× Q 翻訳訳語辞典
tongue   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ぜっぽう
   
have a sharp tongue: 舌鋒はするどい セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 277

ベロ
   
protruding tongue: ベロのような突起物 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 355

言葉
   
know how to use one’s tongue very well: 言葉を効果的にあやつる方法を知りぬいている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294
言葉の力
   
wound with one’s tongue: 言葉の力で人をひどく傷つける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294
語学
   
want the gift of tongues: 語学力を身につけたい ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 61
   
quick tongue: 口軽 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 14
   
lay ready on the tip of one’s tongue: 喉まで出かかる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 14
   
bite one’s tongue to keep from saying oneself: (人)自身、同じ台詞を口に出すまいと、唇を噛む フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 14
   
touch one’s lips with one’s tongue: 舌の先で唇を軽くなめる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 69
strike out one’s tongue: 舌をペロリと出す 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 229
stick one’s tongue out saucily: ぺろりと舌を出す 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 390
run one’s tongue over one’s lips: 舌で唇をなめる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 229
run one’s tongue along one’s mouth: 口のなかで舌を動かす トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 124
roll one’s tongue over one’s teeth: 口のなかで舌をぐるりとまわす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
one’s tongue is in sb’s mouth: (人の)舌が(人の)口にすべりこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
like the flick of a tongue: ちらっと出された舌のように プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 388
have sth on the tip of one’s tongue: 〜が舌の先まで出かかる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 44
burn one’s tongue: 舌をやけどする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
発音
   
tongue exercises: 発音の練習 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the slip of the tongue: 失言
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 33
smack one’s tongue: 舌打ちする
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 180
mind your tongue: 失言だぞ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 110
many tongues wag: 口さがない人が大勢いる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
hold your tongue: 口をおつつしみあそばせ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 47
hold one’s tongue: 口をつぐむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 349
guard one’s tongue: でかかった言葉をのみこむ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 444
cluck one’s tongue: 舌打ちする
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 40
bite your tongue: いっちゃいけない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 48
bite one’s tongue: 〜と言いたいのをこらえる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 209
bite one’s tongue: ぐっとこらえる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 205
a sharp tongue: 毒舌
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 341
with threats upon one’s tongue: いつでも恐ろしいことをしゃべりちらせるぞといわんばかりに
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 132
the sound of sb’ own tongue: 自分のおしゃべり
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 347
the sharp, wagging tongues: とげとげして口さがない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 264
the sb’s native tongue: (人の)母国語
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 189
the bells give tongue: 鐘はいっせいに語りだす
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 57
sharpness of sb’s tongue: (人)の毒舌
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 125
set tongues and heads wagging, both in admiration and distrust: 噂に花を咲かせ、首をかしげる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 39
set the villagers’ tongues to wagging: 村人たちの口の端にかかる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 123
please disregard my slip of the tongue: 失言は撤回するよ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 299
pass one’s tongue over: 〜をなめる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 289
one’s tongue stick to one’s mouth: 舌がもつれる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 219
no matter how sharp one’s ears are or how energetically one’s tongue wag: いかに耳ざとく、いかにおしゃべり熱心とはいえ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
inflict a thousand invisible cuts on sb with the tongue’s sharp sides: 罵詈雑言の刃をふるって、(人の)心に幾千もの傷を刻みこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294
hold your meddlesome tongue: よけいな口出しはよしたらどうだね
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 201
have no skill in the English tongue: 英語を話すのが得手ではない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 247
have got a tongue of one’s own: 一人前の口をきく
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 19
feel as if I am speaking in tongues: まるで見知らぬ国の言葉を自在に操っているような気がする
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 193
do not hold her tongue: 口をすべらす
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 347
be on the tip of one’s tongue: 喉のところまで出かかってきている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 106
a million excuses fought their way to the tip of sb’s tongue: 咽喉まで出かかった数えきれないほどの言い訳
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 81
A’s acid tongue get to sb: (人が)Aからきびしいお目玉をくらう
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 95
have a blistering tongue: 毒舌家である
モーム著 大岡玲訳 『月と六ペンス』(The Moon and Sixpence ) p. 15
so many questions leaps from one’s brain to one’s tongue: 頭で湧き起こる質問が雪崩のように舌に押し寄せる
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 66
dread sb’s clever-edged tongue: (人に)手きびしいことをいわれるのではないかと不安だ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 179
click one’s tongue: 舌打ちする
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 86
encircle the very tip of one’s tongue: 舌の先っぽでころがす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 294
Even Tanomogi held his tongue in surprise: さすがの頼木も、びっくりしたように口をつぐんでしまう
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 25
a tongue flickers out: 舌がちろりと顔を出す
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 346
you can hold your tongue: 口がつつしめる
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 107
be speaking in the low tongue a parody informality: 内輪の気安さを装って下々の言葉を話している
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 192
loll one’s tongue limply from one’s mouth: べろりと舌を出す
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 12
with the lively tongue: 話が愉快だ
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 143
can hold one’s tongue no longer: 我慢しきれなくなる
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 92
passing one’s tongue rapidly across one’s lips: すばやく唇を舐める
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 74
run one’s tongue several times over one’s lips: しきりと唇をなめまわす
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 26
stick one’s tongue out: ぺろっと舌を出す
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 94
with one’s sluggish tongue: まわらぬ舌を動かして
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 79
thick, stiff tongue: ころっとした分厚い舌
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 157
sb’s tongue is thick and heavy: その舌は重くもつれる
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 147
a thin, red tongue: 小さな赤い舌
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 25
the tip of one’s tongue: 舌先
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 25
Tongue-tied, I stare at this apparition: わたしは声を失って、この珍客をしげしげと見つめるばかりだった
tongue-tip:舌先
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 6
trip off one’s tongue: 〜がぺらぺらだ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 40
ツイート