× Q 翻訳訳語辞典
saying   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ポーズ
   
sb’s way of saying: (人)一流のポーズ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 378

格言
   
決まり文句
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
語録
   
The Sayings of August: 八月語録 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 212
常識
   
as the saying went, ...: 〜というのが常識だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 187
謎々みたいな科白
   
give sb one of those sayings: 例の謎々みたいな科白をいう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 155
返す言葉
   
consider saying: 返す言葉を探す スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 88

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the saying about ... is that ...: 〜には、〜といわれている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 229
the medical man’s way of saying: 医者特有の表現
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 110
shall simply tell oneself that ... as the saying goes: 〜っていう位だから
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 91
be sb’s way of saying that ...: 要するに〜が〜しているってことだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 236
as if to accentuate the horror of what one is saying: いかにも恐ろしいことを話しているのだといわんばかりに
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 88
be saying the affectionate word: いたわりの言葉をかける
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 203
all I am saying is that ...: 〜と言ってるだけだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 176
resent sb’s saying grace with particular animosity: (人が)食前の祈りをしようとすると、さも憎々しげににらみつける
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 101
be simply another way of saying ...: 言いかえれば〜ということだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 56
seem to have a problem saying anything very profound: なにかもっと気のきいたこと書けないものなのか
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 97
I’m not saying it has anything to do with me: 別にそれをどうのこうの言ってる訳じゃない
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 30
go around saying and doing wise things: 平凡な市井の暮らしに埋没して、賢明な言動を示す
talk, saying things in a lulling, attractive voice: あやすような素敵な声で何事かを話す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 551
avoid saying just what kind of ...: 如何なる種類の〜か、説明を避ける
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 148
sth basically just saying ...: 〜というだけのもの
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 202
..., before saying: 〜したあとで、やおら口をひらく
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 240
believe what sb be saying is so: 今いったことをまともに受け取る
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 88
I'm not saying she blackmailed anyone: といっても人を脅迫するわけではない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 196
I'm not saying I blame Catholics: 何も僕は、カトリックがどうのこうのと言ってんじゃない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 176
He kept saying they were too new and bourgeois: 新しすぎるし、第一、ブルジョアくさいって言うんだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 169
I'm not going to have those guys saying we broke the chain of evidence: おれたちが一連の証拠物件を台なしにした、なんて連中にいわせはしないからな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 346
can’t quite make out what sb is saying: 聞き取れない
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 52
He was always saying "Certainly.": あいつは、何かと言うと「モチさ」って答えるんだな
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 221
check oneself from saying ...: 〜という言葉を嚥み込んだ
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 14
what sb is saying is really common sense: ごくごく当り前のことを言っている
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 66
a very complicated way of saying that ...: 〜というには、だいぶもってまわった表現である
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 71
The Night School Boys are 'crackerjack', as our saying goes: まことナイトスクール・ボーイズこそ、われらのいう「天下一品」である
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 34
realized more deeply what sb had been saying: そのときになって、(人の)言葉がよくわかった
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 212
keep on saying that one is going to die: 自分で死ぬ死ぬっていう
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 101
one could express this differently by saying that: このことをいいかえて、〜といってもよいだろう
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 50
stop both saying and doing things to ...: 〜するような言動や行為を慎む
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 260
go on saying to oneself, in a dreamy sort of way: もうろうとしながら、まだひとりごとでぶつぶつ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 18
go on saying to oneself, in a dreamy sort of way: 寝ぼけ声のひとりごとになる
ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 15
be saying in effect, that ...: つまりこう言っているのだ。〜と。
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 206
the enormity what sb is saying: その言葉の怖ろしさ
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 73
Eventually, I stopped saying anything at all: それも面倒になってしまいには全く黙ってしまったのです
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 214
the unusual experience of saying farewell: ときならぬ別離の騒ぎ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 126
do not feel like saying good night yet: まだ別れる決心がつかない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 37
find a strange pleasure in saying thing to sb that ...: 〜をしゃべる、それがある言いようのない悦びなのだ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 24
respond just as flirtatiously, saying ...: 同様に戯れ半分に〜だと答える
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 218
be too fond of saying: 言い過ぎるほど言ってる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 48
can’t help saying foolish things: ついつい愚かな口をきくのじゃよ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 176
forgive me for saying this, but ...: いっちゃなんだが
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 70
forgive me for saying so, but ...: 失礼ですが
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 44
get away with saying ...: 平気で〜をすんなり口にする
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 100
that goes without saying: わかってるよ、そんなことは
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 240
I’m not going to have sb saying ...: 〜なんて(人に)いわせはしない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 346
go around saying ...: 〜をしゃべりまくる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 245
not saying one be gonna do it: ほんとうにそうするというんじゃなく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
keep saying good-by to us over and over: くりかえしくりかえしてわれわれに名残りをおしむ
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 115
say before saying good-bye: 別れ際に言う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 311
without saying goodbye: 別れのあいさつなしに
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 386
must have taken a long time saying goodbye: ずいぶんと別れを惜しんだことだろう
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 28
be in the habit of saying: 繰りかえし述べている
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 14
can hardly help saying them out loud: いまにも口をついて出そうだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 64
can hardly help saying them out loud: 危うく声に出して唱えそうになる
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 69
hear sb saying: (人の)声が耳に入る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 25
hear oneself saying: うわの空で応える
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 435
hear oneself saying: 無意識のうちに言っている
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 442
can’t help saying foolish things: ついばかなことを口走っちゃうんです
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 166
have no idea what one is saying: 何を云っているか全く前後不覚である
谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 308
include a note saying that ...: 〜とひと言そえる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 97
She had sent a note to the warehouse saying she was indisposed: 倉庫には病気で休むとことづけた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 190
without saying anything injudicious: 不用意なことはなにひとついわず
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 107
instead of saying that, though, ...: それは口には出さない。そのかわりに〜する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 448
interrupt what sb was saying to do: (人の)授業の途中に口を入れて〜する
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 261
be not justified in saying anything about their matters: この問題について発言する資格は、なんにもございません
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 262
keep saying: 繰り返す
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 37
keep on saying ...: 〜とうるさく言う
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 171
know what sb is saying: 何を話しているかはだいたいわかる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 387
prepare to leave, saying ...: 帰りしなにいう
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 163
be liking me even less for saying that: その返事にいっそうむっときたらしい
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 41
will you listen to what I’m saying: 人のはなし、ちゃんと聞いてくださいよ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 81
So what I'm saying is maybe we've overextended ourselves: 結局のところ、我々は少し手を広げすぎたんじゃないかって気がするんだ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 80
saying that, one mean what people usually do: この言葉を(人は)ふつうにいう意味で使っている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
I hope you don't mind my saying so,: こんなことを言って気を悪くしないでもらいたいんだけどね
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 194
if you don’t mind my saying so: 失礼ですが
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 225
ツイート