× Q 翻訳訳語辞典
does   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

a capitulation that does not lessen one’s resolve to put sb absolutely out of one’s life: (人と)絶交する決意に変わりはない
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 83
what does planning everything accomplish?: すべてを計画すると何かいいことがあるの?
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 282
once again, one does here ...: ここでもまた(人が)する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 468
does not wear the predictable air of a man who ...: (〜する)そぶりはまったくない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 134
although sb does not know sth: (人には)知る由もないが〜
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 116
as one always does: 何時ものように
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 59
and a light answer does not help sb to forget ...: それだけに、ほんのお座なりの返事くらいじゃ、忘れる足しには絶対にならない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 44
and if it does come, while we live to see it triumph: つまりな、あのことがよ、おれたちの目の黒いうちに起ってな、勝ったなんてことになればだよ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 335
That does not mean I must answer or use the thing: といっても、電話に出なければならないとか、こちらからかけなければならないとかいうわけではない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 19
does anyone complain: 苦情は来ない?
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 167
it appears that one usually does: 大抵世間じゃ〜が当たり前になっている
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 90
sth does not apply to sb: (人には)かかわりのないこと
one does as if ...: 〜する。あたかも〜という風に
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 78
as a former diplomat, one does: 元外交官の(人は)〜する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 394
simply to do sth does not automatically mean sth: 〜したからといって、それですぐ〜というわけにはいかない
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 119
the ball does not bite well: あまりスピンがかからない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 261
because of what happened to one, one does: 過去の因果で〜する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 83
the more one does the more eager one becomes to do: (人が)〜する度数が重なるに伴れて益々繁く〜する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 18
the more familiar one becomes with sb, the more sb does: (人と)懇意になると〜する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 63
lying in bed, we does: (人と)床を並べる私は〜をする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 130
behave as one does because one knows sb’s mood: わざと(人を)そんな風に取り扱う
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 171
when one does one believes that one is for once doing: 〜する時には〜と信じる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 198
the name does not ring a bell: そんな名に覚えはない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 414
does ring a bell: なんだか聞いたことがある
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 159
what does sb do but do one’s best to ...: (人は)〜するじゃありませんか?
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 38
It would have been all the better, if sb does ...: いっそ〜すればいい
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 86
Since when does a bookkeeper get that snotty with a real seaman?: いつから事務屋が、本物の船乗りに偉そうな口をきくようになった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 46
why does it bother you?: 何でそう気にするんだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 219
it does not bother sb: (人は)気にかけない
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 5
familiarity does not breed contempt: 心安くなったからといって軽蔑する気は起こらない
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 124
Yeah, but what does he owe me?: でも、ぼくのほうの貸しは?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 79
But does the story go on, or is that the end?: ところでさっきの話のつづきがあるのかい、それともあれで終りか?
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 130
one’s heart does not really buy into sth: もうひとつピンとこない
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 129
candor does not work: 率直戦術が成功しない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 128
what the hell does sb care about sth?: (人の)知ったことではないはずだ
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 98
the fact that a man dies for a cause does not make that cause right: 理想のために死んだからといって、その理想が正しいとはかぎらない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 202
Then she added, censoriously: "But he does laugh.": それから、文句がましく、「でも、ゲラゲラ笑うのよ」
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 66
what does not change: 不変のもの
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
the coincidence does not strike one until ...: 〜したとき、(人は)この偶然に気づく
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 287
how exactly does that come about?: 正確に言うとどんなふうなのですか?
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 336
What on earth does that cryptic comment mean?: いったいこの謎めいた注釈は何だ?
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 130
it does not help sb’s confidence to do: 〜したところで(人が)強気になれようはずなない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 179
of course one does now, but one used to be: (人が)〜しているがあれでもとは〜だった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 135
calling ... ugly does ... credit: 〜を不細工と呼ぶのももったいない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 48
it does not cross sb’s mind to do: 〜することは念頭に浮かばない
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 276
it does occasionally cross sb’s mind to do: たまには〜しようと思う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 77
sing a damn lot better than sb does: (人に)くらべりゃ、(人の)歌はけたちがいだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 242
one day for the first time since one met sb, one does: そのうち〜する機会に出合う
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 30
deal does not come to fruition: 契約が反古になる
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 285
sth is a quality one does not deal in: 〜という言葉は(人の)辞書にない
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 202
how does dialogue with sb go: (人と)なにを話したのか
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 88
what difference does it make?: かまいやしないじゃないか
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 206
it does not make such a difference to sb: (人には)そんなことはどうでもいい
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 332
one does not disturb sb in sb’s study without knocking: (人が)書斎にいるときは、なんぴとたりともノックせずに入ってはならない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 331
find it more natural that one does so: 〜の方が(人に)とって自然だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
have to go--and does: 起こらずにはいないし、現に起こっている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 26
can and does: 〜することはできるし、事実、している
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 24
what does this have to do with ...: 〜とはどう結びつくんだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 330
sb doesn’t do, does he?: 〜しまい
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 228
our Lord does what He knows to be right!: 主は、正義の鉄槌をくだされますぞ!
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
it does no good: (物)なんていいわけがないわ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 150
before one does anything: なにか行動に出る前に
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 337
each one of sb in turn does: 誰か一人位ずつ代わる代わる〜する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 129
She does a double-take on the hallway--empty: そして、不意に廊下を振り返ってみるが・・・そこにはだれもいない
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 257
does a drink give you energy?: 飲むと元気がつきますか
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 160
sth does not enter one’s mind: 〜のことは頭にない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 230
love every minute of what one does: その仕事をこよなく愛している
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 153
everyone does: 〜しないところがどこの世界にあるものか
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 212
say out loud exactly what sb does not want to hear: 一番言ってもらいたくないことを、はっきりと口に出す
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 47
it does not require much exertion to do: 〜するのは、たいして骨はおれない
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 188
become a man who does not exist: 数に入らなくなる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 466
experience less unfamiliarity than does sb: (人)ほどの不案内な心もとなさを感じはしない
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 89
feel one’s eyes begin to swim as one does: 眩暈がする気持ちで〜する
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 194
it does not seem a very manly thing for a father to do: 〜するのは親子とはいえ男同士としてはすこし気の引けることだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 85
does not feel vile: 罪悪感はない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 296
how does sb fix?: (人が)どんな手を使ったのか
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 271
They always flop, though, and it drives my mother crazy when he does it: しかし、こういうのはきまって失敗するもんだから、おやじがショーに投資すると、おふくろは頭に来ちまうんだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 167
for two minutes one does: 〜して、二分が過ぎる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 190
If it does then the koan is genuine--if not, the koan is a fraud: 仏性を有するなら、公案は本物だ−−有しなければ擬物だね
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 242
do the usual gigs for a few years--serve papers, pick up fugitive warrants, does car patrols: 書類事務、不法入国者の取締り、パトロールなど、通常の任務を一、二年こなす
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 39
when the sun does down: 夕方に
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 112
it does one no good to do: 〜してもしようがない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 35
do not know what good sth does: 〜したところでどうなるものでもなかろうに
does not take sb many guesses: (人)にも事態はわかっている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 52
this does not seem likely to happen: どうやらそんなけはいはなさそうだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 62
Tweet