポック・キッドは辛抱づよくつづけた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 113
through the drifting smoke of the guns: ただよう砲煙をくぐり
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 450
Tweet