× Q 翻訳訳語辞典
bed   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
しげみ
   
sometimes among beds of weeds: ときには水草のしげみをわけ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 96
ね床
   
creep into bed: ね床にもぐる 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『どんぐりと山猫』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 11
びっしり生えたところ
   
sometimes among beds of weeds: ときどきは水草のびっしり生えたところにはいり込み ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 105

ベット
   
the foot of the bed: ベットの足下 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 128
the end of the bed: ベットの足下に行く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 129
lean over the bed: ベットの上にかがみこむ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 151
go to bed: ベットに入る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 398
be settled in bed asleep: ベットに入ってぐっすりと眠っている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 340
be lined with beds laid in close formation: 〜にベットがくっつきあうようにぴったりと並べられている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 223
be in bed: ベットに横になる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 209
ベッド
   
throw oneself down naked on the bed: 素裸でベッドに倒れこむ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 361
take the sheet off one’s bed: ベッドから毛布を剥ぐ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 180
take sb to bed: (人を)ベッドに誘う スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
somersault off the bed: トンボを切る恰好でベッドからころげおちる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 173
sleep safely in one’s bed at night: 夜ごとベッドで安心して眠る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 20
sit up in bed: ベッドの上に身を起こす 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 23
roust sb out of bed: (人を)ベッドから叩き起こす デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 356
powered bed: 電動ベッド クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 199
next to one’s bed: ベッドわきの トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
lie warm in one’s bed: ぬくぬくベッドにおさまる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 50
lean over the side of the bed: ベッドから身をのりだす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 208
just crawl into bed and go back to sleep: ベッドにもどって寝てなきゃ駄目よ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 183
hurry sb off to bed: (ひとが)そそくさとベッドにいそぐ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 10
honeymoon bed: 初夜のベッド タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 82
go to bed: ベッドに入る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
go back to bed: ベッドへもどって横になる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 270
get into bed: ベッドにもぐりこむ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 211
from a bed: ベッドに臥たきりで 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 213
die in one’s bed: ベッドの上で安らかに生涯を終える フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 199
climb in bed: ベッドにもぐりこむ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 251
cast-off clothes all over the bed: ベッド一面に服が散らかしてある ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 74
bundle into bed: ベッドにもぐり込む 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 141
bounce from the bed: ベッドから跳ね起きる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 362
be sitting on the bed legs crossed: ベッドの上にあぐらをかいている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 174
at the foot of the bed: ベッドの足もとに タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 178
a clipboard attached to the bed: ベットに備えつけてあるクリップボード カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 128
ベッドに連れ込む
   
bed sb: (人を)ベッドに連れ込む ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 84

臥所
   
be laggard in bed: 臥所でぐずぐずしておる マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 550
   
put sb to bed for the night: (人を)床に入れてやる 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 432
lying in bed we does: (人と)床を並べる私は〜をする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 130
leave one’s bed: 床を上げる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 58
be sick in bed: 病いの床にふせる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 307
寝ながら
   
read the newspaper in bed: 寝ながら新聞を読む 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 124
寝室
   
till the hour one go to bed: 夜寝室に昇って行くまで E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 59
寝床
   
softly go back to one’s bed: 忍び足で自分の寝床に帰る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 130
go to bed: 寝床に引き取る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 129
枕元
   
gather around the bed: (人を)枕元に集める 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 134

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

wet one’s bed: おねしょ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
in bed: ベッドにもぐりこんで
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 224
go to bed early: 早寝だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 410
go to bed: おやすみなさい
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 234
go to bed: 寝室へ引き揚げる
go to bed: 寝床に就く
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 60
go to bed: 眠る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 174
go into bed: 床の中に這入る
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 30
finish the bed: シーツの取り替えをおえる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 156
enjoy that bed: くつろいで眠る
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 40
beside the bed: 枕元
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 125
bed oneself in: 足を砂にもぐらせる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 262
be ready to go to bed: 眠くなる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 396
be in bed asleep: 寝る
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 155
be bedded down: 寝る
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 99
until one is ready for bed: 眠る直前まで
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 299
the patient in the next bed: 相部屋の病人
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 85
take to one’s bed: 寝たり起きたりになる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 98
spend so many nights crying in bed: 真夜中のふとんの中でのたうち回る
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 102
sb’s slippers pattering by one’s bed: スリッパでぱたぱたと枕元を通り抜けて行く
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 16
run along to bed: さっさとやすむ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 289
rest and stay in bed for a day: 一日のんびり寝転がって過ごす
put the children to bed: 子供たちを寝かしつける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 290
put all this stuff to bed: 問題のけりをつける
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 268
one oneself always go to bed late: いつでも遅くまで起きている男だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 243
no longer know what to do with oneself while lying in bed in the morning: 朝目を醒してから起き上るまでの時間を持てあます
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 156
my little clock that stands by my bed: 枕元の時計
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 269
miss a bed check: 門限破りをする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 35
make one’s preparations for bed: 寝支度をする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 225
keep the bed warm: ことを進める
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 115
it will soon not be safe to go to sleep in our beds: そのうちに枕をたかくしてやすめなくなる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 15
it is sth that made sb take to sb’s bed: (人が)寝込んだのは(物事の)せいだ
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 61
it is impossible to go to bed: 気がたかぶって、とうてい眠れそうもない
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 158
I’ll get to bed: 寝るよ、僕は
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 161
haven’t even been to bed yet: 一睡もしていない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 177
have been raised in lavish surroundings, in a “bed of roses” as they say: いわゆる蝶よ花よとそだてられの子だった
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 51
get up from the bed: ベッドから立ち上がる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 22
get sb out of bed: (人を)叩き起こす
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 312
except on the side of the sun going to bed: もっともお日さまの沈む側だけは別だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 304
deep bed-warmth of one’s please sb: (人の)体温であたためられたベッドのなかが心地よい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 358
can happily go back to bed: そのままもうひと眠りしてもよい
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 118
bed down in the evening: 夜は横たわっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 55
be thinking of going to bed: そろそろ眠りに就こう
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 279
be only average in the bed: セックスの味もいま一つ
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 42
be in one’s own bed: 家で寝ている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 166
be hugger-mugger in bed with sb: (ひとと)仲睦まじくやる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 121
a thick bed of coals: 厚く敷きつめられた石炭の埋み火
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 251
Tweet