× Q 翻訳訳語辞典
simply   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜とだけ
   
swallowed his pride and said simply ...: 無理にこらえて、「...」とだけ云いました 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『ツェねずみ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 69

あっさり
   
simply to do: あっさり〜する 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 23
simply get together: あっさり元のさやにおさまる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 382
say simply: あっさり言う 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 7
あっさりした口調で
   
reply simply: あっさりした口調で言う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 49
あながち
   
it is not simply my fantasy that ...: あながち私の独り善がりではない カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 194
あまりにも
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 120
かろうじて
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 170
さっさと
   
simply escape: さっさとそこを逃げ出す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 563
さりげなく
   
simply dust one’s skirt: いかにもさりげなくスカートの塵を払う カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 51
ざっくり
   
simply put: ざっくりいってしまうなら スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 139
じっと
   
simply wait for ...: 〜をじっと待つ レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 302
すぐ
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 171
すっかり
   
The truth, he thought, was that Newcombe was simply overpowering: 口ではそう言ったものの、ニューカムにすっかり力負けしていることは、ヘンリック本人が一番よく知っていた ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 442
be simply exhausted: すっかり疲れ切っている ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 378
そっけなく
   
remark simply: そっけなくいう ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 135
そのまま
   
When we had provided the machine with a voice, we had simply used mine: 機械に音声をあたえるとき、私の声をそのまま利用したのだった 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 111
simply express the feelings one have towards sb: (人に)持っている感情をそのまま出す 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 260
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 253
そもそも
   
must simply consider oneself not qualified for ...: そもそも失格だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 362
ただ
   
simply seems to do: ただ〜しているように見える カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 122
say simply ...: ただ一口〜という 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 254
respond simply with a vague, addled stare: ただポカンとした顔で応じる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 143
ただ〜するばかりである
   
would simply smile and say ...: 〜とにやにやしながら言うばかりである 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 76
ただ〜だけだ
   
answer simply: ただそう答えただけだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 182
ただそれだけ
   
simply say ...: ただそれだけいう トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 64
say simply: ただそれだけ言う トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 289
'No,' answered Stern simply: 「ああ」スターンはただそれだけ答えた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 122
ただひたすら
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 294
ただ単に
   
simply a very sensitive, perceptive person: ただ単に気のいいおじさん 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 97
たんなる
   
feel ..., as if sth were not simply speculation but something which have already happened: 〜がたんなる想像の産物などではなく、じっさいに起こったことを見ているような気分におそわれる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
だけ
   
simply want to do: (人が)求めているのは〜することだけだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 589
say simply ...: 〜とだけ、答える 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 243
it’s impossible to explain ... by simply claiming ...: たしかに、〜などというだけでは説明しきれない 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 229
do simply: 〜するだけだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
ask ... simply because ...: 〜だから聞いてみただけの事だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 203
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 124
ちょっと
   
simply want to see sb: ちょっと(人に)会いたい 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 144
simply examine sth: 味見するようにちょっとかじってみる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 180
つい
   
I was simply furious: つい、かあっと来ちゃいましてね、 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 73
とても
   
simply isn’t lovable: とても人に愛されるような性格ではない ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 42
simply could not think of him as a man: とても「男」という気にはなれない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381
とばかり
   
it isn’t simply ... that ...: 何も〜だから〜とばかりいうんじゃない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 98
とりもなおさず
   
simply indicate ...: とりもなおさず、〜ということである 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 12
どうしても
   
Whether or not it was lurid interest, he simply had to fill in the picture: 忌まわしい興味であろうとなかろうと、どうしても全貌を明らかにしなければならない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 274
The simply would not move quickly: どうしても早く動いてくれない レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 435
simply have to do: どうしても〜したい コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 58
simply get to have sth: どうしても〜を買わなきゃ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
simply cannot settle down to study tonight: どうしても今夜ばかりは落ち着いて勉強なんかにかかれない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 399
it is simply impossible: どうしてもそんな気になれない 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 13
a lamp simply would not stop twisting and flopping about: ライトの奴はどうしても首をふるのをやめぬ 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 23
どうも
   
simply cannot let things stand as they are: どうもこのままでは堪忍出来ない 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 79
なんとなく
   
be simply ... around: なんとなく……そこらをぶらぶらしている セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 241
のだ
   
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 11
のっけから
   
simply do: のっけから〜する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 302
のらりくらりと
   
answer the questions simply and nonchalantly: とぼけた顔で質問にのらりくらりと返事をする 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 58
はじめ
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 189
ひとこと
   
say simply ...: 〜とひとこと言う トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 97
ふっと
   
eventually sb will simply disappear: (人が)やがてある日ふっといなくなる コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 90
ほんのちょっと
   
sb’s idea has simply been to lay sb’s hand: ほんのちょっと痛めつけてやろう、ぐらいのつもりだった ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 15
ぽつりと
   
say simply: ぽつりと答える フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 407
ぽつんと
   
say simply: ぽつんという 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 37
まさに
   
the trick was simply to do: めんどうなのはまさに〜という点にある アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 35
be simply too much for words: 筆舌につくしがたいとはまさに〜のことだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 271
be simply a wonder: まさに一級品だ ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 132
まず
   
Industries such as textiles would simply have to go out of business: 繊維産業などは、まず存続不可能だろう サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 308
まったく
   
be simply unsustainable: まったく持続不可能である ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 8
までだ
   
if AA, I will simply have to ...: AAならば〜するまでだ 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 192
まるっきり
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 143
まるで
   
simply do not know: まるでわからない 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 95
めんどうなことはせずに
   
could simply send sb to ...: めんどうなことはせずに〜にまわす フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 59
もう
   
be simply dead drunk: もうぐでんぐでんに酔っている ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 187
やっとのことで
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 190

易々と
   
can simply afford to do ...: 〜を易々とやってみせる サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 221
一言だけ
   
say simply: 一言だけ言う バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 216
一口
   
answer simply ...: 一口〜と答える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 161
何もしないで
   
simply space out: 何もしないでボッとしてる 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 264
何も言わずに
   
simply walk into ...: 何も言わずに(場所)へと足を踏み入れる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 24
皆目
   
simply cannot guess what question to ask: こちらからどのような質問をすればよいのかも皆目わからない ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 151
簡にして
   
simply and to the point: 簡にして要を得た 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『春の雪』(Spring Snow ) p. 89
簡潔に
   
say simply: 簡潔に答える スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
define the concept simply as ...: この概念を〜と簡潔に定義している ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 9
agree simply: 簡潔に応じる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
苦もなく
   
At Scranton he simply overpowered the hitters he faced: スクラントンのファーム・チームでは、対戦相手のバッターを苦もなく圧倒した ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 317
忽然と
   
simply disappear: 忽然と消える ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 46
思い切りよく 〜してしまう
   
American firms simply cut back on long-term investments: アメリカの企業は、長期の投資を思い切りよく削減してしまう サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 203
質素な
   
continue to live simply: 依然として質素な暮らしぶりを変えない セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 225
質素に
   
live simply: 質素に暮らす ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 483
手っ取り早く
   
can’t you tell me simply and concisely what it is?: 手っ取り早く簡明にいうとどうなの 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 260
勝手に
   
simply rot away the rest of one’s life: 残りの人生を勝手に腐らせる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 478
尽きる
   
simply because ...: 理由は〜というに尽きる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 187
素直に
   
simply and quickly: 素直にしかもすばやく バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 112
単なる
   
be simply the humiliation: 単なる屈辱 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 47
単に
   
don’t do simply to do: 単に〜するためばかりではない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 275
単簡に
   
thank sb simply: (人に)単簡に礼を述べる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 123
answer that ... quite simply: 単簡にだた〜という 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
単純にいって
   
There simply may be too much chicanery in the game to his liking: 気に入っているとはいえ、このゲームには単純にいってペテンの部分が多すぎます プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 89
単刀直入に
   
simply blurt out: 単刀直入に切り出す デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 83
say simply: 単刀直入にいう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 234
'So help him across,' said Charlie, simply: 「で、彼の越境を手伝えと?」チャーリーは単刀直入にきいた フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 111
断じて
   
It's simply not true: 断じてそれはちがう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 376
到底
   
be simply unthinkable: 到底、思えません 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 22
頭から
   
simply treat sb like a fool: 頭から莫迦にする 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 256
文句なしに
   
Smiley was the best--simply the best case man Mendel had ever met: スマイリーは優秀だ、いままでに知った工作指揮官のなかで、文句なしにいちばん優秀だった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 57
無言で
   
simply glares at sb: 無言で(人を)にらみつける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 196
猛烈に
   
be simply furious: 猛烈に怒る ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 301
黙って
   
simply shake one’s head no: 黙って首を横に振る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 207
simply give in to sb’s demands: 黙って(人の)要求を受け入れる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 324
Peter simply pointed to the small john down the hall: ピーターは黙って廊下の先の小さなトイレを指さした トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 243

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the simply curious: 野次馬
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 289
simply trust sb: そういったこととは無関係に(人を)信頼している
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 76
simply stand ...: 黙って〜にたたずむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 95
simply put: ありていに言えば
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 141
simply put: 要するに
ヒーブラー著 高遠裕子訳 『ベスト・プラクティス』(Best Practices ) p. 29
simply no nonsense: 全然馬鹿をやらない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 135
simply fade away: うやむやのうちに立消えになる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
simply evaporate: 雲隠れをする
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 65
simply because ...: それというのも〜だからだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 367
simply because: たかが(〜した)ぐらいで
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 39
simply barge in: ずかずかとなかに入りこんでくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
say simply ...: 一言〜とだけいう
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 123
say simply: だとしか言わない
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 24
say simply: ひとこと
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 15
say quite simply: あっさり白状する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 387
quite simply ...: 〜というのが本音
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 81
quite simply: ずばりいって
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 388
put it simply: 中身は簡略化しておく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 341
own simply sth: 〜を所有する
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 78
it simply happened: 「あっ」と思ったときにはもう遅かった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 377
invite simply everybody: 人をだれかれなく招待する
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 135
be simply inaccurate: 事実に反している
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 439
be simply enchanting: 息を飲むように美しい
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 101
think one can simply do: 〜できるだろうと思う
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 6
there is simply no end to ...: 〜が脈々と続いている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 567
the thought that ... simply never occurred to sb: 〜という考えは、(人の)頭をかすめもしなかった
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 260
spend years simply lazing around: ゆうゆうと月日を過している
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 10
speak briefly and simply: 簡単に一言
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 228
some tears have to be cried until they are, they simply rave and burn inside: 泣いて泣いて泣きあかさないかぎりけっしてとまらぬ涙がこの世にある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
simply write to you without any embellishment ...: 〜そのままをここに書く
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 35
simply want to retain one’s own voice about matters concerning ...: 〜に関して、自分の声を一切表に出すまいと思う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 542
simply tremble with fear and be of no use whatsoever: ぶるぶる震えてものの役に立たない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 248
simply to do sth does not automatically mean sth: 〜したからといって、それですぐ〜というわけにはいかない
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 119
simply stand one’s ground: その場にじっと立つ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
simply put it down to a twenty-six-year-old’s hormones: 二十六という若さだけが理由だ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 167
simply overlook the need for a primer: ついうっかりして解読の鍵を送り忘れる
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 19
simply never waste a thought on sb: (人の)ことは考えてもみない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 294
simply know no boundaries: 抑制がきかなくなる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 426
simply hold sb in contempt: (人を)軽蔑しきっている
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 74
simply glare at sb: 試すようにすかすようにじっと見つめる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 436
simply don’t remember ...: 〜を忘れてしまっただけだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 260
simply do not believe ...: 〜とは思いもしない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 16
simply do everything one can to help sb follow his own road: 自分の道をひたすら前進しようとしている人に対して、できるかぎりの援助を惜しまない
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 240
simply did not come home: 朝まで家にもどらなかった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 276
simply carry through the same attitude: 頑なな態度を一切崩さない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 221
simply can not look sb in the eye: (人の)顔を正視することがどうしてもできない
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 112
simply can’t put up with: 付き合い切れない
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 152
simply can’t afford a maid: 女中なんかとても雇えない
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 32
simply be laughed out of existence: 笑われて笑われて笑われぬかれていたたまれなくされる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 103
simply abhor the idea of doing: 〜するのは厭なのだ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 223
shall simply tell oneself that ... as the saying goes: 〜っていう位だから
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 91
pull gloves off with one’s teeth rather than simply stripping them off hand-for-hand: 手袋をぬぐとき、ふつうなら手を使うはずの(人が)歯を使う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
or simply run out of steam: それとももう話す種がなくなってしまったのか
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 146
one’s task is simply this: 一つだけ簡単な仕事が与えられる
not that sb said ... simply to avoid being crude: 〜と言ったのは、露骨な表現を避けたためではない
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 100
need hardly add that one is simply letting off steam: 言ふまでもなくこれは憂さ晴らしである
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 77
lie simply because the concept of telling the truth is utterly alien to sb: ほんとうのことを話すという意識など初手からなくて嘘をつく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 194
let me simply warn you that ...: しかし〜ですよ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 83
it was simply out of the question: ああいうことはできっこない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 14
it is simply that ...: 早い話〜というだけさ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 192
in the body, one is simply drifting, yet ...: 浮浪者のようなものでありながら
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 291
in fact, be after all simply ways to do: 結局は〜するためにほかならない
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 41
get simply wild with sb: 真赤になって怒る
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 161
be simply wild to know how it turns: そのさきが気になってたまらない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 345
be simply too fair: 図抜けて白い
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 54
be simply sitting there as though ...: 〜したように坐っていた
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 19
be simply impossible for sb to do: 〜することは(人には)難しい
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 10
be simply heartbreaking doing ...: 〜するのは身を切られる思いだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 39
be simply crazy to do: 早く〜したくてたまらない
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 101
be simply beneath one’s notice, an irrelevance: 取るに足らない、考える価値もない無用の存在だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 390
be simply a testbed to prove ...: 〜を立証するための試験台にすぎない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 112
arranged simply as a reminder that ...: 〜をしめすだけが目的だった
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 116
a cloud that simply won’t go away: いつまでも晴れない雲
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
be simply another way of saying ...: 言いかえれば〜ということだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 56
apart simply from doing ...: たんに〜すること以前に
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 40
He did not argue; he simply walked away: 口ごたえせず、ただ黙ってその場を立ち去るくらいだった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 152
artless and forthright method for sb is simply to do ...: 正直な(人は)〜する
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 21
"Bad," she said simply: 「ひどいの」ポリーは簡潔に答えた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
simply breathed sb’s last as we all stood around watching: 目の前で息を引き取った
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 89
Explain as simply as you can, cautioned Tanomogi: なるたけ、簡単にしたほうがいいですよ。と、頼木がたしなめる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 228
be simply circling the mountaintop: 丘の頂上をぐるりと一回りする
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 150
be simply conscious of sb: 〜のほうにばかり気をとられている
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 113
simply copy sth: 鵜呑みにする
鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 22
the difference is simply question of upbringing: 要はシツケの問題だ
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 125
He had simply evaporated, as he often did during gymnastics: 体操の時間中によく彼は雲隠れをすることがあった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 65
sb’s feelings are simply unavailable to sb: 喜怒哀楽は手の届かないところにある
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 158
simply stare at sb, flabbergasted: 訳が解らなくなり(人を)見詰めたままだ
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 226
If there really was some enemy, then everything hadn’t been simply involved happenstance.: もし、すべてが単にこんがらかった偶然などではなく、本当に敵が存在しているのだとしたら・・
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 84
if AA, I will simply have to do: AAならば〜するまでだ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 192
Fat Linda's husband has simply pulled out on them: 太っちょリンダの亭主はただ単にあいつらからトンズラしただけだよ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 68
ツイート