× Q 翻訳訳語辞典
am  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

a puzzled frame of mind: いくらか面食らった気持ち
a James Grimm: ジェームズ・グリムという人物
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 26
a samurai: どこかのお侍さん
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 63
a James McCord: ジエームス・マッコードなる名前
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 22
a scream: さけび声ひとつ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 494
a queer, nameless pride: 一種名状しがたい自尊心
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 171
Abandoned me, dammit: 亭主をすててくれたよ、あいつ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 66
abandon one’s ambitions: 気力を失う
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 201
abandon the dream one have cherished too long: 永すぎた夢想を捨てる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 107
an abandoned ceramic brazier: 使いみちのなくなった古い陶製の火鉢
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 10
abandoned logging camps: 伐採地の飯場跡
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 180
abeam:真横に
辞遊人辞書
some of the most able among ...: 〜の中でも腕ききの連中
阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 17
with two of one’s teammates aboard: ランナーを二人おいて
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 382
clamber aboard: 乗り移る
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 326
be about the same: さして変りはない
about the same time: ほぼおなじころに
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 115
arrive at about the same time as sb: (人と)前後して着く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
know a thing or three about campaigning: キャンペーンのやりかたぐらい心得ていてもおかしくない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
be not about to blame ...: 〜の罪ではない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 105
be about to use sb’s name: 相手の名を口にしかける
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 203
about as inflammatory as could be: 一触即発の事態を招く可能性
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 183
one’s absolute and precluding ambition within ...: (人が)(場所での)野心にあくまでも執着している
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 258
That's absolutely the same as recognizing the victory of Moscow II, isn't it?: それじゃまるで、モスクワ2号の勝をみとめたのと同じことじゃないですか
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 20
silly and absurd to be upset by a dream: 夢ぐらいで動転するのは愚かなことだ
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 16
be seized with a feeling of absurd amusement: 滑稽感を覚える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 227
this seems absurdly dramatic: そんな大袈裟なことをするのも馬鹿馬鹿しいかぎりです
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 237
burst into a stream of abuse: 口汚い罵りの言葉をほとばしらせ始める
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 107
abuse sb’s goddam hospitality: (人の)親切を裏切る
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 78
accelerogram:加速度記録図
辞遊人辞書
how’s the team going to accept sb: チームは受け入れ状態にあるの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 274
I'm sure that's acceptable, James: ぼくは異存なしだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 313
be accessible in a campus library: 手近な学内の図書館にはある
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 146
accidentally trample on the foot of a young woman: うっかり少女の運動靴を踏む
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 32
acclamation:喝采
辞遊人辞書
acclamation:歓呼
辞遊人辞書
acclamation:拍手喝采
辞遊人辞書
special accommodation among sb: (人のみに)許された特典
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 213
accomplish that dream: その夢をかなえる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 33
in accordance with the first item on this onerous program: この面倒なプログラムの第一項に従い
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 73
damnably accurate sth: 精確無比な〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 252
achieve one’s ambition: その望みはかなえられた
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 52
an acknowledgement-of-damage slip: 損害賠償伝票
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 433
have so few acquaintances among sb: (人に)あまり交際を有たない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
The barred beam shone eerily across the darkening bridge: 筋目のはいった光線は、闇をます艦橋をよぎって、薄気味わるくその先を照らしていた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 391
scream across sth: 〜いっぱいに広がって悲鳴をあげる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
flames whoosh across the lawn: 炎がしゅうっと芝生をなめる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 454
act as sb’s amanuensis: (人の)代書人を勤める
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 95
the Federal Campaign Expenditure Act: 連邦選挙運動資金取締法
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 61
try to act very goddam casual and cool: すごくさりげなく落ちついた態度を示そうとする
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 299
sb’s life is a constant scrambling act: (人の)人生はたえまない自転車操業だ
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 89
use one’s actual factual name: 本名を名のる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 92
Tamotsu's pretty organized, actually: タモッちゃん、ああ見えてもバカじゃないのよ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 307
I suppose his name actually constitutes a melody, then: すると彼の名前はちゃんと旋律になるわけか
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 95
actually spelling out their names: それら部員たちの名前の綴りまでいってみせる
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 206
you humans are actually doing very much the same sort of thing: あなたがたもやはり我々のように行っていると思いますがね
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 17
will need actually to examine the machine to be sure: 実物を見ないことには正確なところはわからない
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 110
she might actually have amounted to something: 良いところまでいったのになあってね
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 11
ad nauseam:うんざりするほど
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 48
sb’s Adam’s apple moves up and down in one’s throat: 喉仏が上下する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 360
old Adam: 男の本能
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 184
a man I don’t know from Adam: どこの馬の骨かもわからん男
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 68
press the point of the knife up against sb’s Adam’s apple: 包丁の先端が(人の)喉仏にぴったりとあてられる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
adamance:不屈
辞遊人辞書
adamancy:不屈
辞遊人辞書
be adamant that ...: 〜であることは間違いない
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 123
be adamant: 頑として受けつけない
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 80
be adamant that ...: 〜だといって、頑として譲らない
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 407
say ... in adamant frustration: 〜と、裏をかかれた事実を頑なに主張する
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 320
one’s tone is even more adamant than usual: (人の)口調はいつになく有無を言わさないものがある
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 111
be adamant: 頑として譲らない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 504
have adamantine discipline: 軍紀は厳しい
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 217
Shiro, however, adamantly opposed the idea, even losing his temper:: それなのに四郎はかたくなに怒気まで含んで断わりつづけたのだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 417
adamantly:これ見よがしに
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 69
be adamantly determined to do: 〜するといきまく
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 208
need hardly add that one is simply letting off steam: 言ふまでもなくこれは憂さ晴らしである
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 77
add in the same breath: 一息に言う
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 66
operate in much the same addictive way as hard drugs: 麻薬に似た作用をする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 221
additament:付加物
辞遊人辞書
be a useful addition to the family: 便利な存在だ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 103
address another in the very same words of flattery as one have used to sb: (人に)いっていたのと同じおべっかを、よその男にいう
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 94
address sb by sb’s name: 名まえを呼びかけてくる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 149
address sb by name: 名前で呼びかける
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29
address each other by name: 名前で呼び合う
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 201
leave one’s name and address: 自分の名前と住所をいう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
dotted lines reserved for names and address: 名前と住所を書くための点線を引いた空欄
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 207
address sb with such a familiarity: (人に)たいし、あんなざっくばらんな口調で話しかける
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 46
adjust one’s mental attitude to amazing piece of news: 驚くべきニュースのショックからたちなおる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 13
carry equal traces of admiration and amazement: 賛辞と驚きがこもっている
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 93
His teammates admired Keller's strength of character: チームメイトたちはケラーの芯の強さに一目おいていた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 100
I'm not supposed to admit that, am I?: あら、こんなこと、わたしが洩らしちゃいけませんわね
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 337
admit idealistic thoughts and dreams: 夢や理想主義に溺れる
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 29
temperamental adolescent: いまだにおとなになりきれない気まぐれ屋
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 14
adopt a name: 名前を使いはじめる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 15
be chosen for sb’s husband and adopted into sb’s family: 入聟になる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 61
adopt the same posture: その恰好をとる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 12
explore the amorphous tangle of human adultery: ひとの不倫という、もつれてとらえにくい問題にふみこむ
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 56
hammer home one’s advantage of surprise: 奇襲の利を存分にもちいる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 357
take advantage of a moral ambiguity in the household: この家の弱みに食いこむ
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 40actually
ツイート