× Q 翻訳訳語辞典
thick   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うっそうとした
   
a thick wood: うっそうとした森 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 74
おいしげった
   
thick set spruces: おいしげったえぞ松の木立 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 57
がっちりして
   
a thick old brute: がっちりして凶悪そうな男 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 38
がっちりと
   
in the thick grip of ...: 〜の拳にがっちりとつかまれて トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 41
ごつい
   
look through the thick mesh: ごついネットごしに眺める プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 158
たっぷりした
   
thick dark hair: たっぷりした黒褐色の髪 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 59
とろりとした
   
blackish-red flow of thick blood: とろりとした赤黒い血 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
どぎつい
   
thick red: どぎつい赤さ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 420
ぼってりした
   
thick features: ぼってりした顔 トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 15
something thick and soggy press against sb: ぼってりした、水気をふくんだものが身体に押しつけられる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
むくむ
   
sb’s neck is thick with fat: (人の)首が脂肪でむくむ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 163

頑丈な体の
   
He was a thick man, wearing a tweed sport coat: 頑丈な体にツイードのスポーツ・ジャケットを羽織っている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 19
牛乳瓶の底みたいな
   
wear thick glasses: 牛乳瓶の底みたいな眼鏡をかけている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 183
強い
   
thick Alabama drawl: 強いアラバマ訛り ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 78
厚手の
   
a cup of black coffee in a thick white mug: 厚手の白いマグにブラックコーヒーを満たす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
厚ぼったい
   
thick paper: 厚ぼったい紙 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 34
厚く
   
a thick bed of coals: 厚く敷きつめられた石炭の埋み火 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 251
黒々と
   
a thick crust of chattering rage: 黒々と凝り固まって、いまだにがやがやと怒りや憎しみを吐き散らしている ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 20
太く
   
the muscles in sb’s wrists and arms are taut and thick as rope: (人の)手首と腕の太くきりっとした筋肉はロープみたいだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 509
大勢
   
be thick with ...: 〜が大勢いる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 214
濁る
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 338
鈍く
   
be bright, thick as caramel: 鈍く光っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
濃密
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 130
濃密な
   
thick lime: 濃密なもち 三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 7
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 157
漠々とした
   
a thick fog hangs in the cold air: 凍てついた大気を漠々とした霧が満たしている 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 110
肥った
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 230
部厚い
   
thick knee boots: 部厚いニー・ブーツ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 430
分厚く綴じた
   
a thick notebook: 分厚く綴じた帳面 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 98
分厚い
   
a large and thick cushion: 大きな分厚い敷物 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 87
seem as harmless as a thick carpet of grass: 分厚い緑の絨毯のように平和に映る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 50
thick lips: 分厚い唇 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 122
thick stiff tongue: ころっとした分厚い舌 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 157
豊か
   
light brown hair that is not very thick: あまり豊かではない明るい茶色の髪 アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 117
豊かな
   
with thick black hair and a clean-shaven face: 黒い豊かな髪、きれいな剃り跡 イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 132
thick hair: 豊かな髪 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 116
the thick grey hair: 豊かなグレイの髪 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 426
豊かに
   
falling in thick glittering waves to sb’s shoulder: 豊かに、つややかに波打って肩まで垂れている ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 44
密集した
   
be buffeted by the thick pedestrian traffic: 歩行者の密集した流れが襲いかかる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158
訛りの強い
   
he had announced in his thick French: 訛りの強いフランス語で彼はいった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 112

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

thick powerful neck: 精力的な猪首
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 79
thick necked: 猪首
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 79
thick darkness: まっ暗やみ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 282
thick coat of dust: 堆い埃
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 22
thick boughs: 太ぶとと枝を張る
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 9
sb’s voice is thick: 濁声で
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 349
in thick and fast: しきりに
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 109
be too thick: 分厚い
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 128
be a kind of thick: デキてる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 246
a thick mat of hair: 夥しい毛
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 14
a little thick: ぽっちゃりしている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 111
through thick and thin: 命をかけても
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 60
the sky is covered with thick clouds: 密雲がたれこめる
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 200
speak in a thick voice: けだるそうな声を出す
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 266
slick sb’s hair back with a thick pomade: ポマードで(人の)髪をべったりとバックにする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 273
sb’s tongue is thick and heavy: その舌は重くもつれる
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 147
sb’s thoughts feel as if they had been all stirred up until they were thick and muddy: 頭がごちゃごちゃになってなにがなんだかわからない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 55
say in a voice thick with pain: 苦痛に満ちた涙声で言う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 299
remember the thick texture of the leaves: 木の葉がみっしりと繁っていた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 275
one’s voice is thick a little slur: 声はくぐもり、なんとなく舌がもつれている感じだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
make sb’s sound a little thick: (人の)声を荒らげさせる
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 266
lay it on thick with sb: (人に対して)とくに大げさにそれをやる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 155
in a thick suety sort of voice: なんだかぼてっとしただみ声で
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 185
have incredibly thick eyelashes: まつげがびっしりとはえている
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 13
be thick with mud: 泥がびっしりこびりつく
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 74
be covered with a thick growth of ...: 〜がおびただしく群生している
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 262
attach oneself through thick and thin: くっついたが最後はなれない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 69
an older man with a thick neck: 猪首の年配の男
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 119
a thick ripping sound: 分厚いものを引き裂くような鈍い音
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 312
... are thick on the ground: 石を投げれば〜にあたる
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 23
acquire a thick coating of grit: 埃をかぶる
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 204
The ascetic sits cross-legged on a large and thick cushion: 修行僧が、大きな分厚い敷物の上に脚を組んで坐ります
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 87
through the thick bank of fog: 濃い霧の帳をやぶって、
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 76
thick coils of ... reach out: 〜がもくもくと首をもたげる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 222
loop it self about a corner of thick set spruces: おいしげったえぞ松の木立のはずれを弧をえがいてめぐる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 57
be a thick curtain of rain: 雨が垂れ込めている
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 131
find oneself safe in a thick wood: ぶじに深い森の中へにげこむ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 59
now flourish thick with flowers: いまを盛りと花を咲かせている
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 211
For a piece of stone this size, it needs to be twice as thick: 石のテーブルでこの大きさだったら、厚さはこの倍はなきゃあ
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 41
thick furry eyebrows: 濃い眉
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 38
there was always a thick ground mist: かならず濃いもやにおおわれた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 55
heat-thick night in late July: 七月も終わりに近づいたひどく暑い夜
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 476
It was thick-sided slightly irregular, a pale, weathered grey: どっしりと厚みがあり、ややいびつながら、年代を経て青みがかった灰色の肌理が美しかった
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 285
lay it on thick and heavy: こってりいいふくめる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 72
loop itself about a corner of thick set spruces: おいしげったえぞ松の木立のはずれを弧をえがいてめぐる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 57
mash one’s way through the thick mud: 深い泥濘の中をあえいでいる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 14
moan about it being a bit thick doing: 〜するなんて少々ひどいといってごねる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 14
now sported a thick soft mustache: しばらく前からふさふさと柔かな口髭を伸ばしはじめた
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 55
sb’s thick bare feet plant in the sand: ずんぐりしたはだしの足が砂にめりこむ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 28
Professor Yamamoto with his thick-lipped smile looked at me questioningly: 山本氏は、そのはれぼったい唇にかすかな微笑をうかべて、うかがうように私を見た
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 149
the oily, black smoke flattening down on the surface of the sea, rolling, thick impenetrable: 真っ黒な油脂性の煙幕を海面すれすれに、厚く、一寸先も見えぬほどもうもうと張りつめた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 209
thick shrub: 藪
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 152
the sly thick-lipped grin: 分厚い唇に浮ぶ含みのある笑み
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 375
ツイート